• HOME
  • ライフスタイル
  • 離婚は簡単じゃない!? シングルマザーになる前に知っておきたい離婚の障害になるもの

ライフスタイル

離婚は簡単じゃない!? シングルマザーになる前に知っておきたい離婚の障害になるもの

結婚する夫婦が3組いるのに対し、離婚する夫婦は1組いるといわれており、離婚ということ自体が珍しくはなくなってきています。結婚という形をとるのに、結婚届という紙切れ一枚で法律上夫婦になれるので、離婚も離婚届さえ出せば成立するから簡単なことだと思いがちです。しかし、結婚に比べたら、離婚のほうが簡単にはいかないことが多々あります。

子どもがいる女性が、離婚してシングルマザーになる場合、離婚って大変だと思うことのほうがむしろ多いかもしれません。そこで、離婚の障害になるものと、シングルマザーが簡単に離婚できない理由はいったいなんなのかを調べてみました。

■離婚の障害になるもの

結婚も離婚も、法律上での契約のひとつだと考えてみると、同じように簡単に思えるのですが、離婚には結婚以上に障害になるものがあります。一般的に離婚の障害になるものについてまとめました。

●相手と折り合いがつかない

結婚と比べると離婚のハードルが高いといわれる理由のひとつに、相手と話ができず、解決しないというところにあります。結婚は男女が同じ目的に向かって、向いている方向は同じです。お互いのことが好きだから結婚するはずなので、相手のことを思いやることができます。

しかし、離婚となると、相手のことを考えるというよりもむしろ自分のことを考えることが多いので、向いている方向は逆なのです。自分に有利になることを考え、相手に協力するという気持ちはほとんど持てないため、相手の意見や主張に耳を傾けている余裕がないのです。

離婚は、結婚の何倍ものパワーを必要とするといわれるのは、こういったところにあります。

●相手が離婚に応じない

自分がどれほど離婚したいと思っていても、相手が離婚に応じない場合があります。話し合いだけではどうにもならず、家庭裁判所での調停離婚や、それでももめていれば裁判離婚にまで発展することがあります。話し合いがスムーズにいけば、書類1つで離婚できるのに、年数がかかってやっと離婚できるというパターンもあります。

●財産分与でもめる

結婚してから夫婦が築いた財産は、離婚時に折半することができます。例えば、結婚時に購入した家やマンション、車、家電や家具などが大きなものです。家は売却すれば、売れたお金を半分にすることができますし、車も同様でしょう。

しかし、家具とか家電は売り払うことが難しいものもありますので、夫婦のどちらかがもらうことになります。1つ1つものは金額的にはそれほど大きいものでなかったとしても、どちらが持っていくかでもめることがあります。

●慰謝料でもめる

離婚の原因が夫の浮気や暴力など夫側にある場合、慰謝料を請求できる可能性が高くなります。慰謝料がもらえるといっても、希望する金額で払ってくれるという保証はありません。

そのうえ、話し合いで離婚を決める協議離婚という形で、慰謝料を希望する額で払うことに同意する人はあまりいません。そのために、わざわざ高額な弁護士費用を払って裁判を起こすのも、それで元手が取れるとは言い切れません。

むしろ、裁判離婚ではお金も時間もかかるので、そうまでして確実に満足できる慰謝料がもらえるかどうかをよく考える必要があるのです。

●親に反対される

離婚の非が多少なりとも自分にある場合、離婚のために出戻ることに両親が反対することがあるかもしれません。そもそも、親が離婚に反対している場合、自分が離婚のために実家に身を寄せることを受け入れない人もいるようです。

娘の幸せを願わない親はいません。離婚が娘のためにはならないと親が判断すれば、離婚後も協力してもらえないなど、何かと不利になることがあります。

●シングルマザーになる女性が、簡単に離婚ができない理由

子どもがいる女性が離婚することになると、ほとんどの人は子どもを引き取るため、シングルマザーになります。離婚したい強い理由がある場合でも、簡単に離婚することが難しいことがあります。その理由についてまとめました。

●生活費・教育費の心配がある

シングルマザーの場合は、離婚後も子どもを育てていかなければなりません。ほとんどの人が離婚後はパートや正社員などなんらかの形で働いています。

しかし、専業主婦歴が長い人が仕事を始めることは容易ではありません。キャリアがなければ、子どもがいることがハードルになって雇ってもらえない場合もあります。

結婚している間もずっと働いていた場合でも、離婚すれば夫の収入分は家計から消えるので、それをあてにした生活をしていた場合、生活費が苦しくなることがあります。

●親権でもめる

多くの母親は死んでも子どもを手放さないといいます。しかし父親にとっても、子どもは本来かわいいものです。だから、ずっと手元で育てたいと思う場合もありますし、収入面で母親に不安があれば父親自ら育てるという場合もあります。

いったんこの親権でもめると、調停では終わらず裁判離婚まで進むケースがあります。親としての気持ちを優先させると、どうしても譲り合いが難しいものですが、一番に子どもの将来のことを考えてあげるのが親としての努めです。

●子どもが父親になついている

どれほど自分が夫のことを嫌いになっても、子どもはそうでない場合があります。夫婦は血のつながりは全くありませんが、子どもにとっては違います。

また、夫からしても、妻のことは好きではないけれど子どもは愛しているという場合があります。また、いい夫ではないけれど、子どもにとっては優しく面倒見がよくていい父親であるという場合もあります。そうなると、大人の都合や気持ちを優先させていいものかどうか、子どもの幸せや気持ちを考えると頭の痛い問題になります。

●子どもへの悪影響を考える

離婚したら、そのことを周囲にいつまでも隠しておくことは難しいかもしれません。世間体も考えてしまいがちですが、子どもへの影響を心配してしまいますよね。

離婚によって名字が変われば、子どもが通う園や学校でどういう風に見られるかとか友達付き合いが変わってしまうのではないかとか、いろいろ心配は尽きません。子どもへの悪影響が現れるようであれば、引っ越しや転校も考えなければならないケースもあります。

離婚によって傷つくのは、当事者である夫婦だけでなく子どもなのです。離婚によって、それまで当たり前に思っていた家族でのだんらんやお出かけができなくなることに寂しさや悲しさをにじませる子どもも多くいます。

そのため、離婚後には子どもの心のケアも必要なのです。そのように、子どもに与える心の傷を考えると、離婚を思いとどまらなければならないと悩むことになります。

●離婚までの準備期間が必要になる

子どもがいる場合は、離婚すると決めたら離婚まで入念に準備する期間があったほうが安心です。もちろん、暴力などで生命に危険が及ぶ場合はやむを得ないケースもあります。

しかし、離婚後に経済的なことで悩んだり、子どもがいるために時間のやりくりが難しく家事ができなくて悩んだり、仕事が見つからなかったりすることによって離婚を後悔することにはなりたくないですよね。

だからこそ、できる限り用意周到にしておき、離婚後の子どもとの生活のイメージを頭で描けるようになっておくと安心なのです。離婚して働くあてはありますか? 離婚していざというときに子どもを預けられる先は確保できますか? 母子で生活はやっていけますか? これらの質問に答えられるように、自立のための準備が必要なのです。

●養育費がもらえない

厚生労働省の調査によれば、2016年(平成28年)に養育費の取り決めをしている夫婦は42.9%、取り決めをしていない夫婦は54.2%となっています。

その理由としては、相手と関わり合いになりたくないのが第一位で、ついで相手に支払う能力や意思がないと思ったが続きます。裁判などで取り決めがわずらわしいと感じた人も多いようです。

参考)平成28年度厚生労働省全国ひとり親世帯等調査

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11920000-Kodomokateikyoku/0000188168.pdf

●面会交流の取り決めがわずらわしい

離婚しても子どもが父親に会いたがることもあります。そのため、父親が子どもと会う機会を設けるために、面会交流について決める夫婦もいます。詳しい場所や日時については、親同士がやり取りすることがほとんどのため、それをわずらわしいと思うこともあるかもしれません。

離婚したらもう顔を見たくないし関わりたくないと思う人もいるので、そのことが離婚を直接的にはばむ理由ではないとしても、負担になることはあるでしょう。

~おわりに~

離婚は簡単だという人がいたら、それはスムーズに話がまとまった夫婦のケースではないでしょうか。離婚は結婚の数倍、いえ数百倍のエネルギーを使うともいいますので、離婚した後はゴタゴタのせいで疲れ切ってしまう人もいます。

子どもがいる場合は取り決めることも増えますし、離婚後の生活や経済面での不安も増します。そのために、離婚したいと思ったら、しっかりと自立に向けて着々と準備を進めておくことが安心につながるはずです。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!