• HOME
  • ライフスタイル
  • シングルマザーで具合が悪いとき、どう対処する? 事前に知っておくと安心なこと

ライフスタイル

シングルマザーで具合が悪いとき、どう対処する? 事前に知っておくと安心なこと

ゆー

シングルマザーは仕事や子育て、家事などで忙しく、自分のことを後回しにしがちです。気付かないうちに無理をしたり、疲れが溜まったりしてしまうと、具合が悪くなってしまうことがあります。

いざ具合が悪くなってからでは、思うように行動することも考えることも難しくなってしまうものです。もし具合が悪くなったり体調を崩したりしたときに、どう対処したらいいか分かっていたら安心ですよね。

そこで、忙しいシングルマザーが体の具合が悪いときの対処法について紹介します。

■一番の気がかりは子ども! 子どもをどこに預けたらいいの?

具合が悪くなってしまうと、子どもの世話や面倒をみることができません。無理してしまうと、状態を悪化させてしまうことになります。子どものためにもよくありませんから、具合が良くなるまで子どもを預かってもらいましょう。

◎一番の預け先は実家

子どもが小さければ、食事から排泄、お風呂の世話までいろいろとしなければならないので、実の親が最も頼りになるでしょう。近くに住んでいれば、子どもを預けてゆっくり休むことができます。

遠方に住んでいる場合でも、自宅に来てもらえそうであればここは頭を下げてでもお願いしたいところです。子どもの世話だけでなく、本当に体がつらいときって、自分の食事の用意すら負担で仕方がないものです。

実の親が来てくれれば気兼ねなく頼むことができますし、子どもが小学生や保育園であれば自宅から連れて行ってもらうことも可能ではないでしょうか。

◎児童養護施設のショートステイ

親のように身近に頼る人がいない場合でも、お住まいの役所の子育て支援課に相談すれば、なんらかの方法を提案してくれるはずです。一例として、児童養護施設のショートステイがあります。満1~18歳未満の子どもを対象に、1週間まで養護施設で預かってもらえます。

多くの自治体では、非課税のひとり親世帯の利用料は無料になりますが、住民税課税世帯のひとり親の場合は、3000~5000円ほどかかります。たまに利用するのであればそれほど負担にはならない金額でも1週間預けるとなると、3万円ほどかかりますので決して安いとはいえません。

しかし、我慢をして悪化すると仕事に行けない日が増えてしまいますので、なるべく頼むのであれば早期に行動しておきたいものです。もしものときに備えて前もって子育て支援課に電話をして相談をしておくと安心です。

■我慢せずに、病院に行く

具合が悪いという状態も休めば治る、というものばかりでもないようです。家でゆっくりしていれば治ると思っていたら医師の処方薬がないと治らない病気だった、とか入院して治療する必要があった、という場合もあるかもしれません。

たいしたことないと症状を甘く見ずに、安心のためも兼ねてと軽い気持ちでも大丈夫なので病院に行ってみることも必要です。「ちょっとおかしいな」と思ったら放置しないことが大事なのです。

■入院になったらどうする? 入院時の対処法

具合が悪い原因が病気だったり、無理をして倒れてしまったりしたときに入院となることがあります。入院になったときに気になるのが子どものことと費用ではないでしょうか。

◎子どもはどこに預ける?

やはり理想は親に見てもらうことです。しかし、それが難しければ行政の支援を借りることになります。1週間以内であれば先ほど紹介した児童養護施設ですが、1週間を超える場合には児童相談所か乳児院になります。

児童相談所と聞くと、「虐待? 私は虐待なんてしていないよ!」と思うかもしれませんが、児童相談所にはわけあって一時的に面倒がみられず預けられている子どもがいますので、理由はそれぞれです。もちろん、母親が病気などで体調が悪くて育てられないという場合もあります。

子どもの食事も与えられるし寝るところもありますので、公的な施設に預けられるという意味で安心です。

◎いざというときのための保険に加入しておく

入院や病気で働けないなど、いざというときのために保険に入っておくと安心です。シングルマザーの場合は医療費控除がありますし、例え長期の入院になったとしても高額医療費制度を利用できるためそれほど大きな負担にはならないかもしれません。しかし、差額ベッド代や食事代はかかってきてしまいます。

あまり高い保険に入ると確かに手厚いかもしれませんが、保険自体が負担になっては大変です。そこで、もしものときに備えて、保険料が安い掛け捨てタイプの入院保障がついた医療保険に入っておくと安心です。掛け捨てタイプは、払った保険料が返ってくることはないので安いもので十分です。

かといってどこの保険会社でもいいかというと、払い渋りなど肝心なときにお金を出してくれない会社だと困るので、保険相談などを利用してよく選びましょう。

■具合が悪くなる前に、体調をキープするための方法

具合が悪くなる前に、何か予防法があればそれを日々続けていくだけでもかなり変わってきますよ。具体的な実践方法をあげました。

◎睡眠をとる

睡眠は質と量、どちらも大事だといわれています。もちろんしっかりと睡眠時間をとることも大事ですが、長く寝ていても朝起きるのがつらかったり日中眠気を感じたりするようなら、質のいい睡眠がとれていない証拠なのです。

仕事も子育てもしているシングルマザーは、睡眠時間を削って自分の時間や家事にあてている人もいますが、可能なかぎり睡眠時間をしっかりととりましょう。

具体的には、子どもが寝る時間に一緒に寝て朝は子どもよりも早く起きるという生活が理想的です。また、睡眠時間を十分とっているつもりだけれど眠れていない人は、以下のような方法はいかがでしょうか。

・夜スマホを見ることをやめる

・ホットアイマスクをして目をゆっくり休めながらリラックスする時間をとって眠りに入る

・寝る前にホットミルクやハーブティー(カフェインが入っていない飲み物)を飲む

人によって、合う方法と合わない方法があります。実践してみてくださいね。

◎食生活の見直しをする

普段の食生活を振り返ってみて、以下の項目に当てはまる場合は少し見直してみましょう。

・毎週土日は外食に行く

・スーパーやコンビニの惣菜や冷凍食品を週に3度以上利用する

・夜9時以降に夜食を毎日食べる

・ポテトチップスを毎日食べる

・暴飲暴食をする日が月に1度以上ある

一般的に、外食やお惣菜や加工食品は塩分や脂肪分が高めとされています。まさに具合が悪いときや風邪をひいたときなど、どんなものが食べたいと思いますか? ほとんどの人が、塩分の高いスナックやこってりしたお惣菜は食べたくないと思うでしょう。体がしんどいときはうどんやあっさりした和食が食べたいと思うかもしれませんね。

しんどいときに食べたいものこそ、実は体にやさしいものであることが多いのです。週の半分くらいは、野菜や和食メインの食事にしてみるのもいいかもしれません。

また、寝る前の2時間前に食事を終わらせるほうが胃には優しいと一般的にいわれています。仕事が夜まであるママで難しい場合には、胃に負担をかけない食事やお腹いっぱいまで食べずに腹八分くらいまででとどめておく工夫が必要でしょう。

◎定期的に健康診断を受診する

フルタイム勤務のママであれば、毎年職場の健康診断を利用している人もいるでしょう。しかし、女性特有の病気についてまでは細かく検査をしてくれることはないですよね。子宮がんや卵巣がん、乳がんなど女性がかかりやすいガンの検診はなるべく受けておくと安心です。

◎運動をする

「運動は体にいいことしかないですよ」ある接骨院で整体師さんが言っていました。本格的な運動でなくても、近所をウォーキングするなど簡単な運動でも大丈夫です。子どもが小さくて自分自身が運動する時間をゆっくり持てない場合は、家の中でストレッチしたり体操したりヨガしたりするのもおすすめです。

~おわりに~

一家の大黒柱でもあるシングルマザーは、子どものことはもちろんですがまずは自分の体調管理をしっかりしておくことが体調をキープする一番の方法です。

しかし、気を付けていても風邪をこじらせたり感染症をもらったり、事故に遭ったり、何があるか分からないものです。そんなときのために備えて保険に入るとか子どもの預け先を考えておくなど、先手を打っておきましょう。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!