• HOME
  • ライフスタイル
  • シングルマザーになる決意をするまでに知っておきたいこと、そして決意をしたら大切にしたいこと

ライフスタイル

シングルマザーになる決意をするまでに知っておきたいこと、そして決意をしたら大切にしたいこと

ゆー

シングルマザーになろうと思ったら、まず知っておくべきことがあります。シングルマザーになったら、一人で子育てをしていくことや家計を支えていかなければなりません。さらに、離婚して環境が変わることにも不安を感じるものです。それでも、シングルマザーになろうと思うには、覚悟と決意がいるのです。

そこで、シングルマザーになる不安があるなら、どういうことがあれば離婚を決意することができるのかを知っておくといいでしょう。また、シングルマザーになる決意をしたら、どんなことに意識を向けていくといいのか、いろいろなシングルマザーのブログや意見を参考にまとめました。

■シングルマザーになる決意をするまでに知っておきたいこと

シングルマザーになると、大変だと見聞きすることがあるでしょう。離婚自体は、離婚届を出してしまえば法律的には成立します。しかし、シングルマザーになって後悔はしないかどうかを確認しておく必要があります。また、ひとり親になっても自立して子どもを育てていけるかということも考えて行かなければなりません。

そのため、シングルマザーになるために知っておきたいことは、「自立するために必要なこと」「シングルマザーになった後の生活をイメージできるか」「離婚にみじんの後悔もないか」「子どもの心のケアをどうするか」ということです。

■自立するために必要なこと

◎他者や公的機関からの援助をあてにしない

離婚したら養育費や児童扶養手当をあてにして生活していくと思っていたら、途中でもらえなくなってしまうこともあります。

日本では養育費の未払いが問題になっています。実際に養育費を払う夫は半数以下という数字も出ています。また、児童扶養手当も、子どもが18歳になるまではもらえるとありますが、離婚後5年以降は収入に応じて減額されたりもらえなくなったりすることがあります。

◎手に職をつける

収入さえあれば、正直なところ、母子での生活はなんとかなります。衣・食・住は人間が生きていくにあたり必要不可欠なものですので、お金はどうしても必要になります。

そのために、何かあったときにも困らないためのお金を稼ぐためには、手に職をつけておく必要があります。具体的な仕事としては、免許や資格を必要とするもので、かつ需要が高い仕事がおすすめです。教師や看護師、保育士、介護福祉士、歯科衛生士などがおすすめの仕事です。

離婚してからは環境も一変し、忙しくなるため、資格を取りながら働くことはなかなか大変なものです。できれば、離婚する前に、資格を取るなど時間をかけて準備をすることが理想的です。

■シングルマザーになった後の生活をイメージできるか

◎離婚後の生活を想像でシュミレーションしてみる

お金はあればあるほど困ることはないのですが、今の収入で毎月生活していけるかどうかを考えてみることが必要です。もちろん、児童扶養手当(母子手当)や養育費はあてになるかどうかの計算も入れておくといいでしょう。

家計簿を付けるなどしながら、試行錯誤で計算を繰り返し、これなら大丈夫!と思ってから離婚をしても遅くはありません。ただし、夫のDVなどで身の危険が及ぶ場合は、身を守るためにあまり時間はかけていられません。肝心なのは、今の収入でやっていけるかどうかの想像ができるかどうかということです。

■離婚にみじんの後悔もないか

夫に不満を持っている主婦は意外と多くいます。しかし、なぜ別れないといったら、収入があるうちは、とか多少の役にも立っているうちは、とかいった意見が出てきます。

シングルマザーになる前は、とにかく今の状況がしんどいとか、夫が許せない、嫌いとかいった感情が勝っていることでしょう。しかし、離婚すると生活は一変します。離婚後の生活と離婚前の生活を秤にかけてみてください。それでも、離婚してからの生活のほうがよほど楽できると思えるなら、離婚に踏み切ってもいいかもしれません。

精神面のしんどさだけでなく、経済面でのしんどさも考えてみることが大切です。子どもの将来もかかってくるので、悩む時間は十分とったほうがいいでしょう。

■子どものケアをどうするか

離婚によって、子どもは多少なりとも精神的に不安定になります。両親の離婚を認めたとしても、心は傷ついています。離婚したら、子どもの預け先はどうするか、万が一のときに子どもの面倒をみてもらう人は誰にするか、などに意識が向きがちですが、子どもの心のケアも大事になってきます。

忙しくても、離婚前後しばらくは、子どもの話に目を向け、時間をかけて愛情を伝えていく意識を持っておかなければなりません。

■シングルマザーになることを決意したら大切にしたいこと

シングルマザーになることを決意したら、大事にしておきたいことがあります。それは、「収入をキープすること」「一人ではない環境作りをする」「強い心」「健康でいること」です。

◎「収入をキープすること」

シングルマザーになる前は、これくらい稼いで自立する!という気持ちがあるはずです。しかし、子どもの病気などで会社を休みがちになってしまうとか、思わぬ事態が起きて仕事を失ってしまうとか、人生には何があるか分かりません。

それでも、ひとり親への支給や手当は変わることはありませんので、結論として、どんなことがあっても収入は下がらないように努めたいものです。最悪の場合、今の仕事がなくなったら、次はどうするか、という考えも持っておくと安心です。

◎「一人ではない環境を作る」

シングルマザーと聞くと、一人で子育てをするイメージがありますが、子育てって本来一人でするものではないのです。地域の人や社会、先生、友人、親、祖父母などいろいろな人に支えてもらいながら、親も子も成長していくものなのです。

時間がなくて、つい人と疎遠になりがちでも、いざというときに頼れる人や一緒にいると落ち着ける仲間を作っておくと安心です。趣味を見つけて、一緒に楽しめる仲間を持つのもいいですね。最近は子連れでも楽しめるサークルや習い事もあるので、見つけてみても楽しいですよ。

◎「強い心」

シングルマザーになった時点で、十分頑張っている母親です。世間や人から冷たくされると、落ち込んでしまうこともあるかもしれませんが、そんな逆境も吹き飛ばしてしまうくらい、強い心を持っていたらいいですね。私は私らしく生きる、と前向きな心でいることを忘れないように工夫しましょう。

◎「健康でいること」

シングルマザーがひそかに抱えている不安のひとつに、「自分が倒れたり何かあったときにどうしよう」ということです。考えたくはありませんが、そのときのことも意識しておく必要がありますし、病気にならないようにできることはやっておくといいでしょう。

運動をしたり、体によい食事をしたり、睡眠をしっかりとったり、日々の積み重ねが大事です。できることから取り組んでみましょう。

~おわりに~

シングルマザーは大変とか苦労するとか否定的な面ばかりをいわれがちですが、夫がいない分、自分で家庭のことを決める決定権を持ち、自分らしく生きられるといっているシングルマザーもいます。

たた、シングルマザーになったゆえに後悔する人が出てほしくはないものです。離婚前にできる限り、入念な準備をしてください。そして、シングルマザーになること決意したら、後ろを振り返らず、前を向いて自分らしく生きてほしいです。そんな前向きなママを、子どももきっと誇らしく思う日が来るでしょう。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!