• HOME
  • ライフスタイル
  • シングルマザーならきっと共感する! シングルマザーのあるある

ライフスタイル

シングルマザーならきっと共感する! シングルマザーのあるある

ゆー

シングルマザーでも、離婚や死別などで違いますが、一人で子供を育てていることは事実です。シングルマザーになった途端、状況が一変して、行動や人間関係が変わったという人も多いのではないでしょうか。とくに嫌な思いをすると、「なんで私だけ…」と悲しくなることがあるかもしれません。

ここでは、シングルマザーによくあることをまとめました。共感する部分や、自分だけでないとほっとするところがきっとあるでしょう。

■シングルマザーというと謝られる

シングルマザーであることを自分からオープンにしていく人もいますが、子どものことを考えてあえて言わない人もいるでしょう。ふとした機会に、「実はシングルマザーなの」ということを正直に話した途端、「あ、すみません」と謝られることって、よくあります。

言われたシンママは、「別に悪いこととは思っていないし、わざわざ謝ってくれなくてもいいんだけどな」というのが本音でしょう。

また、シングルであることを告げた途端に、その場が気まずくなった経験があるという人もいました。相手の気づかいかもしれませんが、いちいちショックを受けずに明るく過ごしていきたいものです。

■フルタイムで働くシンママは、看護師が多い

フルタイムで働くシンママのうち、意外と多いのが看護師です。それは、シングルマザーになったことによって、資格取得に必要な手当てを受けられることと、給料がいいことにあるとされています。あるシンママも、看護学校に行ったら、同じシングルマザーの人がいたと話をしていました。

■フルタイムで働くママは意外と少ない

シングルマザーは家計を支えていかなければならないし、お金もあまりないから、フルタイムで働かないとやっていけない、と思われがちです。そのため、当然ながらフルタイム勤務しているよね、と思われがちですが、子どもが小さければフルタイムは難しいこともあり、パートをかけもちするなどして働いているママが意外と多いのです。実家のサポートを受けられるママは特にその傾向があります。

■彼氏がいたら「結婚しないの?」と聞かれる

離婚したシングルマザーは、夫がいることにうんざりしている人もいます。誰かと付き合ったとしても、夫が欲しいわけではなくて心の支えが欲しいだけのこともあります。しかし、彼氏がいることを周りが知ると、しつこく「結婚しないの?」と聞かれることがあります。

■休日や夜に限って子どもが熱を出す

シングルマザーが正直きついと思うのは、近くの病院が開いてない日や時間に限って、子どもが体調を崩すことでしょう。夜間や休日に救急病院に走らなければならないのは、自分のみ、仕事で疲れていたらきついと思うこともあるけれど、弱音を吐いている暇もありません。

■シングルマザーというだけで貧乏、子どもがかわいそうと言われる

シングルマザーはお金がない、とか仕事をしているから子どもがほったらかしでかわいそうと言われることがあります。かといって、育児のために仕事をセーブしていると、「そんなに働かないでやっていけるの? 子どもがほしいものやしたいことを我慢しなければならないのはかわいそう」と言われることもあり、「じゃあ、どうすればいいの?」とイラっとすることがあるかもしれません。

■一人で何でもできるようになる

男の人が家庭にいないと、日曜大工的なことや力仕事などは自分ですべてすることになります。そういう面でもたくましくなるのがシングルマザーです。力がないから、とはいっていられません。

■ママ友はシングルマザーが多い

気付けば、日頃会うママ友はシングルのみだった、というシンママがいます。子どもの年齢が近いこともありますが、同じ立場に立って考えることができる人と一緒にいる方が気が楽ですしね。

~おわりに~

シングルマザーだからというだけで、偏見を持って見られることや、納得いかない扱いを受けたことがあるかもしれません。しかし、普通に接してくれる人も確かにいます。

シングルマザーあるあるは、必ずしもみながそういう経験をしているわけではありませんが、「これ一緒だな。自分だけじゃなくて良かった」と思えると幸いです。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!