• HOME
  • ライフスタイル
  • シングルマザーの生活費はどれくらいかかるか、生活費をおさえる工夫とは

ライフスタイル

シングルマザーの生活費はどれくらいかかるか、生活費をおさえる工夫とは

ゆー

経済的に大変だといわれることが多いシングルマザーですが、実際の生活費にはどんなものがあって、どれくらいかかるのか気になりますよね。また、生活費を切り詰められるところは抑えることで、今よりゆとりがある生活ができるかもしれません。

そこで、シングルマザーの一般的な生活費の内訳と工夫について紹介します。

■シングルマザーの生活費はどれくらいかかるの?

シングルマザーでも、どんなところに住むか、子どもが何人いるかによっても異なります。ママ自身が正社員やフルタイムワーカーで収入がしっかりあるかどうかでも変わります。ここでは、一般的な生活費の内訳を考えてみました。内訳を知ると、無駄がないか今一度チェックする目安にもなりますよ。

◎子ども一人の場合(1カ月)

住居費:5万円

食費:3万円

被服費:1万円

水道光熱費:1万円

日用品:5000円

通信費(スマホなど):1万円

保険(掛け捨て):1万円

車代、交通費:1万円

レジャー、外食費:5000円

医療費、薬代:3000円

化粧品や雑貨:5000円

子どもの習い事:1万円

これら合計すると15万8000円となります。ちなみに、子ども2人の場合は、この1.2倍~1.5倍の生活費がかります。額にすると20万円ほどです。正社員の初任給がこれぐらいなので、生活費はぎりぎり抑えられる人も多いかもしれませんね。

また、子ども3人の場合は、さらに2人の場合の1.2倍ほどかかります。つまり、25万円ほどになります。年収にして400万円近くある人であれば、収入だけでやっていけるでしょう。しかし、シングルマザーの平均年収は223万円だといわれています。もし、平均くらいの収入であれば、手当や養育費などを生活費にあてる必要があるかもしれません。

■シングルマザーが生活費を抑えるためにできること

できることなら生活費を抑えたいとシングルマザーに限らず、家を切り盛りしているママなら誰でも思うでしょう。そこで、シングルマザーが生活費を抑えるために無理せずできることを紹介します。

◎安い物件に住む

難あり物件や子どもの通学が大変なところには住みたくない、などの条件は大切にしながら、なるべく安いところに住むと生活費はかなり抑えられます。これからどんどん空き家が増えていくと予想されています。いつまでも売れずに空き家になっているところは、売主も早く売りたいので安くなっていることがあります。

また、公営住宅はシングルマザーが優先して入居できるという支援が自治体で行われていることがあります。それを利用して、安い公営住宅に優先的に入って住むという方法もあります。

◎スマホは格安スマホに乗り換える

大手キャリアのスマホは月々5000円以上かかりますよね。しかし、格安スマホに乗り換えれば、月々2000円台も夢ではありません。格安スマホの会社によっては、端末料金が無料のところもあります。

◎子どもの習いごとは安いところを選ぶ

探せば、同じ習い事でも安いところはあります。スイミングスクールは市営プールのレッスンを利用したり、コミュニティセンターの習い事を利用したりする方法もあります。

◎車が必須でなければカーシェアを利用する

車がないと移動ができない不便なところでなければ、車を手放すのもアリです。車の維持費は住宅の次くらいにかかってきます。カーシェアなら必要なときに借りられるし、車検もありません。近くにカーシェアのパーキングがあれば使わない手はありません。また、普通車を軽自動車に変えるだけでも、維持費はかなり安くなります。

~おわりに~

まだまだ工夫しだいで生活費を抑えられる方法があります。無理をし過ぎると、快適にしたい母子生活がしんどくなってしまうことがありますので、できるところから始めていくことが大切です。生活費の項目をひとつずつ見直してみて、無駄がないかを考えてみてくださいね。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!