ライフスタイル

シングルマザーの確定拠出年金はどうしてる?

シンママStyle編集部

2017年1月に個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)の加入対象が広がり、シングルマザーも加入できるようになりました。ひとり親だからこそ子どもに頼らず、一人でも生きていけるように早くから準備を進めましょう。

そこで今回は、今注目されている個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)について解説します。

■個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)とは

毎月の掛け金は確定していて、将来受け取る年金は変動する私的年金制度です。運用方法によって増えたり減ったりします。会社が掛け金を負担するのが企業型確定拠出年金といい、個人が掛け金を負担するのが個人型確定拠出年金です。

専業主婦、自営業の人、この制度がない会社の従業員などが加入できます。投資する商品は自分で選び、掛け金も無理のない金額で始められます。

◎特徴

・将来の備えを取り崩す心配がない

預金や保険は何か急な出費があるときは解約するなどして現金を出金します。iDeco(イデコ)であれば、60歳までは引き出すことすらできませんから、大切な年金を取り崩すこともありません。

・拠出した掛け金は所得税・住民税が非課税であり、運用益も非課税

通常、株や投資信託で運用益があれば税金がかかります。でもiDeco(イデコ)なら運用益に税金がかかりません。無理なくどんどん増やせます。

・毎月拠出した掛け金をどの商品に投資するかは自分で決めます

元本割れが嫌なら定期預金商品を、リスクを少しでもとって将来の年金の受取額を増やしたいなら投資信託などニーズにあった商品が選べます。ただし自己責任であることは覚えておきましょう。

■なぜシングルマザーにおすすめなのか?

現在の収入では生活がギリギリな方は無理に入る必要はありません。無理して積み立てても生活が苦しくなったからと解約はできないので注意しましょう。児童扶養手当には小規模企業共済等掛金控除というのがあってiDeco(イデコ)の掛金はこれに該当します。控除が増えるので手当が増えることに。また保育料も安くなります。

通常、保育料は住民税のうち、市民税の所得割(控除前)をもとに決定されます。このようにシングルマザーにとってiDeco(イデコ)のメリットは節税の効果が高いといえます。シングルマザーの場合、収入が低くて税金を支払っている金額が0円の人は節税効果は小さいので加入する必要はないと考えられます。

■加入のポイント

・税金を支払っているか

・収入があるか

・老後資金を増やしたいか

・手元に現金があると使ってしまいそう

これらに該当するシングルマザーは税金面や老後の備えを開始するにあたり十分メリットがあります。老後の備え方は年金・保険・貯金といろいろありますが、それぞれの特徴をふまえて老後資金を積み立てることが大切です。

急な出費のときのために融通がきくものとiDeco(イデコ)のように60歳まで払い出しができない商品とを組み合わせましょう。

◎iDeco(イデコ)の手続き

・銀行、証券会社に申し込む

・掛け金を選ぶ

・受け取り方法は年金か一括か選ぶ

iDeco(イデコ)は自分で加入手続きをします。手数料はできるだけ安い金融機関がおすすめ。シングルマザーは目先の家計と老後の備えの両方が大きな課題です。老後もふまえたライフプランや働き方を考えて、制度や金融商品を上手に活用しながら堅実に貯めていきましょう。

無理のない範囲で始めることが長続きのポイント。また掛け金の拠出はいつでも止められるので苦しいときは一旦休止することも可能です。

☆まとめ

シングルマザーは一人で頑張って働かなくてはなりません。頼れるのは自分だけの場合もあります。将来子どもに頼らないで自立した老後を迎えることができるように、iDeco(イデコ)を利用して、自分の老後のために今から備えておくことが大切かもしれません。

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!