ライフスタイル

シングルマザーは生活費節約どうする?

シンママStyle編集部

少ない収入でもなんとかやりくりして、生活費を節約することがシングルマザーには必要です。ではどのように節約をすればいいのでしょうか? 効果的な節約術についてまとめてみました!

■おすすめの節約術は?

子どもの将来や自分の老後について考えていくと、一般の人でもかなりの貯蓄が必要になりますよね。ましてやシングルマザーであれば、仕事をしているうちに生活費を節約して貯蓄に回したいもの。そうしたシングルマザーにおすすめの節約術を紹介します。

◎子どもの給付金

できれば子どもの給付金は生活費とは別に考えたいものです。少しでも生活費の足しにしたい気持ちは分かりますが全額とはいわないにしろ、ある一定の金額は着実に貯金しましょう。

塵も積もれば山となるのです。とくに子どもが将来高校や大学に進学するときには、ある程度の資金が必要になります。

◎用途別に管理する

給料が入ったら生活費として一括りにしないで用途別に袋を分けてお金を管理することがおすすめです。そうすれば、何にお金を使ったかが分かります。例えば日用品・衣料費・交際費(レジャー代)・子どもの習い事・光熱費など。

お金を小分けしておくと、使いすぎてもちゃんとチェックができるので、どこに問題があるか発見しやすくなります。生活費として一括りにすれば、結局足りない分は貯金を下ろして穴埋めをすることになりますよね。

少しでも貯蓄にお金を回したいなら、無駄を徹底的になくすことが肝心です。

◎光熱費は馬鹿にならない

意外と認識されていないのが光熱費。水の出しっぱなし、電気の消し忘れに注意する、お風呂を沸かしたらすぐに入って、残り湯は洗濯に使うなど、いろいろと工夫できます。冷暖房にも気を付ければ、さらに節約になりますね。

日々のちょっとした節約は、年間にすればかなり大きな金額になります。最近は携帯電話会社でも電力やガスを販売しているので、もう電気は電力会社の時代ではありません。また時間帯割引などもあるので1円でも安くなるように、生活プランに合わせて一度契約を見直すのもいいでしょう。

◎クレジットカード払い

クレジットカードは極力一カ所にまとめます。とくにポイントを貯めることでギフト券になったり、商品の割引など効果的にポイントが貯められたりするカードにまとめることをおすすめします。

例えば、楽天カードは楽天での買い物が優遇されます。新規入会キャンペーンで入会すれば、さらにお得な楽天スーパーポイントがもらえます。

■家計簿をつけることもおすすめ!

レシートは必ずもらい家計簿をつけるようにしましょう。家計簿をつけることで1年間を通じて光熱費、交際費、食費などの出費が客観的に把握できます。季節ごとの傾向なども分かりますよね。

家計簿はパソコンで管理できるので簡単便利です。日記もつけることができるものがあるので意外と長続きができますよ。

■食費はどうする?

買い物も毎日するのではなく、週末まとめ買いをすれば無駄が抑えられます。肉は小分けして冷凍保存したり、調理したものは小分けにして日付で管理します。また地域にあるスーパーの特売日を利用して買い物をすれば、ポイントが3倍になったりもしますよね。

少しでも家計を節約できるものはどんどん利用しましょう。

■保険の見直しも大切!

保険が家計を圧迫しているのはご存知でしょうか? 保険証券には「保険期間」と書いてあります。例えば保険期間10年とあれば、10年後は保険料が数倍になっていく可能性があります。

死亡保障や医療補償が充実しているから安心なんてしないで下さい。今一度保険料の増額に注意してみてくださいね。

☆まとめ

シングルマザーは収入が少ない場合が多く、ただでも厳しい生活を強いられています。しかし、そうしたなかで賢く節約する方法を知れば楽しくやっていけそうですね。

それでもケチケチした生活はストレスが溜まりやすいものです。そうしたときは100均ショップで好きなものを買う、月一回甘いものを食べるなど自分にご褒美をあげるようにしてはいかがでしょうか。

節約は今後何十年も続きます。無理のないようにやりくりして生活費を節約しましょう。

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!