• HOME
  • ライフスタイル
  • シングルマザーの子育てを支援するNPOとは? 一部の代表的なNPOをご紹介

ライフスタイル

シングルマザーの子育てを支援するNPOとは? 一部の代表的なNPOをご紹介

ゆー

シングルマザーが子育てをしていくうえで、苦労することや悩みは尽きないと思います。そんなとき、頼りにしたいところにNPOの活動があります。そもそも、NPOってなんなのでしょうか。怪しい団体だと思ってはいませんか。

そんな不安を解消するために、NPOについて解説します。また、シングルマザーが頼りにしたい、シングルマザー向けのNPOを紹介します。

■NPOとは?

NPOは、アメリカで生まれた言葉Non Profit Organizationの頭文字をとった略語で、日本語に訳すと「非営利組織」=営利を目的としない組織となります。ただ、一般的には、市民の発想に基づいて市民が自主的に活動する組織をいうので、民間の非営利組織と考えてよさそうです。

非営利だから利益を出したらだめということでなく、事業によって利益を出すことも可能です。また、ボランティアだけで成り立っている組織もありますが、給料をもらって働いているスタッフもいます。団体で働く職員やスタッフのなかでも、いくつか仕事をかけもちしている人もいれば、そこだけで働いているという人もいます。

それぞれの人の想いがあり、さまざまな形で運営していることを考えると、どういった経緯でそこに働くことになったのかを聞いてみると、その組織についてのあり方が見えてくるかもしれません。

■シングルマザー向けのNPO活動はどんなものがあるの?

NPOにもよりますが、シングルマザー向けにはどういったサポートや支援があるのかをみていきたいと思います。いくつか支援団体がありますので、どういったものを自分が求めているものかに合わせて選んでみることをおすすめします。

◎メルマガサポート

行政への申請手続きや仕事、生活に関わる情報などをメールでお知らせしてくれます。基本的にメルマガの受信は無料になっています。

◎子育てや仕事、生活の相談

シングルマザーやシングルファーザー向けに相談を行っています。メールや電話などで相談を受け付けています。必要があれば専門機関につないでくれます。

◎イベント

親子で参加できるイベントや交流会を設けています。同じひとり親同士が知り合い、支え合える機会になるでしょう。

◎キャリア支援、仕事探しをサポート

仕事に必要な資格取得の支援や金銭的なサポート、仕事探しのアドバイスを行ってくれます。シングルマザーにとって仕事は子育てや生活をしていくうえで必要なものです。よりよい仕事につくためにアドバイスしてくれたり、サポートしたりしてくれます。

◎病児保育の支援

保育園に預けていても急な病気で休ませることになると、仕事の収入が減ったり、正社員で働くことが難しくなったりすることがシングルマザーの貧困に結びついている背景にあります。そこで、低価格で病児保育を請け負うことで、安心してシングルマザーが働けるように支援をしています。

◎習い事奨励金で子どもの夢をサポート

経済的な理由で子どもに習い事をさせてやれないという母子家庭もあります。そのため、入会金の支払いやユニフォーム代、合宿費などの経費を払ってくれるという支援をしています。

■シングルマザーが知っておくべきNPO団体とは?

シングルマザーが頼りにしたいシングルマザー支援団体がNPOにあります。その代表的な団体を紹介させていただきます。

☆リトルワンズ

母子家庭に必要な情報や支援がワンストップで手に入ります。住宅探しの支援や住まいだけでなく、仕事や子育ての相談もできます。また、関東を中心に親子で参加できるイベントも企画されています。

☆フローレンス

病児保育を月8500円の格安で頼むことができます。働くシンママにとって、子どもの病気は悩みの種です。病児保育をサポートすることで、シンママの経済的な負担を少しでも軽くするように活動されています。また、貧困を解消するべく、ひとり親への寄付も行っています。

☆しんぐるまざあず・ふぉーらむ

新入学お祝い金を準備されているほか、各種相談、親子でのイベントも用意しています。また、ママ同士が交流できるお茶会や相談会も開催企画しています。

☆あんふぁん

離婚後の子どもたちのメンタルケアを中心として、家庭教師の派遣や親子の面会交流の調整、子どもたちの合宿などを行っています。

~まとめ~

シングルマザーだからと、一人で子育ての悩みを抱える必要はありません。また、子育てだけでなく仕事の悩みだったり、生活や住宅の困りごとだったり、複数の悩みがからんでいることもありますよね。行政や国の支援もありますが、十分でないと感じられることもあるでしょう。

そんなシングルマザーにとって、NPOの支援はとても心強いものです。シングルマザーが一人でも多く相談できる社会が実現できることを願っています。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!