• HOME
  • ライフスタイル
  • 離婚の慰謝料の請求は? 相場はいくら? シングルマザーが悩む慰謝料について

ライフスタイル

離婚の慰謝料の請求は? 相場はいくら? シングルマザーが悩む慰謝料について

ゆー

離婚を考えるときや離婚を決めたときに、養育費と同様に話し合いで決めておきたいのが、「慰謝料」です。そもそも、慰謝料って請求できるの? 相場ってどれくらい?など、疑問点がたくさん出てきますよね。そこで、シングルマザーが知っておきたい、慰謝料の問題についてまとめました。

■慰謝料とは?

不貞や暴力など、夫婦の片方に離婚原因がある場合には、離婚原因となる夫または妻に対して慰謝料を請求することができます。つまり、離婚原因を作った方が相手に慰謝料を支払う義務が生じることになります。

この慰謝料は離婚から3年以内であれば請求することができますが、3年を過ぎると請求できないのが注意点です。慰謝料の額や支払時期については、夫婦が協議のうえ決めることになりますが、決まらなければ裁判などで争うことになります。

■慰謝料の請求について知っておくべきこと

慰謝料の請求について、注意しておくべきことがあります。以下の3点は覚えておきましょう。

◎性格の不一致では請求できないことが多い

慰謝料は、そもそも片方にだけ非がある場合なので、夫婦どちらも不貞をしていた、性格が合わないなどの理由では慰謝料の請求がしにくくなります。仮に裁判を起こしたとしても、認められない可能性が高くなります。

◎不貞行為なら夫の相手にも請求できる

不倫など相手があっての不貞行為の場合、たとえばそれをしたのが夫であった場合、夫の愛人にも慰謝料を請求できます。ただし、それは夫の相手(愛人)が実は夫が結婚していることを知っているなど、故意だと認められる場合のみです。

夫に支払い能力がない場合には有効で、慰謝料100万円を請求したとしても、夫が全額払えない場合に、夫から50万円、その相手からも50万円の計100万円というかたちで受け取ることができます。夫の相手への慰謝料請求方法としては、直接協議するか、内容証明郵便で請求書を送るか、弁護士に依頼して示談交渉をする、または裁判訴訟を起こすという方法があります。

しかし、不貞事実の確認に興信所を利用した場合、100万円前後くらいかかることや、相手とのやりとりに精神的なストレスや疲労を感じることが多いことも考えておく必要があります。

◎書面で残す

後々のトラブルにならないためにも、慰謝料の支払い有無や、支払額をどうするかについては、離婚協議書や公正証書でしっかりとまとめておくと安心です。

協議書はいわば領収書代わりになります。また、公正証書は未払い問題が発生して訴訟にするときに、法的な効力を発揮します。必ずしも作成は義務付けられてはいませんが、念のため書面で残すと安心です。

■慰謝料の相場はどれくらい?

離婚にかかる慰謝料は、50~400万円の間と決められているものの、特にこれといっていくらというのはありません。平均的な額として考えると、200~300万円ということになるかもしれませんが、慰謝料請求する相手の支払い能力も考慮しなければなりません。

もし、低月収で住宅ローンの残債があり、養育費も支払うという夫の場合には、慰謝料の請求そのものが難しくなってくる可能性があります。

また、200万円以上支払える人というのも、中~高所得の人だと考えることができます。あまり高額な慰謝料を請求することにとらわれてしまうと、肝心の離婚問題の解決に至らない場合があります。また、高い慰謝料を請求するために訴訟を起こす場合に、仮に勝訴したとしても、それ相応の弁護士費用がかかってくることも念頭に置いておきましょう。

~まとめ~

離婚においては、慰謝料だけでなく他の条件なども一緒に考えていくことが多いため、一概に価格を判定することはとても難しいようです。相場として挙げた金額も、裁判などの判決で決められた額から算出されたものなので、一般的な夫婦間の協議離婚で決められた額は含まれていません。

夫婦のあり方によって慰謝料なしと決めるところもあります。夫婦間でしっかりと決めたことは、慰謝料に限らず、しっかりと書面に残しておきましょう。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!