ライフスタイル

子育てツイッター、利用していますか?

たろママ

ツイッターで育児の情報を集めたり、他のママさんとコミュニケーションを取ったりしているママも多いと思います。そこで、子育てツイッターとはどのようなものがあるのか、皆さんどのようなことをツイートしているか調べてみました。

■子育てツイッター、どんなものがある?

子育て関係で人気のハッシュタグは以下のようなものでした。

#子育て

「子育て」のさまざまなツイートが集まるハッシュタグ。お母さんだけでなく、お父さんのツイートも…。子育て中の日々の出来事など、心温まるツイートから、子育てについての助言的なものまでさまざまなツイートがありました。

その中で、いまリアルタイムで自分の心に響いたのは、「怒られることに慣れてしまうと、自己防衛のためシャットアウトしてしまう子どもがいる」というもの。今朝ちょうど「早くしなさい!」と怒りすぎてしまったので、気を付けないと、と反省…。

でも、こうしたことに気付ける場合もあるので、子育てツイートは勉強にもなります。また、なぜか目立ったのは副業のお誘い的なツイート…。SNSには多いですよね。

#育児あるある

「おむつ替えのときにウンチを漏らしたか…と思ったら、黄色い柄だった」とか、「夜中にミルクを作っていると何杯入れたが分からなくなるときがある…」とか、つい「あるある!」と叫んでしまいそうになるツイートがたくさん。

子どもが生まれたばかりで、まだあまり外に出られない時期などはとくにこうしたツイートで不安や孤独感が和らぐかもしれないですよね。「洗濯機におむつを入れたまま回してしまう」など、あの頃の映像がよみがえってきたほど…。自作のマンガの投稿もあったりして癒されます。

#子育ての悩み

ひたすら、子育ての悩みがツイートされているのかと思いましたが、意外とアンケートやブログなどへリンクが貼られているものも多く、「悩みを解決したい側」からのツイートが目立つ感じがしました。でも、ツイッター利用者はこうしたところから、さまざまな解決方法を学ぶことができるかもしれませんね。

■シングルマザーのツイッターは?

「#シングルマザー」を見てみたところ、シングルマザーの私も落ち込んでしまうような大変な状況のツイートが多かったです…。

離婚する前のさまざまな出来事がトラウマになってしまっていたり、経済的な問題だったり、皆さんそれぞれ大変な状況のなかで頑張っているんだな、と思わされるツイート多かった印象です。

そのなかで、ちゃんと自分を労わってあげながら頑張ろう、という前向きなツイートもありました。

ただ、風俗系などのリンクが貼られてあるものも目立ち、全体的な雰囲気から、心が弱っているときなどに見てしまうと、かえってネガティブな方向に考えてしまいそうな気もしました。

■ツイッターを利用しない派は少数派?

子育て中にさまざまな情報に触れられたり、全国のたくさんのママさんとコミュニケーションがとれたり、ツイッターは本当に便利なものだと思うのですが、私のようにツイッターをあまり利用しない人は少数派なのでしょうか。

産経新聞の記事によると、ツイッター利用率は3割弱とのこと。ただ、若年層の利用率は高く、とくに情報交換の活発なママ世代はもっと利用率が高そうですね。

(参考: https://www.sankei.com/economy/news/190115/prl1901150268-n1.html

ツイッターを利用している人の感想としては、「情報等をタイムリーに知ることができる」「リアルに会うことのできない人とつながれる」などがありました。一方、利用していない人の理由は、「不特定多数にツイートする意味が分からない」や「めんどくさそう」「時間があっという間に過ぎそう…」とのこと。

子育てに影響がない程度に利用できるのであれば、情報収集やコミュニケーションの面などで有益なものといえそうですよね。

☆まとめ

私はツイッターというと「ネガティブな言葉を投下する場所」という先入観があり、ほとんど触れたことがありませんでしたが、子育て関係のツイートは心温まるものも多く、見ていて元気になるものも多かったです。

子育て中で心細いシングルマザーの皆さんも、ぜひ上手に利用してみてはいかがでしょうか。

(文/taroママ 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

たろママ
5歳の息子がいるシングルマザーです。 趣味は、映画・音楽…だったのですが、映画は息子が生まれてからほとんど子ども向けのものになってしまいました。 最近見た映画は「アナと雪の女王2」 息子向けで選んだものでしたが号泣… 本当は、デヴィッド・リンチなど少し暗くて偏執的な映画が好き。 音楽は、洋楽・邦楽問わずロックが好きなアラフォー世代。 熱しやすく冷めやすい性格の私が、少し前に毎日やっていたのがヨガ。 忙しくなりできなくなってからどうでもよくなり、フェードアウト… そんな中、ずっと好きなものはビール(量は飲めなくなりました)。 中央大学法科大学院修了後、専業主婦になりましたが、息子が2歳の頃に離婚。 その後、2年間保険会社の営業職として勤務(2019年度MDRT成績資格会員)。 2019年9月退職し、フリーランスとして独立。 現在、個人事業主としてライターと営業サポートを行っています。 離婚経験と行政書士の資格を生かした仕事もしたいと思っており、現在準備中です。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!