• HOME
  • ライフスタイル
  • シングルマザーが貧乏でも貧乏なりに、子育てをやっていく道を考えてみよう!

ライフスタイル

シングルマザーが貧乏でも貧乏なりに、子育てをやっていく道を考えてみよう!

ゆー

シングルマザーは一家での稼ぎ手が一人というだけでなく、子育てもしているので、収入がなかなか希望する額に追いつかないことがあります。シングルマザーでも子どもが多いママもいて、そうなると普通に収入があっても厳しいと感じることもあるでしょう。

貧乏といわれても、貧乏なりにコツコツ子育ても生活も頑張っているシンママたちの取り組みを紹介します!

■予防接種貧乏!? 下調べで予防接種代を節約

予防接種は定期接種と任意接種がありますね。たとえば、うちの自治体では、おたふくかぜやロタワクチン、インフルエンザは任意接種で費用がかかります。

子どもを保育園に通わせるのに、水疱瘡(みずぼうそう)とおたふくかぜは必ず受けさせておかなければならない予防接種に入りますよね。ちなみに、おたふくかぜは子どものうちに2回打って終了、インフルエンザに至っては年に2度接種しなければなりません。

おたふくは2回打てばもう打つ必要はないのでまだよしとしても、インフルエンザって子どもの場合、2回打たないと効果がないらしいです。そして、安くはありません。3000円くらいかな、と思っていたら、4500円してびっくりしました!

でも、この金額は病院によって違うことを知っていましたか? 病院によっては1000~2000円の差が出てくることも考えられます。そこで、賢いシンママは、病院に電話をして、近くで行けるところでなるべく安い病院を選んで受けに行っているようです。

一概にはいえませんが、うちの近所では、個人開業医よりも総合病院のほうが安かったです。貧乏なら、何千円とかかる費用を少しでも抑える工夫を始めてみるのも一つです。

■ポイントサイトやアンケートサイトを活用したポイントで子ども用品を買う

子どもの靴を買ってあげたい!と思ったけれど、瞬足とかナイキとか、4000円近くしますよね。貧乏ママには正直きついなと思いませんか。そこで、みなさん使っていますか? ポイントサイトやアンケートサイト! そこで稼いだポイントを集めてAmazonギフト券に交換して、実質無料で買ってみました。

これで子どもの誕生日のプレゼントも購入しました。タダで買えると思ったら、けちけちしているといわれてもいい、とても嬉しいものです。

貧乏でもすきま時間にコツコツ貯めていくポイントで、ちょっとよい買い物ができると思ったら、ポイントサイトも有効利用してかなきゃ!って思えますよね。

■もらえるものはもらって活用する

子ども服や子どものおもちゃ、ベビーカーやチャイルドシート、子どものものってとてもお金がかかりますよね。まず、子ども服は、結構お下がりをもらえる機会が多いですよね。そんなときは、遠慮せずいただいておきましょう。

また、引っ越したら同じアパートに同姓で二つ上の子がいるママとなにかの縁で知り合いになり、ベビーカーを譲ってもらったママもいます。

もらう方はこんなにもらってもいいの?って思ってしまいますが、なぜかくれる相手は「こんな古いものだけどよかったら。」とみな謙虚なのです。捨てるよりももらってくれる方が無駄がなくて、お互いにメリットがあるのです。

貧乏だから、とはいえないけれど、ありがたくいただきましょう。そうやってつながった縁はこれからも大事にしていきたいですね。

■売ってほしい物を買う、メルカリを活用

自宅に使わないもので、もしかしたらいらないかもしれないもの、眠っていませんか。CDやタオル、本や服、おもちゃなどはフリマアプリを使って売ってみましょう。なかでも、おすすめはメルカリです。ときどき、なにかサービスを使えば、1000円もらえるなどのキャンペーンをしています。さらに、利用者数も多いので売りやすいですよね。

そして、売上金はメルペイで使えるのが最大の魅力です。もちろん、メルカリ内で欲しい物を買うお金にも使えますが、コンビニやドラッグストアなど、街のお店でのキャッシュレス決済としても使えるので、とても便利です。

~まとめ~

貧乏は貧乏なりに、ケチでもいいからできることはあります。明るいシンママのいいところは、貧乏だってはっきり認めてしまっているところです。だから、もらうものもありがたく心から喜んでもらえるし、実質ただで買えたことに小さな幸せを見出すことができるのです。

早速、ポイントサイトやフリマアプリなど、子育てしながらでも負担なくできる工夫を始めてみませんか。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!