ライフスタイル

離婚後に、新しい戸籍を作る必要がある理由とは?

ゆー

多くの妻は結婚して夫の戸籍に入っていることと思いますが、離婚をすると妻は夫の戸籍から外れて、夫婦別々の戸籍になることはご存知でしょう。そこで問題になるのが、婚姻前の戸籍に戻るか、新しい戸籍を作るかという選択をしなければならないことです。

シングルマザーになることを決めているのなら、ここで新しい戸籍を作る必要があります。その理由や手続きの方法についてまとめました。

■離婚後に新しい戸籍を作る理由

離婚をすると、夫の戸籍に入っていた妻は、婚姻前の親の戸籍に戻ることになります。しかし、親の戸籍に入ると、同じ戸籍には2世代までしか入れないという決まりがあるため、子どもは夫の戸籍に残ることになります。

親権を持つことに決めたシングルマザーにとって、子どもも自分の戸籍に入れておきたいと思うのは自然なことでしょう。そこで、親の戸籍に戻らずに自分を筆頭者とした新しい戸籍を作ることで、子どもを自分と同じ戸籍に入れることができるのです。

また、自分を筆頭者とした新しい戸籍を作ることによって、本籍地を自由に決めることができます。一番よいのは、住んでいる市区町村に本籍地を決めることでしょう。遠方にしてしまうと、戸籍謄本を取り寄せる時間がかかるなど、やや面倒になります。

■婚姻前の氏に戻る場合と婚氏続称をする場合

離婚をした以上は、夫と同じ戸籍にはいられないので新しい戸籍を作ると決めた場合、そこで妻は結婚前の名字にするか、それとも結婚してからの夫と同じ名字をそのまま名乗るかを決めておく必要があります。それぞれのパターンについて解説します。

◎婚姻前の氏に戻る場合

婚姻前の氏(名字)に戻り、自分を筆頭者とした新しい戸籍を作ることは、離婚届提出時に申し出ることによって可能になります。

名字を変えたことによって、離婚時に夫のことを思いださずに済みますし、女性としてはすっきりした気持ちになるかもしれません。しかし、以下に述べる手続きによって、子どもも自分と同じ名字にした場合には、子どもの気持ちも配慮する必要があります。

さらに、名字が変わったので、銀行口座や免許証や各種名義変更手続きの手間が生じます。

◎婚姻後の氏をそのまま名乗り続ける場合(婚氏続称)

妻が離婚後も結婚していたときの名字でいたい場合には、離婚届を出した日から3カ月以内に届け出を出さなければなりません。具体的には、3カ月以内に住んでいる自治体および本籍地がある自治体の役所で「婚氏続称届」を提出するだけでできるようになります。夫の許可は不要ですので、妻自身の判断でできます。

ただし、3カ月を過ぎてから申請することになると、家庭裁判所に「氏の変更許可申立」をすることになってしまいますので、期限内にするようにしましょう。

メリットとしては、名字が変わらないので、名義変更をしなくて済む点と、仕事などで離婚したことを言わなくて済むので、余計な気遣いをしなくて済む点でしょう。デメリットとしては、夫と同じ名字でいることで、ママ自身が思い出してつらい思いをするかもしれないということです。

■子どもの戸籍を自分が作った新しい戸籍に入れる場合

たとえ、妻が婚氏続称(離婚前の名字のままでいる)をしたとしても、子どもは夫の戸籍に入ったままです。そこで、子どもも自分と同じ戸籍に入れたいと思ったら、妻の名字がどうであれ、「子の氏の変更許可申立て」をする必要があります。申立先は、家庭裁判所になります。

一見、同じ名字なのになぜいちいち変更許可がいるの?と思ってしまいがちですが、妻が離婚して婚氏続称をしても、夫とは違う氏となっているのです。そのため、面倒でも子どもを自分と同じ戸籍に入れるなら、氏の変更手続きが必要になるのです。

この氏の変更許可が認められれば、今度は子どもが母親と同じ戸籍に入る入籍届を提出する必要があります。これは、子どもが母親と同じ氏を称して同じ戸籍に入るという届出になります。

どちらの届出も、子どもが15歳以上であれば、子ども本人が届出をすることになりますが、15歳未満の場合には、親や後見人などの代理人が必要になります。

~まとめ~

離婚前に決めておくことの一つとして、戸籍や苗字をどうするかという問題があります。子どもを引き取って育てるシングルマザーの場合は、新しい戸籍を作って子どもも自分と同じ戸籍に入れる人が多いかもしれません。

その場合でも、名字をどうするかを考えておかなければなりません。メリットやデメリット、また子どものことも考慮して決めるようにしましょう。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!