• HOME
  • ライフスタイル
  • シングルマザーが結婚式で両親に贈りたい、人気のプレゼントとは?

ライフスタイル

シングルマザーが結婚式で両親に贈りたい、人気のプレゼントとは?

ゆー

再婚が決まり、結婚式を開くことになりました。そのときに、両親にプレゼントを贈りたいと考えるかもしれません。結婚式は、普段会っていてもなかなか伝えることができない感謝の思いを伝えるチャンスでもあります。うまく言葉で伝えることができなくても、贈り物という形にすれば難しくはありませんよね。

そこで、シングルマザーが結婚式で両親に贈りたい、おすすめのプレゼントを紹介します!

◇枯れない! プリザーブドフラワー

母の日にも人気の高い、プリザーブドフラワーをご存知でしょうか。生花を特殊加工することによって、枯れないでいつまでも楽しむことができるという点で人気です。造花だと安っぽくて味気ないし、生花はすぐに枯れてしまうことが心配なら、プリザーブドフラワーがおすすめです。

生花よりも値段は高めですが、結婚式という場の贈り物としては価値があるでしょう。また、生花を渡して、後日ドライフラワーにするという方法もあります。ドライフラワーにするなら、ガラスケースや箱に入れておくとよいでしょう。

◇フォトブックや写真立て

生まれたときからの自分の写真や両親が写っている写真を送るのも喜ばれるでしょう。フォトブックはいろいろなおしゃれなデザインのものが出ていますし、たくさんの写真を楽しめますよね。

また、写真立てを送るのも実用的でよいでしょう。これから家族の思い出をこの写真立てに入れて飾ってほしいと一言添えて渡すのも気が利いていますよね。また、新郎新婦二人の写真を入れて渡すのもよいでしょう。

◇手紙

日頃の感謝の手紙を両親それぞれに渡すのもよいですね。結婚式で読み上げてそれを渡すこともできます。また、読むのが照れくさくて苦手なら、そっと結婚式の後に渡すのもありです。

親にとって子どもからの感謝の手紙はとても嬉しいものです。シングルマザーになって親は心配することがいろいろあったかもしれません。手紙を読まなければ娘がどう思ってきたか、親自身も知らないところでどんな風に頑張ってきたかが伝わらないことがあるかもしれません。

結婚式という大事な機会を通じて、想いを伝える手段として手紙は有効です。

◇自分が生まれたときと同じ重さのお米やぬいぐるみ

思い出として残すことが好きな両親にはぬいぐるみ、物を置いておくことを好まない両親にはお米はどうでしょうか。せっかくなので、新郎新婦が生まれたときの体重と同じ重さのものを送りましょう。

ぬいぐるみには、テディベアやディズニーキャラクターなどいろいろあります。テディベアの足に名前と誕生日、体重を刻んでくれるサービスがあります。お米も同様に、おしゃれな袋に名前や生年月日、体重を刻むことで素敵な贈り物に生まれ変わります。

◇両親の似顔絵

写真があれば似顔絵をネットで依頼することができます。似顔絵を描いてもらう機会などなかなかないものです。街角でやっていたとしても、あえて自分から描いてもらおうと思う人は少ないかもしれません。

感謝のメッセージとともに、両親の似顔絵を描いたものをプレゼントするのはどうでしょう。きっと喜んで飾ってもらえるはずです。

◇お酒

お酒が好きな両親には、メッセージ入りのワインや日本酒などはいかがでしょうか。お酒に似顔絵をつけたりお花をつけたり、お菓子をつけたりいろいろ工夫もできます。お祝いで渡すものなので、お酒は上質な箱に入ったものや、飲んだ後も飾っておけるようなおしゃれなボトルに入ったものがおすすめです。

~おわりに~

花嫁が両親にプレゼントしたい贈り物、たくさんありますよね。一番は気持ちがストレートに伝わるもの、贈って喜ばれるものが一番でしょう。夫の方の両親の好みはなかなかわかりにくいでしょうから、夫に聞いて夫婦で相談して決めましょう。素敵な結婚式になりますように。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!