• HOME
  • ライフスタイル
  • 離婚するとき、財産分与はどう考える? 財産分与の対象となるものは

ライフスタイル

離婚するとき、財産分与はどう考える? 財産分与の対象となるものは

婚姻中に夫婦が協力して築いてきた財産は、離婚のときに清算して、分割といって分かち合うことになります。この財産分与をめぐって夫婦間でもめることもあるほどで、財産分与を離婚時にしっかり話し合って決めておくことがとても大切です。そこで、問題となりやすい財産分与についてまとめました。

◇財産分与とは

婚姻中に、夫婦が協力しあって築き上げてきた共有財産を、離婚時に分け合うことをいいます。そのため、結婚前に買ったものや財産はそこに含まれません。さらに、配偶者の親が住んでいる家や財産は、基本的には財産分与の対象にはなりません。ただし、死別などで配偶者が亡くなったときに婚姻関係にあれば、財産分与として認められることもあります。

また、婚姻中でも親からもらったお金など贈与に当たるものは、夫婦で共同で築いた財産だと見なされないため、対象外となります。財産分与でどれくらい分割するかについては、話し合いで決めることが多いですが、決まらない場合は、2分の1分割といって半々に分けることがあります。

◇どういったものが財産分与の対象になるのか

具体的にどういったものが財産分与になるのか、例をあげます。

◎住宅

持ち家である場合は、どういった形で財産分与にするかが大事になります。特に住宅は、夫婦が結婚して築いてきた財産の中で最も大きなものになるでしょう。最もシンプルな方法は、住宅を売却してしまう方法です。売れれば、売った金額から住宅ローン残債と売却にかかる費用を引いて残ったお金を夫婦で分け合うことになります。

また、住宅を売却せずに夫婦のどちらかがそのまま住むという方法もあります。その場合には、基本的には住み続ける方が住宅ローンの返済をしていくことになります。しかし、返済が難しいという場合には、夫婦二人で住宅ローンの返済を負う可能性もあります。

◎預貯金

夫婦二人で管理してきた口座は言うまでもないですが、結婚後に個人で増やしてきた預貯金についても財産分与の対象となります。この場合は、夫婦で話し合いの際に、それぞれの預金口座を開示し、それぞれどう分けるかについて話し合うことになります。

◎保険

保険の中でも、貯蓄性のある保険が対象になります。学資保険や年金保険、終身保険などです。保険をすぐに解約して得たお金を分け合うこともできますが、解約することによって実質損をしてしまうことがあるかもしれません。

その場合は、解約せずに、満期で解約した場合にいくらもらえるかを保険会社に試算してもらえば、具体的な金額が出ますので、それをもとに話し合いをすることができます。

◎車

車は売却することも可能ですが、利用できる資産として持っておきたい場合が多いですよね。その場合は、夫婦のどちらが車を所有するかを決めておく必要があります。マイカーローンなどを利用していてローンがある場合には、基本的には車を持つ方が残りのローンを支払うことになります。

◎年金分割

年金については、法律で年金分割として額などが決められています。結婚してから夫婦で払った保険料は、財産分与の対象となります。妻が専業主婦だったり、扶養内のパート勤務だったりした場合は、3号分割として、夫婦間の合意がなくても、財産分与ができるようになっています。

◎退職金

離婚後にそう遠くない未来に退職金が支払われることがわかっている場合は、退職金も財産分与の対象となります。その場合、夫婦間の協議で、退職金の想定金額を計算したり、退職金が支払われたときに分与額を支払う約束を書面で交わしたりすることになります。

~おわりに~

財産分与は、額によっては今後の生活基盤にもなり得ます。子どもを育てていくシングルマザーにとって、少しでも多くもらえるとありがたいものですよね。財産分与はお金がからむ問題ですので、後々トラブルとならないように、夫婦でよく確認し、協議書や公正証書などにまとめておきましょう。

2年以内の離婚である場合は、相手に財産分与の請求権が残りますので、離婚後に意外な請求を受けることがないように、きちんと決めておくと安心です。

(文/ゆー 画像/123RF)

カテゴリ:ライフスタイル

8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!