• HOME
  • ライフスタイル
  • シングルマザーになった人の離婚理由! 離婚したい気持ちの背景にあるものとは?

ライフスタイル

シングルマザーになった人の離婚理由! 離婚したい気持ちの背景にあるものとは?

ゆー

シングルマザーになろうと思っている人や、少しでも離婚を考えたことがある人は、シングルマザーがなぜ離婚を決意したのか、その理由が気になったことがあるかもしれません。また、すでにシングルマザーの人も、離婚の理由を振り返って、「離婚の理由はこれで正しかったのか。」と思うことがあるかもしれません。

そこで、実際にシングルマザーになったママたちは、どんな理由で離婚したのか、またその決意を後押ししたものが何かを検証してみました。

◇元夫からのDV

DVとは、ドメスティック・バイオレンス(家庭内暴力)の略です。暴力をふるって相手を傷つけることが一般的だとされています。しかし、力だけでなく言葉でも暴言をはいて相手を不快な気持ちにさせたり、精神的に傷を負わせたりすることもDVになります。

男性は女性よりも言葉で相手を負かすことが不得意だと言われています。そこで、夫婦げんかをしても言葉では勝てないから、暴力で勝とうとしたり、力で相手を押さえつけようとしたりします。また、カッとなりやすい性格の人も男性に多く、これは男性ホルモンが影響していると言われていますが、理性で考えることができず、つい言葉で暴言をはいてしまうことがあります。

DVを我慢しているとエスカレートすることがあります。また、相手の言うなりにしていると、精神的な支配を受けてしまうことがあります。

あるシンママは、子どもたちの前で暴力を受けたので、我慢の限界がきて離婚を決意したと言います。DVをさせないようにすることはなかなか難しい問題で、DVが始まってから離婚に至るまでが早い傾向があります。また、最近では、働いているのに家にお金を入れないなどの経済的DVもあります。

◇元夫の浮気・不貞行為

夫に女性がいてデートをするなどの浮気行為も離婚理由となっています。ひどくなると、夜に相手と会って、朝まで帰ってこないこともあります。そうなると、夫としても男性としても信頼ができなくなり、家族を続けていくことが難しいと思うものです。人によって、1回までは許す、とか回数の問題でなくそもそも浮気は裏切り行為だから許せないという人もいて、価値観は様々です。

また、相手の女性がどんな人かにも寄ります。芸能人の小倉優子さんは、同じ事務所の後輩が夫の浮気相手だったようです。信頼していた2人に裏切られたという気持ちもあったことでしょう。

◇複数の要因

離婚理由がDVとか浮気だとか言っていても、実はそれだけでなく他の要因がいくつかからんでいる場合もあります。たとえば、あるシングルマザーが離婚理由を聞かれた時に答えた内容は以下の通りでした。

・余裕がない時はお金を入れない

・子どもに無関心、育児は放棄

・自分のためにお金は使うが、家族のためには使おうとしない

・義両親と相性が悪い

・勝手に休みの日に遊びに行く

このように、自分勝手で自己中心的、そして子どもの相手もしないような父親はいらないと思うのも理解できますよね。

◇シングルマザーになる! 離婚を後押しする要因とは

どんなに嫌な相手だとしても、子どものことがあるので、離婚を思いとどまる人も多いかもしれません。しかし、それでもシングルマザーになると決心する背景にあるものは何なのでしょうか。

◎子どもが理解してくれる

子どもの年齢によっては、父親がいなくなることで寂しさを感じる子どももいるでしょう。しかし、DVを繰り返す様子や、ママが泣く姿を見ていて、離婚していいよ、という子どももいるかもしれません。どういう形であっても、離婚をすることに子どもが同意してくれている場合は、離婚のひとつの後押しとなるでしょう。

◎実家に頼れる親がいる

実家で同居していたり、親が近居に住んでいたりする場合は、シングルマザーになっても、子育てなどで色々と支援を受けやすい状況と言えるでしょう。

◎笑えなくなった

夫がいることで、ストレスもあり、ママからも子どもからも笑顔が消えてしまう、という日々が続くと、精神的にも限界をきたしてしまうことがあります。離婚をせずに我慢することでも別の幸せがあるかもしれないけれど、離婚した方が自由や幸せを感じられるメリットが大きいと実感した時に、離婚を決める人もいます。

◎ママが自立している

離婚しても困らないくらい働いて稼ぐことができるとか、会社に理解があるとかそういう場合には、安心して離婚できると思えるかもしれません。

~まとめ~

大きな離婚理由としては、DVや不貞行為が多いようですが、それ以外にも複数の要因がからんで離婚を決意する人もいます。また、性格の不一致での離婚は迷う人もいますが、それもどの程度ひどいか、など性格だけでなく価値観まで違って一緒に住むのが辛いなどの理由も考えられます。

子どものこともあるので、離婚には慎重になるものです。そこで離婚に踏み切るか踏み切らないか、その決意の後押しになるのは実家の助けや経済的な安定などがあるようです。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!