ライフスタイル

離婚問題で悩んだら、離婚弁護士が頼りになる理由

離婚のことで弁護士に相談したり頼んだりしたことはありますか。また、これから離婚を考えている人にとって、もしもの時には、離婚にくわしい弁護士が頼りになるかもしれません。そこで、離婚弁護士が頼りになる理由についてお伝えします。

◇離婚専門の弁護士がいる

ひとくちに弁護士といっても、様々です。裁判に詳しい弁護士もいれば、犯罪に詳しい弁護士もいます。それと同様に、離婚問題に詳しい弁護士もいるのです。離婚でのもめごとやトラブルについて経験と知識が豊富な弁護士がいれば、いろいろと相談ができます。

◇離婚について知らなかったことを教えてもらえる

養育費や親権はもちろん、離婚しないするという問題で、夫婦間での折り合いがつかないことがあるかもしれません。そんな時、知識がなければ相手に有利な条件で話が流れてしまうことがあります。最終的に不利な条件で決まってしまったら、後々後悔することになります。

相談をして聞いてみなければわからないこともたくさんあります。離婚してすべて終わった後に、「こうしておけばよかった。」と思ってもどうしようもないことってありますよね。そういう意味でも、弁護士を頼る意味は大きいです。

◇裁判になった時に有利になる

話し合いでもいっこうに解決ができず、最終的に裁判で離婚を決めるとなった時に、最も頼りになるのは弁護士かもしれません。弁護士を味方につけておくことで、法的に有利な条件を導くことができます。法律的なことはどうしても専門家でないと複雑かつ難解でわからないことがあります。法律に詳しい弁護士であれば、その点をまかせることができます。

◇離婚弁護士の上手な活用の仕方

いきなり弁護士ってハードルが高いし、お金がかかってしまう、というイメージが先行して、敬遠してしまうことがあるかもしれません。そこで、おすすめの方法をお伝えします。

◎無料相談を活用する

法テラスや法律事務所に行って相談をすることが主になるでしょう。電話や面会での相談で、多くのところが30分無料あるいは初回相談無料というサービスを行っています。

通常、30分の相談で5000円ほどかかるところがほとんどです。それが初回だけでも無料はうれしいですよね。30分はあっという間なので、聞きたいことや言い分などを文書などでまとめておくといいでしょう。弁護士に依頼したいと思った場合でも、いきなり依頼することはできません。必ず法律相談を受ける必要があるので、これを活用しない手はありません。

◎弁護士費用が低めのところを利用する

価格に対して納得ができる弁護士に依頼しましょう。弁護士費用は自由に設定されているため、事務所によって費用がまちまちです。スキルや経験があって信頼できると思った弁護士に出会った場合はよしとしても、そうでない場合は納得できるまでいくつか相談に回ったほうがいいかもしれません。そして、なるべく費用が低くおさえられるところを選びましょう。

◎資金調達が難しければ、法テラスを利用する

弁護士費用を払うことが難しい場合、国の司法支援センターである法テラスから借り入れることができます。お金がかかるから弁護士には頼まない、という選択肢もありますが、頼むのと頼まないのとでは結果に大きく差が出ることがあります。裁判離婚ならなおさらです。

~まとめ~

離婚問題は一人で悩まずに、できるだけ多くの専門家や経験者の知識を借りるほうが楽です。無料相談などをうまく活用して、離婚問題を自分に有利にすすめることができるよう準備をしていきましょう。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!