ライフスタイル

義両親の介護が離婚にいたることもある!

義両親と同居している場合、また義両親が施設に入れない場合や拒否する場合などに、義両親を介護しなければならない可能性があります。実の親でも大変なのに、義理の両親を介護するとなったら苦労も多いでしょう。まして、子どもが小さい場合は、子育てで忙しいのに、介護まで手が回らない大変さも容易に想像できます。

そこで、義両親の介護が離婚にいたることもあり、それを防ぐためにできることを考えてみました。

◇義両親の介護が離婚になってしまう場合とは

家庭の事情や義両親のお人柄によって、それぞれ異なることでしょう。しかし、いくつかの点は共通しています。そこで、義両親の介護が離婚に結びついてしまう条件や事情について、どんなことがあるのかを調べてみました。

◎夫が協力してくれない、何もしない

長男の嫁だから義理の親の面倒はみるものだ、と古くから日本の考え方としてあります。嫁いだからには介護まですると考えてしまうと、まるで妻が1人だけで介護をしなければならないように聞こえますよね。加えて、本来息子である夫が介護を手伝わないとか介護のかわりに家事を一切してくれないとかいった場合に、じわじわと不満がたまってきてしまいます。

◎感謝されない

義両親のためによかれと一生懸命お世話をしても、義両親や夫の兄弟にもお礼を言われたり感謝されたりすることがなければ、介護をしていこうという気持ちそのものが消えてしまうことがあります。その気持ちのまま介護をしていると、やがてこのままこの家を出たいとか離婚をしたいとか思うのもおかしくはありません。

◎家政婦のように扱われる

妻として母として働くことが自分の責任だと思っていても、家政婦のように扱われることは心外でしょう。介護は、親の世話や食事の支度などいろいろなことをしなければならないので、当然だと勘違いされるといつしか家政婦扱いされているように感じて、嫌気がさしてしまうこともあるでしょう。

◎ストレスのはけ口がない

介護は重労働です。片親だけでも大変なのに、両親とあっては、その苦労は想像以上でしょう。その辛さやしんどさを夫はおろか家族にだれも相談できなかったら、ストレスがたまり、離婚したいと思うかもしれません。

◇義両親の介護のせいで離婚にいたる、その前にできること

義両親の介護さえなければ離婚しなくて済んだ…なんてことにならないように、介護のために離婚に至るケースを防ぐ方法を考えてみませんか。

◎夫に介護をさせる

妻が介護をするのは当然だというのは間違いです。介護や扶養の義務は、血縁者にのみあります。ということは、夫やその兄弟などが本来は担うものなのです。かといって妻は何もしないでいいということではなく、夫婦は協力しあう義務がありますので、妻も介護に協力をするという形で助け合う姿勢を持つことが大切です。

そういった法律での取り決めを例に出しながら夫婦で今一度介護ありかたについて話し合って決めることも大切です。

◎我慢せずに親族一同で話し合う

介護を我慢して続けていると、やがて心労が来てしまいます。介護のために自分自身が体を壊したりせっかく築いた幸せを破綻させてしまっては悲しいです。本来、介護について責任を負うべき親族を集めて、これ以上は介護ができないということを伝えるようにしましょう。そして、1人で解決しようとせず、家族みんなの問題として答えを出すことが大切です。

◎介護施設に入居させるかヘルパーさんに頼む

どれほど要介護状態なのかにもよりますが、重労働になるレベルなら、介護施設に入居させる方法もあります。また、身の回りのことはある程度できるけれど介助が必要な場合には、ヘルパーさんに来てもらって頼むという方法もあります。

~おわりに~

望まない離婚の場合は、なるべく離婚理由が介護であってほしくはないものです。同居ゆえの介護であれば、事前に介護ができないことを伝えておくことや、やってみたけどやっぱり無理ということを親族も含めて話し合う努力が必要です。

介護をする場合においても、ストレスから心労にならないように、まずは自分の健康を守りながら無理をしないようにしていきましょう。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!