死別シングルマザーに知って欲しい金銭的なこと!

生活の面倒を見るのは母親、という文化が日本には根付いています。 親が亡くなった時の家庭の子供であっても、苦労して我慢させたくはないですよね。 今回は、そんな夫と死別したシングルマザーがどうやって立ち直るのか、またその経済的な援助はどのようなものがあるのかをお伝えします。

5311

生活の面倒を見るのは母親、という文化が日本には根付いています。親が亡くなった時の家庭の子供であっても、苦労して我慢させたくはないですよね。

今回は、そんな夫と死別したシングルマザーがどうやって立ち直るのか、またその経済的な援助はどのようなものがあるのかをお伝えします。

 

(1)死別シングルマザー、なかなか立ち直れませんよね

5312

夫が亡くなった場合もそうじゃない場合も、一人で子供を育てていると言う事は経済的な不安はもちろんのこと、精神的にも心細く寂しくなるのは当たり前です。

突然夫が亡くなった場合は、離婚するつもりで別れたのではなく、突然一人になるわけですから当然路頭に迷ってしまうこともあります。

専業主婦の場合、これまでのように仕事をせずに暮らすことは不可能になる場合がほとんどであるため、そんな時は寂しさだけではなく、経済的不安等、精神的にかなりの打撃を受けるでしょう。

それらの気持ちは、同じ経験をしたもの通しじゃなきゃ中々わからないものです。そこですすめたいのが、同じ経験を持つ人と繋がりを持つことです。もちろん気持ちが落ち着いてからでかまいません。未亡人の会と言うのや、おひとりさまの会と言うものもたくさんあるんですよ。色々と後悔に近い気持ちも生まれ、下手したらストレスが過剰にかかってうつ病を発する場合も少なくないんです。永遠にそのような感情を忘れられないと直後は感じるでしょうが、約1年をめどに段々と次のステップに進めるようになるもの。

その時を待ちましょう。前向きになることが大切です。

 

(2)死別シングルマザーの悩みの種って?

5313

突然未亡人になってしまったら、病気になったら、老後の心配は?子供の事はなどなど悩みがたくさん出てくることでしょう。

一人であれば、家にかかる費用がないとして20万円もあれば、ある程度の生活が出来ると言われていまが、これに子供の養育費などなどが上増しされます。

シングルマザーがもらえる遺族年金や補助金はどのくらいなのでしょうか?

 

(3)死別シングルマザーに知って欲しい金銭的なこと!

5314

未亡人は色々と、収入に応じて税金の上では控除されますが、未亡人でいながらも年収が500万円以上あったら税金控除の対象ににはならないこともあります。

確定申告をするシングルマザーの方も多いのですが、

確定申告すると寡婦控除として約35万円ほどのけっこう大きい額がもらえたりします。

遺族年金は収入としてみられないので、税金はかかりません、約20万円ほどもらえるのが標準です。

妻の収入の多さで遺族年金が出るかどうかも変わります。年収800万円以上の収入があると、十分生活できると国が判断し、遺族年金はもらえません。

子供がいる場合は、子供の数によって様々な児童扶養手当が遺族年金にプラスされて入ってきます。

子供一人の場合995,200円、二人の場合1,217,600円一人ずつ多くなると74,100円加算され、これはなかなかに大きい額と言えるでしょう。これは子供が18歳になった時点で終わってしまうので注意です。

夫が亡くなった場合妻が20歳から29歳の場合は遺族厚生年金のみ5年間だけの支給、30歳から39歳の場合は族厚生年金のみが半永久的に受給ですが、夫40歳から64歳までの間だった場合、寡婦手当という手当がつきます。

これで年間一律579,700円貰えるため、ぜひ有効に活用したい制度ですね。

これに加え、保険金がもらえます。

相場では約1,000万円ぐらいもらえれば良い方でしょう。

以上の諸々を合わせると、何年かはその支援金をつかって生きていくことができますが、いずれそれも底を尽きてしまうのでいつかは仕事に復帰しなくてはなりません。

 

(4)最後に

5315

以上、死別シングルマザーの悩みとその支援制度についてご紹介しました。

いろいろと調べて、子供のためにも前向きに頑張ってくださいね。

引用出典:http://navimy.hatenablog.com/entry/2015/10/15/234402