ライフスタイル

シングルマザーになる前に知っておくべき、離婚届のこと

シンママStyle編集部

離婚をしてシングルマザーになると決めたら、まず出すべきは離婚届であることはご存知ですよね。でも、ただ出せばいいという書類ではありません。それ以外にもいろいろ考えておくべきこと、準備しておくべきことがあります。そこで、シングルマザーになる前に知っておくだけで役立つ、離婚届についてまとめました。

■離婚届を提出するまでの流れを知る

離婚の手続きはどういった姓や戸籍を選ぶかによって、思ったよりも複雑だと感じられるかも知れません。特に女性の場合は、夫の戸籍に入り名字を変える人が多く、そのため離婚時の手続きもやっかいになります。何度も書類のために役所に足を運ぶのは手間なので、ここで一気に流れを知っておきましょう。

市町村役場の戸籍課の窓口で離婚届をもらう

姓を変えない人は、一緒に「離婚の際に称していた氏を称する届」をもらっておく

本籍地以外の役場で提出する場合には、戸籍謄本を取り寄せておく

子どもの姓を変えたり、籍をうつしたりする場合は、家庭裁判所にて「子の氏の変更手続き」を行う

■離婚届を出すまでに決めておきたいこと

離婚届は名前だけを書けばいいのではありません。名前を書くにも、妻と夫の両方の署名が必要です。また、協議離婚の場合は、証人の名前を書く欄があります。2人の証人を誰にするかを決めておく必要があります。さらに、女性は夫の戸籍に入っている人が半数以上でしょう。そのため、離婚後、離婚前の親の戸籍に戻るのか、あるいは新しい戸籍を作るのかを決めなければならないのです。

しかし、シングルマザーとして子どもの親権を持つ場合には、同じ戸籍には親、子、孫の3世代が一緒に入れないことになっています。そのため、必然的に新しい戸籍を作るという選択肢しか選べないことになります。

また、子どもの名字をどうするかも決めておかなければなりません。小さい子どもであれば、名字が変わったとしてもわりとすんなり受け入れられるかもしれませんが、小学校以降になってくると、名字が変わることに抵抗を覚える子どももいます。子どもの希望を聞きながら、新しい名字かそのままの名字かどちらがいいかを考えておきましょう。

■離婚届を出す時に知っておくこと

離婚届はいつ出すの? いつでも出せるの? 他に必要な書類は? など知らないことも色々ありますよね。離婚届を出す時に知っておくべきことは何でしょうか。

◎いつ出すの?

基本的には役所の窓口が開いている時間、平日9~17時までが理想です。しかし、最近では郵送や時間外の受付もしてくれます。受理証明が必要な場合は、なるべく窓口が開いている時間に提出するようにしましょう。

◎1人でも提出できる?

基本的に書類に不備がなければ1人で出しても問題はありません。ただし、訂正があれば訂正印を押すように言われることがあるため、2人分の認め印を持っていくと安心です。念のため、身分証明書も持参しましょう。

◎調停離婚や裁判離婚の場合は?

一般的な協議離婚(夫婦話し合いでの離婚)の場合は、離婚届に証人2人の名前があれば大丈夫です。しかし、調停離婚や裁判離婚の場合は、調停を申し立てた本人か裁判を起こした方が離婚届を提出します。この時、調停調書の謄本、裁判離婚の場合は判決書の謄本と判決確定証明書も一緒に提出をしましょう。

~おわりに~

離婚をするから離婚届を出して終わりではなく、その他決めておくべきことや手続きがあります。子どもの親権や名字をどうするかはとても大事なことですよね。子どもを夫の戸籍から除く時や名字を変える際には、家庭裁判所で「子の氏の変更手続き」をすることを忘れないようにしましょう。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!