ライフスタイル

シングルマザーの子供はお年玉を管理することがポイント

シンママStyle編集部

母子家庭の子供はお年玉が少ない傾向にあります。元夫の両親からはお年玉をもらえないケースがほとんどのためです。そして昔のように親戚が集まることも段々と少なくなっているので子供にとって、現在の子供にとって、お正月は大イベントという感覚はなくなっているようです。

学校でお年玉をもらった友達に金額を聞いて、少ないなと感じるお子さんもいるかも知れませんね。子供からお年玉の話を聞くと、自分が離婚さえしなければ…と子供に申し訳ないような気持ちになりますよね。

それでも子供にとってお年玉は大きなお金です。どのように子供にお金の管理をさせればいいのかまとめてみます。

■子供にお金の使い方を教える

両親そろった家庭の子供はクリスマス、お正月と欲しいものを買ってもらえるかも知れません。しかし、母子家庭では難しい場合もありますよね。同じ5000円でも母子家庭にとっては大金という感覚があるかも知れません。

大切なことは子供のお小遣いが500円でも、お金の価値を身につけさせることです。それが将来的に重要になってきます。お小遣いの使い道を考えることは金銭感覚を学べるチャンス。一気に使ってしまわないで、欲しいものが高すぎたら頑張って貯金をする習慣をつけさせましょう。

買わずに我慢してやっと購入できた品物は子供にとってはまさに宝物。親がお金をすぐに出して購入した品物とは愛着が異なります。物欲をこらえてお金を貯めることの厳しさを子供ながらに習慣づけるよう工夫してみるといいと思います。

■お小遣い帳でお年玉を管理させる

お金の入出金を子供に管理させることは、自立心を養いうのに最適です。また経済観念も学べますよね。毎日お小遣い帳をつけることでいかに無駄使いをしているのかがわかります。前月のお金の使い方について子供にアドバイスをしてあげたり、問題点を話し合ってみてはいかがでしょうか。

あまり細かく口出しをするのは子供の自主性を損ないかねませんから、おおらかな目で見てあげて下さいね。

お小遣い帳を続けることは子供には根気がいる作業です。続けられたら子供の努力をほめてあげましょう。子供のやる気を育てて、お小遣い帳をつけることは楽しんだと思えるようにすること。子供のお手本になるためにもママも家計簿をつけてはどうですか?

お小遣い帳もひと工夫すればさらに効果が上がるかもしれません。例えば、何ヶ月かお金を貯めないと買えないものや、欲しいものを買うために毎月いくら貯金すればいいのかなどの目標を掲げておくといいですね。

■お金の貸し借りをしない

子供同士でお金の貸し借りも起こり得ます。欲しいものが手に入らないと友達からお金を借りて購入することが普通になると問題ですね。お金の貸し借りは絶対にしてはいけないと子供の頃から言って聞かせましょう。

特にお年玉は子供には大金。友達に貸して返してもらえないと大問題です。母子家庭ではどうしても子供の行動に目が届かなくなる可能性があります。最低限のルールは子供にも守らせるように親として頑張って躾をしましょうね。

☆まとめ

お年玉は子供の楽しみです。ただ子供には大きなお金になるお年玉はその管理が重要です。そのためには日頃からお小遣い帳をつける習慣を身につけることで、お年玉をもらっても無駄使いをしないようにお金の管理ができるようになります。

そのためには日頃から母親も家計簿をつけて、子供にお手本を示しましょう。親子で会話をしながら楽しんでお金の管理ができればいいですね。自然と金銭感覚ができればお年玉をもらっても親が心配するようなお金の使い方はしないでしょう。

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!