ライフスタイル

離婚後の子どものケアはどうする?

シンママStyle編集部

シングルマザーになった母親は離婚後の様々な手続きの変更や慣れない生活の中であっても子供のケアは怠ってはいけないと言えます。離婚をするということはそういった子供のメンタルケアも引き受けなければならないことと言えるでしょう。

■離婚による子供への影響

両親の離婚をきっかけに子供の表情が変わることがあります。それまで明るく笑う性格だったのが、学校から帰るといつも家にいて言葉数も減ったという話はよくあるようです。子供は、表面上は平気な顔をしていても心の中では不安やストレスを溜め込んでいるものかもしれません。

また婚姻中に両親が喧嘩する様子を見ると、子供は自分に原因があるのではないかと自分を責めることもあるようです。自分が悪いから離婚をしたんだと思い込むのです。大人が考えるより子供の心はデリケートで傷つきやすいのが特徴。そのため親は子供の様子に目を配り、大人の言動にも注意が必要です。

■典型的な子供の症状

精神不安定になった子供の典型的な症状には以下のようなものがあります。年齢による違いはもちろんありますが。

・学校で友達とトラブルを起こしやすくなる

・おねしょが頻発する

・チック症状が現れる

・面会交流を拒否したがる

・学校に馴染めなくなる

こうした原因は子供の心理の問題に起因します。情緒が不安定になると何気ないことで言い争いになったり、ストレスからおねしょやチック症状が出たり、同居している親のことを考えて、面会交流を拒むこともあるようです。

■子供のメンタルケア

では子供のメンタルケとはどうのようにすればいいのでしょうか? 一番大事なことは離婚をした相手の悪口を子供の前で言わないことかもしれません。その相手は子供にとっては父親でもあるのです。つまり、それを否定するような言動は子供の存在すらも否定することになりかねません。

子供が面会交流を拒否しても自由に会えるように機会を作ってあげることも大切。傷ついた子供の心に必要なのはやはり両親の存在なのです。失われたものを元に戻すことはできなくても、交流を持たせることで子供は落ち着いた生活を取り戻すことができるかも知れません。

また離婚してもそれぞれの親はこれまで同様、子供のことを大切に思っていると伝えることも大切です。子供の心の中にある不安やストレスを解消するのは親なのです。両親の愛情以上のもはないことを忘れないこと。

■子供を孤立させない

忙しくても子供と向き合う時間と体制は作ることをおすすめします。片親になると何かと生活は大変です。慣れない仕事や人間関係に悩む日々もあるでしょう。しかし、忙しくて子供に構っていられないと子供を放っておけば取り返しのつかない事態に陥ることもあるかも知れません。時間は作るもの。離婚後も親同士が連絡を取り合い、子供の精神的安定を図れるようにすることが大切です。

☆まとめ

親であれば誰でも子供には伸び伸び育って欲しいと願います。しかし両親が離婚をすることで計り知れない影響を子供に与えてしまうのも事実です。子供も性格はそれぞれ違いますが、感情を表に出さない子供ほど要注意かも知れません。

子供が本当に大切というのなら、離婚しても親同士が子供の成長に関わるべきなのかもしれませんね。離婚したから関係ないでは済まされません。

そして子供に寄り添い、ちょっとした変化にも注意してみましょう。離婚後の環境の変化を、時間をかけて整えていくことが親子共々大切なのです。

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!