ライフスタイル

子育て中、暇つぶしにしてみたいことは?

シンママStyle編集部

子育てに追われていたら、自分の時間なんか持てないと思っていませんか? とくにシンママは仕事に育児に大忙しなので、尚更無理だと考えてしまいますよね。でも息抜きというのは絶対必要で、それがなければ英気を養うことはできません。「また頑張ろう!」という気持ちが必要です。

今の時代は子育てに活躍してくれる便利グッズもたくさんありますから、最大限に活用して暇つぶしの時間を作るのをお勧めします。今回は、ママの暇つぶしの時間の過ごし方を考えていきましょう。

■シンママに暇な時間なんてあるの?

家事を考えてみるとエンドレスだと思いませんか? 掃除、洗濯、洗い物など人それぞれやり方も違っていて、掛かる時間も様々です。ここまでと自分で決めなければ家事は終わらない気がします。

「四角い部屋を丸く掃く」と雑なお嫁さんのことを揶揄(やゆ)した表現がありますが、これもお嫁さんにすればそれが自分の掃除の仕方なのでしょう。

掃除機など電化製品がなかった時代は、家事自体をこなすのが大変でした。昔のシンママは子育てと家事に一日中追われていた筈です。それでも余暇の時間はあって、家族と出掛けたり、旅行することもありました。一日中子育てと家事をしていたらそんな時間はない筈です。それは敢えて余暇の時間を作ったということですね。

シンママには子育てと家事以外に仕事がありますから、暇な時間なんて!かもしれません。ある程度子供が大きくならなければ難しいと思うでしょう。でも息抜きという時間は絶対必要で、身体も精神も休めなければ育児ノイローゼに掛かる可能性も出てきます。

一日の中で優先順位を決めて、「今日はこれをやめてもいいかな」と思うなら、明日に回すのもいいでしょう。人の価値観は皆同じではないですからね。暇つぶしの時間を作って明日への活力を見いだせれば、心にもゆとりが生まれます。

■ママの暇つぶし法とは?

子育てに疲れている時、よく気分転換に「趣味を持ちなさい」というアドバイスがあります。でも無理に趣味を作ることなんてできません。趣味というのは興味がなければできないもので、疲れている時にはそんな余裕はないでしょう。

趣味は、子供に手が掛からなくなってからでも始められます。あまり情報に惑わされないことです。最近スマホを活用する人が多いですが、子育てをサポートしてくれるアプリも色々あるようです。

アプリを上手く使いこなせない年配者は、アプリを使うのが余計にストレスになります。けれど若い世代は生活に上手く取り入れ、多くのメリットを得ています。ママが興味を持てるアプリの活用は、プラスに働くでしょう。

私の経験で言えば、同じ年代のママ達のブログを読むことで、勇気をもらったことがあります。特に自分と同じような悩みを持っている人のブログは、とても参考になりました。解決策を導き出してくれるようなものもあって、心が軽くなったような気がします。

外に出るのが億劫な時に散歩をしても楽しめませんし、余計に疲れます。自分が好きなことをするのが暇つぶしだと感じます。

■まとめ

時々思うのですが、兼業主婦やシンママで家を片付けられない人がいて、ごみ屋敷状態であっても、時間を掛けて片付けることで家は生まれ変わります。過去のことはあっても、今が大事なのだと思うのです。

毎日掃除洗濯など家事をしっかりこなしていても、何かのアクシデントでできなくなる時があります。それは身体的、精神的なもの、色々あるでしょうができないのですから仕方がありません。

それによって過去は過去であって、現状しか見て貰えません。ですからたまには手抜きをして、暇つぶしの時間を作ってもいいのだと思います。そう感じませんか?

(文/たぬこ 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!