ライフスタイル

離婚するとどんなふうに生活変わるの?

シンママStyle編集部

離婚をしてその後の生活はどう変わるのでしょうか? とくにシングルマザーの方は子供を抱えて不安でいっぱいなのではないでしょうか? しかし、最近は行政の支援体制もしっかりしているのでそれほど不安を感じなくてもいいかも知れません。

今日は離婚後の生活についてご紹介いたします。

■シングルマザーの悩み

子供を抱えて最初に直面する問題は、安定した生活が送れるかどうかです。そうした問題を支援するため自治体では、「ひとり親の支援制度」があります。

◎児童扶養手当

親が一人である母子家庭もしくは父子家庭を対象にした国の制度です。具体的には自治体から給付され、子供が0歳から18歳になる最初の3月31日までが支給される期間となっています。例外として障害がある子供に対しは20歳未満までとなっています。

◎児童手当

母子家庭もしくは父子家庭を対象とするのではなく子供のいる全ての家庭が対象です。日本国内在住の0歳から中学校卒業までの子供を対象にしています。特徴として、扶養家族などの数により所得制限および、支給額の変動があります。

◎児童育成手当

地方自治体独自に行っている親が一人である母子家庭・父子家庭が対象の支援制度です。名称は各自治体により異なります。

◎障害児福祉手当

心身に障害があり、日常生活において介護が必要な20歳未満の児童を対象にした制度で、年4回支給されます。自治体に申請することになります。

◎特別児童扶養手当

心身に重度の障害がある20歳未満の子供を育てている親が対象の制度です。支給額は1級障害者で51,500円、2級障害者で34,300円で年に4回支給されます。自治体に申請します。

■シングルマザーの就職

シングルマザーの就職状況は相変わらず厳しい状態が続いています。子供が小さいうちは保育施設へ預けて働きますが、預かり時間は夜7時くらいまでのため残業がしにくいと言えます。

特に子供が小さい頃は体調を崩しやすく、具合が悪くなると会社を休んだり、保育園に迎えに行くために早退をするなど支障が出てきます。そのため正社員として働くのが難しい現状です。シングルマザーの雇用状況を見てみると就業率は8割ですが、その半数以上が非正規雇用状態です。

離婚前から既に正社員として働いている方は問題ありませんが、離婚を契機に働く方には厳しい現実が横たわっていると言えます。

■就職に有利な国家資格

介護職はキャリアアップしやすい職業だと言われます。介護福祉士の資格はまさにそれです。いずれはケアマネージャーを目指すなど目標も立てやすい職業の一つと言えます。安定した収入と給料のアップが見込める仕事はシングルマザーには魅力的な仕事です。

医療現場では看護師が不足しています。シングルマザーならここも魅力的な職場。費用はかかりますが看護師の年収が平均478万円程度ならマイホームだって夢ではありません。夜勤がネックではありますが、子供が大きくなればそれも可能になるので年収も増えます。

それ以外にも転職・就職を接戦してくれるエージェントもあります。個人で職探しをするのは大変厳しく、情報量も限られますが、エージェントなら安心して仕事を紹介してもらえます。また就職アドバイザーも受けることができるので相談にのってもらえます。

☆まとめ

シングルマザーに立ちはだかる問題は様々。国や自治体から受けられる生活支援などは積極的に利用しましょう。離婚後専業主婦から行きなり働きに出る場合は、資格があれば有利ですですが、なければ婚姻時代に何か資格を取得しておくといいでしょう。

離婚をしなくても子供の手が離れたら働くこともできますし、ましてや離婚をすれば必要になるには間違いなし。介護士などこれからニーズが高まる仕事は潜在的な魅力があります。

またシングルマザーが就職・転職を目ざす場合に、転職エージェントを通じて紹介してもらう方法もあります。マンツーマンのサポートは欠かせないサービスです。

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!