ライフスタイル

親権争いで女性側が親権を取れない場合って?

子供の親権は一般に母親が取るものだと思われていますが、父親も状況次第では取得可能です。離婚をする際に未成年の子供がいれば、どちらが親権を持つかは大変重要な問題ですね。夫婦間の協議で一致していればいいのですが、そうでない場合ほとんどが裁判にまで発展してしまいます。

今回はどういった場合に父親が親権を取られるのかを解説します。

■親権はどうやって決まるのか?

基本的には夫婦間の協議で決めていきます。しかし、お互い譲らない場合話はまとまらず、調停を経て最終的には裁判になります。また一度決定した親権者を変更することはさらに困難です。そのためなんとしてでも親権は確保したいのが本音です。

それでは裁判では何を基準に親権を決定するのでしょうか? 一番大切なことは、子供の養育環境を大きく変えないこと。そして何より親権を取るんだという強い意志です。

■親権者は母親が有利

裁判では、父親と母親のどちらが子供の福祉という観点から見てふさわしいのかを総合的に判断します。子供を育てていく気持ちだけでは養育は不可能です。また収入が多いからだけでも有利なるとは限りません。

いかに子供と触れ合う時間が持てるか、これまでの子供との接し方や養育にどれくらい時間を割いてきたかが問題になります。そのため家庭裁判所では調査員を子供が通っている保育園などの教育機関などに送り調査をします。客観的な立場でどちらが養育者としてふさわしいか見極めるのです。

また子供との面接を通して精神的なつながりも判断基準になります。一般的には父親はフルタイムで働き、主に子供の監護は母親の役目とされます。母親が仕事をしてもパートやアルバイトなど時短で働くケースが多く、融通がききます。こうしたことから母親が親権者にふさわしいと判断されるのです。

■父親が親権者になるケース

母親が圧倒的に親権者になる中で、可能性は低いのですが父親が親権者になることもあります。例えば母親に問題があって子供を任せられない場合です。虐待や育児放棄、家事放棄をしている母親には当然養育は無理です。

裁判では虐待の証拠など実態を証明できるものがあれば親権は容易に父親に行くことになります。育児放棄や家事放棄はメールのやり取りでも証拠とされたケースもあります。また母親が不倫して朝帰りをするなどが頻発すれば育児放棄とみなされる可能性が出てきます。

父親が実家に戻れば日中は祖父母が子供の世話ができてしまいます。また日頃から育児に積極的に父親も参加していれば裁判所の評価も高くなりますよね。

また、フルタイムで働く父親が養育に携わることは極めて難しいのですが、最近は男性でも育休などの制度が認知され、父親が養育する環境も外側から整って来ていますので、油断はできません。

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!