ライフスタイル

子育て中のシングルマザーにおすすめ、楽しくお得に靴選び♪

子どもの靴ってすぐにサイズアウトしますよね。足にいいと思って買った高い靴も、半年もしないうちにさようなら……なんてことはよくあることです。それだけ子どもが成長した証拠!とはいえ、靴にかかる費用もバカにはなりません。

ここでは、子育て中のお金をちょっとでも節約したいシングルマザーさんにおすすめの靴を紹介します!

後半では、ママのかわいいサンダルやヒール靴についてのコンテンツをご紹介します。

■楽天市場でかわいくて実用的なスリッポン

ディズニー好きなお子さんやママにおすすめです。普段履くスニーカー感覚のスリッポンや素足で履ける夏向けスリッポンが楽天市場で売られていました。

さらには、ムーンスターとコラボして、少しお兄さんお姉さんらしいディズニーのスリッポンもあります。スリッポンって、スニーカーによくあるマジックテープをとめる手間がないから、小さなお子さんにはとくにおすすめです。

また、電車や新幹線が好きな男の子には、こんな電車柄のスリッポンまであります。お子さんのなかには、うれしくて抱えて眠ってしまう子までいるそうで、靴を履いて子どもが喜んでお出かけしてくれたら、ママにとっても負担なくうれしいですよね。

これら1足あたり送料入れて2000円ほどで購入できます。かわいくておしゃれで、子どもが喜んでくれる靴は、子どもの好みで探しやすいネットが手軽ですね。

■ヒラキで安くお得にサンダルをゲット!

ヒラキといえば激安な靴で有名です。店舗もありますが、ネットやカタログから注文もできます。レインブーツは500円、スリッポンは180円からと本当に安いです! 靴ばかりでなく、雑貨や日用品も勢ぞろいです。

5000円ほど注文したら送料が無料になりますが、3000円未満だと送料が高めです。そんなデメリットもありますが、子どもものばかりでなく大人の靴や必需品を安く買えるので、節約ママにはおすすめしたいです。

ちなみに、我が家では、毎年夏になる頃に必ず買っているサンダルがあります。それが、「ピット・サンダル」です。

子どもも大人も499円(税別)で買えます。15~18cmのキッズ用にはバックストラップがついていて、脱げにくい工夫がされています。ジュニア用、レディース用、メンズ用もあって全てこのお値段です。夏にたくさん履いて履きつぶしても、全く惜しくないお値段ですよね。

ビーチサンダルもいいけれど、滑りやすかったりなんとなく危険だったりしますよね。夏は、お得なサイトを利用して裸足で履ける便利なサンダルを利用しましょう。

■イオンのセールがねらい目、有名ブランド靴をお得に買う

靴の専門店は結構お値段しますよね。でも量販店ならどうでしょう。よくイオンなどに行くママには、セールを狙って購入するのがおすすめです。子どもが小さいうちは、すぐにサイズが合わなくなりますから、0.5刻みで先を見越して買っておくのも1つの方法です。ただし、長靴の場合は割と長くはけてしまうので例外です。

狙い目は、イオンのセールです。うちの近くのイオンでは、不定期にセールをしていて、先日は子ども用の瞬足シューズを半額で手に入れることができました。半額でなくても、3割引きなどサイズが合えばお得に購入できるのでおすすめです。

やはり瞬足の靴はへたりにくいです。安い靴を買ってつま先が取れてしまったという悲しい経験があるので、子どもの靴はちょっといいものを、と意識して買うほうが後悔はないかもしれません。瞬足でも半額なら1500円でした。

~子どもの靴を選ぶときに気を付けておきたいポイント~

子どもの靴はぴったりサイズのものを探すなら、実際にはいてみるのが一番いいです。しかし、ネットなどで試し履きができない場合は、口コミなどを利用するといいでしょう。

少しでもお得に安くいいものが買えるとうれしいですね。どんなに安くても子どもが気に入らなければ残念なことになってしまうかもしれません。好みが出てくる頃には、子どもに聞いてみるなどママの働きかけも必要かもしれません。

■ママにおすすめ! 履きやすくて足が疲れないサンダル5選!

暑い夏はやっぱりサンダル! サンダルだとスニーカーよりも女性らしさが引き立ちますし、何より涼しい♪ でも子育て中って、子どものお世話に追われるからサンダルの着脱が面倒くさいんですよね。

そのうち、サンダルに合った服選びも面倒くさくなっていって、年中スニーカーに合わせやすいカジュアルファッションで身を包むことになってしまうんです。

でも、そんな忙しいママたちに愛されているサンダルがあるんです。もちろん、脱ぎ着しやすいだけでなくお手入れも簡単。カジュアルな服装にだって合わせやすい! そんな人気多機能サンダルをご紹介します!

BIRKENSTOK(ビルケンシュトック)

ママに人気のフラットサンダル(ヒールの無いサンダル)といえばBIRKENSTOKです。

雑誌にもよく取り上げられているBIRKENSTOKの商品は、夏は新作がすぐに品薄になってしまうほどの売れ行きです。BIRKENSTOKのサンダルのソール(足裏に触れる部分)をよく見ると、完全なフラットではなく土踏まずにぴったりフィットできるようになっていて、非常に動きやすい構造になっています。

しかし履くときはもちろん、脱ぐときもストレスフリー。デニムに合うのはもちろんのこと、ワンピースやガウチョスタイルと合わせても何の違和感もないので、1足あれば百人力です!

CAMINAND(カミナンド)

国内ブランドで、日本人の足元に映えるデザインが人気のCAMINAND。高級感があって安心安全の日本製! こちらもよく雑誌で見かけるブランドです。

CAMINANDのサンダルが他の商品ともっとも違うところは、そのクッション性です。履くとふわりと足を包み込んでくれるような履き心地。自然と安定感が増しますので子どもと一緒でも安心です。

履いたり脱いだりももちろんしやすい! デニムに合わせられるの?と戸惑いますが、カジュアルもスッキリまとまる優れもの。ベージュのサンダルが人気で、セレクトショップでもすぐに売り切れる人気商品です!

GLOBAL WORK(グローバルワーク)

30代、40代の女性からも人気のカジュアルブランド。GLOBAL WORKが毎年春~夏にかけて販売するサンダルは、ママたちから人気です。脱ぐときにかかとに引っかからず、履くときもスポッと足を入れるだけ。ヒールも1cmのものを選べば、荷台付き自転車も楽に運転することができます。

GLOBAL WORKのサンダルをおすすめしたい理由は、価格にもあります。デザインが可愛くて機能的な商品が5000円未満であるからです。もちろん定価で。セールの時期にはすでに売り切れていることがあるのでご注意ください。

ELLE SPORTS(エルスポーツ)

足が大きめのママでも大丈夫。ELLE SPORTSには25.0cmの脱ぎやすいサンダルがあります。さらに歩きやすいのが特徴で、ソールのクッションが足にフィットして、少し扁平気味の方でも大丈夫。たくさん歩いても足が疲れることがありません。さらに軽量で、足への負担が少なくて済みます。

ELLE SPORTSの商品も高価ではなく、5000円未満で子育ての味方となるような履きやすいサンダルが手に入ります。

NIKE(ナイキ)

元々スポーツ関連の商品を作っているブランドだけあって、子どもと走ってもズレない、脱げないのがNIKEのスポーツサンダルです。

売り場でサンダルだけ見るとその存在感にちょっと尻込みしてしまいそうなデザインが多いのですが、履くとスカートやガウチョ、ストレートパンツに合わせても可愛いんです。フィット感があるので、芝生で子どもと一緒に遊んでいても草が入り込みにくい仕様となっています。

■シンママだっておしゃれを楽しみたい! 子育て中、ヒールはいつから履けるの?

毎日ヒールを履いていたおしゃれなお母さんも、赤ちゃんができてからは大好きなヒールを我慢なければいけなくなりますよね…。でも、女性にとって好きな服や靴を我慢するのはつらいもの。

そこで、子育て中いつからヒールのある靴を履けるのかを調べてみました。

◎子育て中いつからヒールを履けるの?

一番気になるのはいつからヒールを履けるのか…ということ。ネットのなかで多かったのは「子どもが歩けるようになってから」という意見でした。子どもが歩けるようになる前は抱っこが多いので、転んでしまっては危ないですよね。

ただ、ヒールが低くて安定性の高い靴などは、履いてしまっても大丈夫なのではないかな……と個人的には思います。スニーカーのような履き心地のヒールも探せばたくさんありますよね。

ただ、「履くんだったら10cmくらいのかっこいいヒール靴がいい!」というお母さんは子どもを預けて一人で外出できる日や、仕事のときに楽しんでいるようです。ほかにも、「赤ちゃんをベビーカーに乗せてお出かけしている日はOK」にしたり、皆さんそれぞれ自分なりのルールを決めて試しているみたいですね。

■ヒールを履くとき気を付けるポイント

私自身は、子どもができてからペタンコ靴か2~3cmほどのヒール靴へ移行してしまったほうなのですが、いつから履けるか、高さはどれくらいまでOKかどうかはそれぞれのお母さんによって異なりますよね。

判断するポイントとしては、

・子どもが危なくないか

・自分が疲れないか

・サポートしてくれる人がいるか

あたりではないかと思います。

◎子どもが危なくないか

先ほどの「子どもをベビーカーに乗せている日はOK」としているお母さんのように、ヒールを履くことで子どもに危険があるかどうかが、一番のポイントだと思います。

高いヒールでも絶対転ばない自信のあるお母さんなら、抱っこの子どもがいても大丈夫だと思うし、私のように高いヒール靴では走り回る子どもに追いつけない……というお母さんは、子どもが歩けるようになっても歩きやすい靴を履いたほうがいいような気がします。

◎自分が疲れないか

長時間のお散歩や、公園へのお出かけなど、ヒールだと自分が疲れてしまう時(←日)は歩きやすい靴にしたほうがいいですよね。妊娠中からしばらくペタンコ靴で、高いヒールに慣れていないお母さんも少しずつ慣らしていったほうがいいかもしれません。

◎サポートしてくれる人がいるか

シングルマザーは夫に抱っこを頼めないのでなかなか難しいかもしれませんが……、家族や友達とのお出かけなどで誰かに子どもの抱っこを頼める場合も、ヒール靴でもそんなに負担はなさそうですよね。

☆まとめ

子どもの安全が一番ですが、子育て中でも無理をしすぎないでおしゃれを楽しむのは大切なことです。ネットや店舗では走れるパンプスなどもたくさん出ているので、ぴったりな一足を探してみるのもいいですよね!

(文/ゆー、namiki、taroママ 編集/シンママStyle編集部 画像/123RF)

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!