• HOME
  • ライフスタイル
  • シングルマザーが子育て期に選びたい家電って?選び方のポイントも!

ライフスタイル

シングルマザーが子育て期に選びたい家電って?選び方のポイントも!

シンママStyle編集部

 

家電を購入するにはお金がかかりますよね。なるべく節約したい、でも何かと忙しい子育て期には便利な家電を使いたいという気持ちがあるものです。子育て中には外せない家電や選び方のポイントをまとめました。

 

■シングルマザーが持っている家電と購入先は?

 

予算によって、どんな生活家電を持つかはピンキリでしょう。貯金があまりなくて収入にも不安があるシングルマザーの方が持っている家電にはどんなものがあるのでしょうか。

 

◎炊飯器

子どもとママ2人なら3合炊きができる炊飯器で十分です。子どもが2人以上いるママは4合炊きができる炊飯器を選びましょう。3合炊きのもので、ニトリであれば5000円ほどで購入できます。

 

◎洗濯機

母子2人だけで子どもがそれほど大きくなければ当面は1人暮らし用サイズで大丈夫です。あまり大きいものや最新機能がついたものはそれだけ値段が高くなります。洗濯機の設計上の使用期限は7年間です。良いものを持っても容量が大きすぎたり使いこなせなかったりしてはもったいないです。

 

子どもが大きくなってから買い替えることを考えると、最初は小さなものでも十分かもしれません。セール時には家電量販店でも安いですが、楽天などのネットで購入する方が安く済む場合もあります。

 

◎掃除機

紙パック式かサイクロン式かコードレス掃除機か悩むところだと思います。紙パックは替える手間が省けていいですが、紙パックが不経済だと感じられるかもしれません。また、毎度紙パックを交換しないことが普通だと思うので、そうなると排気の汚れが心配ですよね。

 

ちなみに私の場合は、最初紙パック式の掃除機を使っていましたが、上記の理由でサイクロン式掃除機を使っています。ただ、ごみを捨てたりフィルターにたまったほこりなどを掻き出したりする手間があります。その手間が省ける掃除機も出ていますが、かなり高価です。結局、手間はあるものの、Amazonにて1万円くらいでサイクロン掃除機を見つけて購入し、使っています。排気が気になるママにはおすすめです。

 

コードレス掃除機もおすすめです。マキタのコードレス掃除機は1万円くらいで買えます。安いけど意外と吸引力もあります。ゴロゴロと重たいものを引きながら掃除機をかけなくていいので、平日ちょこっと掃除機をかけておきたいときにはとてもいいですよ。

 

◎オーブントースター

食パンが2枚焼ける庫内が広めのトースターがおすすめです。オーブントースターならグラタンを焼くなど少し焦げ目をつけたり温めたりしたいときに便利です。とにかく安くおさえたいシングルマザーさんはニトリで購入し、2000円ほどでした。

 

でも、すぐ壊れてしまうなど耐久性が心配なママには、有名メーカーのものが良いです。それでも、ネットで購入すれば4000円もあれば買えてしまうものもあります。

 

◎ドライヤー

有名メーカーのものだと高めですが、ニトリやテスコムなど少しランクを落とせば、割と安く買えます。2000円くらいの予算はみておきましょう。

 

◎冷蔵庫

子どもが小さいなら、最初は一人暮らし用のサイズでも大丈夫です。ただ、子どもがすでに小学生以上である場合には、これから食べる量が増えることも考えると、最初から大きい容量のものを購入しておくと便利でしょう。子育て期には特に、冷凍庫の容量が広いものが便利ですよ。

 

離乳食も多めに作って冷凍することもありますし、夏場は子どもがチューペットやアイスを欲しがるのでたくさん買って冷凍しておくことだってあります。日頃働いているママにとっては、週末に作っておいた下ごしらえ済みの食材をまとめて冷凍しておくことができるのもありがたいですよね。購入先はいろいろ比較して、家電量販店かネットがおすすめです。

 

◎扇風機

子どもはすぐ壊します。倒したり手を突っ込んだりされると、簡単に羽が折れます。高いものを買うとそれだけいらいらも増しますね。家電量販店でセールになっているものなら、2000円もあれば購入できます。夏場、エアコン代を少しでもおさえるために購入しておきたいものですね。

 

◎エアコン

最新モデルはとにかく高いですね。旧モデルのものや中古を活用してもいいかもしれません。離婚前に住んでいたエアコンが使えるなら、持って来て再活用するのが一番おすすめです。

 

◎テレビ

4Kなどいろいろな技術が搭載されているものはお値段が結構しますよね。最低限見られる機能がついているもので十分なら、かなり安くなります。高価なものなので、家電量販店なら値切り交渉を(関西ではよくありますが、関東ではあまりないようですね)してみたり、ネットで安いところを探してみたりするのも良いでしょう。これも、住んでいた家から持ってこられるならそれが最も経済的です。

 

■家電を安くおさえるためにシングルマザーがやっていることとは?

 

◎高い家電は中古を活用

楽天に中古を扱うお店がいくつかあります。新品を買うよりも安くなります。あるシングルマザーさんは、冷蔵庫と洗濯機で4万円ほどで購入しています。ネットでは同じ製品でもお店によって値段がまちまちであることがあるので、最安値を探してみるのも良いでしょう。高価な買い物になるものは、あらかじめ家電量販店で下見をしておくことも大切です。

 

◎ポイント利用で無料&安く購入

ドラッグストアやネットショップのポイントが貯まっていれば、ドライヤーなどの家電はポイント利用で無料になることもあります。高価な家電は、ポイントがたくさんつく日をねらって購入するのもおすすめです。ポイント還元が多いほど、安く買えることになりますね。

 

◎省エネ家電を利用

電球はLEDにしたり、省エネをうたっている家電を購入したりすることで、結果的に光熱費を安くすることができます。特に使用頻度が高いものに限っては、そういった省エネ家電を利用するのもひとつの方法です。

 

~まとめ~

 

主婦やシングルマザーの方は家電を安くおさえる工夫をいろいろとされていますよね。安いけどすぐ壊れるでは結局無駄使いになってしまうので、商品に対する目利きも大事です。お店に足を運んで実際に商品を見てみたり、口コミなどを参考にしたりして、お得で良質な家電に出会いたいですね。

 

 

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!