ライフスタイル

離婚によって生活が変わる場合ってどんなとき?

シンママStyle編集部

 

離婚をすればどれだけ生活が変化するのか何となくイメージが湧くと思いますが、実際の離婚後の生活は予想以上の展開が多々あると思います。シングルマザーであれば仕事・お金・子育てが大きな変化の影響を受けやすいですよね。今回は、離婚によって生活が具体的に何がどのように変化するのか、見ていきましょう。

 

■金銭面

 

婚姻中は専業主婦でも共働きでも自分が家計をさせなければなんて考えません。夫が働いていれば普通に生活ができます。しかし、シングルマザーになるとそれが一変します。生活費や子供の教育費、医療費その他出費の全てを自分の力で稼がなくてはなりません。

 

一方でシングルマザー全体の収入に占めるパートやアルバイトは7〜8割りを占めています。正規社員としての就業が厳しいのがこの数字に表れています。特に子供が小さい時は思わぬ医療費がかかります。急な出費が家計に打撃を与えかねません。

 

■仕事面

 

専業主婦の場合は深刻な問題の一つだと思います。夫からの慰謝料や養育費が満足にもらえていないシングルマザーは少なくありません。そのため仕事を急いで探さなければなりません。しかし、専業主婦の就職は簡単なものではないケースがほとんどです。

 

収入が安定するのは正社員ですが、子供が小さいということで採用が見送られることもありますよね。そなるとパートやアルバイトが中心になります。高時給を考えるなら派遣社員がいいかも知れません。

 

派遣社員であれば子供のことで勤務時間を調整してくれる場合もあります。まずは働くことをきっかけに社会復帰をすることが重要です。また、将来のために資格を取っておくのも今後の就職に有利でしょう。

 

■子育て面

 

シングルマザーは仕事をしながらの子育てになります。時間的な余裕さえないこともあるでしょう。まずは子供を安心して預けられるところを探しましょう。自治体によっては母子家庭で母親が働かなくては生活ができない場合や病気をして働けない場合に保育園の入園枠を優遇してくれる所もあります。

 

ちなみに母子家庭であれば年収の上限が204万円以下なら、保育料が無料になることもあります。減免申請をすることで負担額が減りますからお住まいになっている自治体に確認をしましょう。子供の自己肯定感を育てるには子供のために働くママを見せることです。

 

■周囲の支えは?

 

シングルマザーは他人に迷惑はかけられないと1人で抱え込む人がいます。でも1人で立ち回るのも限界があります。友達や実家、ご近所との付き合いで少しの間だけでも子供をみてもらうだけでも違います。

 

 

同じシングルマザーを友達にすることで辛らいのは自分だけじゃないんだと気づくことでしょう。それによってお互いに協力して子育てができる環境になる可能性があります。

 

★まとめ

 

シングルマザーになることをイメージすると、つい独身時代を想像してしまうかもいるかもしれません。しかし、独身時代とは全く違うことに気づかされると思います。子供を養育するとは1人の人間を育てて社会に送ることを意味します。子供が小さければそれだけ時間もお金もかかるということですよね。

 

ですから、仕事探しもそういうことを念頭におくことが重要です。仕事が簡単に見つからなければ、とりあえず派遣社員で働きながら、転職に有利な何か資格を取得するなど将来を見据えて動くことをお勧めします。

 

母子家庭を支援する制度も地方自治体には用意されています。こうした支援は自らが申請しなければ、付与されませんので、知識を得ることが大事ですね。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

 

 

シンママStyleの記事を週一メールでまとめ読み(無料)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!