• HOME
  • ライフスタイル
  • 離婚前に離婚を思いとどまった理由…この離婚をやっぱりやめたい

ライフスタイル

離婚前に離婚を思いとどまった理由…この離婚をやっぱりやめたい

 

やっぱり離婚しなくて良かったという人もいると思います。離婚に向けての話し合いの途中で、離婚をやめたという人も少なくないと思います。今回は離婚を思いとどまった理由について解説していきます。

 

■離婚を踏みとどまって良かった

 

一度は離婚を考えた夫婦に言えることは、ちょっとしたすれ違いや、何気ない言葉が発端で気がついたら離婚まで来てしまったということはよくあります。うまく行かないのは相手のせいだと思って、お互いをストレスのはけ口にして、罵り合い、無視をして自分だけの趣味や好きな事に没頭して夫婦としての会話もなくなっていく場合もあります。

 

そうした夫婦は弁護士を探して離婚準備に入ります。ところがそこでふと気づくことがあります。何かお互い意気投合しているのではないかと。実は皮肉な事に離婚という同じ目標ができて、初めて切磋琢磨している事に気がついて自分たちって夫婦だったんだと再認識する方も少なくないようです。

 

これまでうまく行かなかったのはお互い違う方向を向いていたから。でも同じ目標があればそこに注力して達成しようと努力するのです。それで離婚をすることをやめる…という結末に! 今ではあの時離婚しなくて良かったと実感しているのではないでしょうか。

 

■もしも離婚を辞めたいと思ったら…

 

縁あって結婚したのだから相手の欠点ばかりを探さないでお互いの長所を伸ばしながら、何か目標を持つといいでしょう。相手を責めている自分にも、責められるところはあるということを自覚することも大切です。謙虚になることで、夫婦関係がうまく行くことは大いに考えられますからね。

 

■離婚後の生活は実際厳しい…

 

離婚の話し合いを進める中で、配偶者が支払う慰謝料や養育費の話も出てきます。それらがあれば生活の足しにもなるかなと思っていたら現実は全く違っていた。シングルマザーの8割近くが元夫から養育費などがもらえていない現状。

 

ほとんどの夫婦は口約束だけなので法的に訴えることもできません。またたとえ支払ってもらっても思ったよりも金額的に少なすぎた。これが現実です。女性が一生懸命働かないとたちまち貧困になってしまいますよね。

 

でも専業主婦だった自分が働けそうな所は、パートやアルバイトがほとんど…そんな悩みを持っている女性は少なくないと思います。これなら多少問題はあるけれども、離婚しないでこのまま結婚生活を続ければ安定した生活が送れる…という理由で離婚を考え直す人もいるでしょう。

 

■家族との折り合いが悪くなる

 

離婚して生活が厳しいからと実家に帰っても家族との仲が悪くなってしまうこともあります。結婚をして出て行った実家も数年経てば状況も変わります。ここにももう自分がいる場所がないのかも…実家に戻っても肩身の狭い思いをするなら離婚はやめようとなる場合もあります。

 

■子供への心の影響が心配

 

離婚を思いとどまる一番の理由は子供の存在ですよね。片親では子供が不憫だし、大人の事情で両親が離婚をすることが子供の心に暗い影を落としてしまうことを危惧してしまいます。また私立の小学校の親の面接では両親が離婚をしていると不利になるなど子供の人生に親の離婚が影響することもあるようです。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

 

シンママStyleの記事を週一メールでまとめ読み(無料)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!