ライフスタイル

離婚を後悔する女性に共通した特徴は?

シンママStyle編集部

 

離婚をしてみて初めて失ったものの大きさを知ると言いますが、離婚をして後悔するのは女性が圧倒的に多いと言います。離婚にエネルギーを費やし、ようやく離婚できたと思ったら虚しい日々の連続、仕事も慣れないし、将来が不安。果たして離婚してよかったのだろうかと不安になることがあるのです。今回は離婚で後悔する女性について解説します。

 

■離婚で後悔する女性たちの心理とは

 

離婚後に後悔をする女性の心理は複雑です。一番後悔する原因は金銭問題です。離婚をすれば当然生活水準が低くなります。自分が働かないと生活していけません。シングルマザーならそのプレッシャーはさらに大きくなります。

 

また離婚してみて初めて孤独感を味わうという人もいます。子供がいれば気も紛れますが、一人だと家で話すこともありません。愚痴を聞いてくれる人もいない…そんな人もいるかもしれません。結婚していた時の家庭の温もりが懐かしいと感じるようになる可能性も否定できません。

 

また、婚姻時は専業主婦でいつも子供と一緒だったのが、離婚後は自ら働くようになり、子供と接する時間も減ってしまい離婚を早まったかもと思うこともあるでしょう。ただ子供がいれば家事・仕事・育児とぼーっと考える時間もないくらい忙しいので、あれこれ考えなくて済むという方もいますね。

 

■離婚するメリット・デメリットをよく考えてみる

 

とにかく離婚したいと思っている時は離婚のデメリットを考えないものです。しかしそれが後になって大きな悩みに変わることだってあります。特に女性は離婚することで経済的な負担が大きくなります。慰謝料や養育費などが取り上げられますが、8割近くが未払い状態といいます。

 

また、結婚をしている時に働いていなければ、そのブランクも障害になり希望の金ぬ先への再就職が難しい場合のありますよね。子供が小さい時は、特に勤務時間にも制限がありますので、ある程度融通が利く職場と考えると、パートやアルバイトになることも視野に入れておく必要があります。

 

■子育てに対する不安

 

両親が離婚をして1番困るのは子供かもしれません。母親は片親になった子供に対して父親の分まで愛情を注ぎ、育児をしていくことになります。子供は学校で片親であることでいじめられたりする可能性も否定できません。そうなれば引きこもりになってしまうことも考えられます。

 

疲れて仕事から帰ってきても母親は落ち着く暇がありません。一方で大人の都合で離婚したことに後ろめたさや子供に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。離婚さえしなければこんな思いをしなくて済んだのにと後悔する場合もありますよね。

 

■後悔しないためにはどうすればいい?

 

では離婚をしても後悔しないようにするためにはどうすればいいのでしょうか? まずは後になって後悔しないように、心の準備をしっかりしておきましょう。あらゆる場面を想定したシミュレーションを立てて、対応策を考えておくことをお勧めします。

 

■結婚生活は無駄ではない

 

離婚は辛い選択ですが、婚姻中に感じたり、得たりしたことは無駄ではありません。自分を見つめ直して、次の人生を楽しめるように工夫しましょう。離婚は自分を成長させてくれます。納得して離婚をしたのなら、もう過去は振り返らないと決めておいた方がよさそうです。いつまでも過去を気にしていると後悔の気持ちが生まれてきてしまいますからね。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!