• HOME
  • ライフスタイル
  • 離婚したら苗字はどうなる?子どもの苗字の変更についてもまとめます!

ライフスタイル

離婚したら苗字はどうなる?子どもの苗字の変更についてもまとめます!

 

離婚したら、妻は旧姓に戻るか結婚時の姓を名乗り続けるか、どちらかを選ばなければなりません。また、子どもの苗字もどうするかを考えて決めておく必要があります。離婚後の苗字について決める時のルールやアドバイスについてまとめたいと思います。

 

■苗字と戸籍の切っても切れない関係

 

結婚すると夫婦は、新しい戸籍を作って一緒に入ることになります。しかし、離婚をすると、別々の戸籍に入ることになります。戸籍の筆頭者が夫で、夫の苗字(姓)を名乗ることを決めた場合には、離婚時に妻がその戸籍から外れることになります。

 

そうなると、妻は、自分が入る戸籍や苗字をどうするかを決めなければなりません。離婚したら夫と同じ戸籍に入っているわけにはいかないので、親の戸籍に入るか自分の戸籍を新しく作るかのどちらかになります。もし、親の戸籍に入るのであれば旧姓の苗字になりますし、自分の新しい戸籍を作るのであればそのままの苗字を名乗ることができます。

 

このように、苗字を変える時には、戸籍をどうするかについても考えておく必要があるのです。

 

■結婚前の苗字(旧姓)に戻る場合の手続きと注意点

 

離婚したら結婚前の苗字に戻ることが一般的であるようです。そのため、特別な手続きは必要ありませんが、結婚前の苗字に戻る時には2つの方法があるので、考えておく必要があります。

 

1…親の戸籍に入る

 

離婚すると、妻は親の戸籍に戻ることができます。その際の手続きとしては、離婚届の「婚姻前の氏に戻る者の本籍」欄の「妻はもとの戸籍に戻る」にチェックを入れて、親の本籍地を記入するだけです。

 

2…自分の戸籍を作ってそこに入る

 

離婚後、妻は親の戸籍に戻ることができますが、一つの戸籍には2世代までしか入れないことに注意が必要です。子どもがいて、親の姓を名乗りたいが、夫の戸籍に入れておきたくない場合には、この方法を取ることをおすすめします。というのも、一つの戸籍に親と自分と子どもの3世代は入れない決まりがあるからです。

 

この場合には、自分を筆頭者とする新しい戸籍を作る必要があります。本籍地は日本のどこでも構わないですが、親と一緒に住まず新しいところに移り住む場合は、新住所を本籍地にすると良いでしょう。旧姓(親の苗字)で新たな戸籍を作る場合の手続きは、離婚届の「婚姻前の氏に戻る者の本籍」欄の「妻は新しい戸籍を作る」にチェックを入れて、本籍地の記載をします。

 

■結婚後の苗字をそのまま名乗る場合の手続きと注意点

 

結婚していた時の苗字をそのまま名乗ることを「婚氏続称」といいます。離婚したら妻は旧姓に戻ることが原則なので、婚氏続称を希望する場合には、離婚から3ヵ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を本籍地か住所がある役所に提出する必要があります。

 

ただし、この届出をすると3ヵ月以内であっても取り消しが自由にはできず、やっぱり旧姓に戻りたいと思ったら家庭裁判所で「氏の変更許可」を受ける必要があります。事由によっては認められない場合がありますので、よく考えてから決めると良いですね。

 

■子どもを自分と同じ苗字に変更する場合はどうするか?

 

子どもがいる場合、離婚後子どもの親権を持つ母親が多いです。その場合には、自分と同じ戸籍と苗字にしておきたいと思う母親がほとんどでしょう。母親が旧姓に戻った場合と婚氏続称をした場合とに分けてみていきましょう。

 

1…母親の旧姓で母親と同じ戸籍に入れる場合

 

母親の旧姓で子どもも同じ戸籍に入れる場合には、離婚後に親の戸籍に戻るのではなく、母親自身の新しい戸籍を作る必要があります。同じ戸籍に3世代が入ることができないためです。

 

子どもは離婚しても夫を筆頭者とする戸籍に入ったままなので、「子の氏の変更手続き」を行う必要があります。手続きは、子どもの住所を管轄する家庭裁判所に、「子の氏の変更許可申立書」を提出します。書類は裁判所のホームページからダウンロードすることができます。申立書を提出して許可が下りれば、審判書が交付されますので、それを持って役所に子どもの入籍届を出すことで、子どもは母親の戸籍に入ることができます。

 

ただし、「子の氏の変更手続き」ができるのは、母親自身が親権者である必要があります。かりに子どもと同居していても、親権者でなければ申し立てをすることができません。また、子どもが15歳以上であれば子ども自身が手続きをすることになります。つまり、子どもが15歳であれば親の意思ではなく、子ども自身の意思でどちらの苗字にするかを決めることができるのです。

 

2…婚氏続称(結婚後の苗字そのまま)で母親と同じ戸籍に入れる場合

 

離婚しても何もしなければ子どもの苗字は変わらずそのままなので、妻が婚氏続称の手続きをすれば母親と子どもの苗字は同じです。ただ、子どもは父親の戸籍に入ったままなので、日々の生活に支障がないとしても、母親は自分の戸籍に子どもを入れたいと思う人もいるでしょう。この場合も、家庭裁判所で「子の氏の変更手続き」をする必要があります。

 

~まとめ~

 

結婚後に苗字を変えた人は、離婚後に苗字をどうするかをよく考えてきめなければなりません。色々と注意点もありますね。

 

・離婚後何もしなければ、親の戸籍に入り元の苗字になる

・婚氏続称は離婚届と同時に手続きするか、離婚後3ヵ月以内に

・婚氏続称の取り消しは家庭裁判所の許可が必要

・同じ戸籍に3世代が一緒に入れないので、旧姓に戻る人は新しい戸籍を作る

・再婚のことも考えて子どもを同じ戸籍に入れる場合には、「子の氏の変更手続き」をする

・自分が親権者である場合にのみ「子の氏の変更手続き」が認められる

・子どもが15歳以上であれば子どもの意思で苗字や戸籍をどうするかが決められる

 

このように期間や条件が決まっていますので、一度手続きをした後はその後の変更がとても難しいことがあります。よく慎重に考えて、離婚後は速やかに手続きをしておきたいですね。

 

 

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!