ライフスタイル

夫婦が離婚を考え直したきっかけとは?

シンママStyle編集部

 

配偶者からもう無理だ、別れてほしいと言われたらどうしますか? 開き直ってあなたが別れたいのなら別れましょうと言うか、泣いてすがりつくか。少なくとも冷静さをなくした状態では話し合いも無理かもしれません。

 

仮に離婚を考えるとしても、子供のこと、財産分与や養育費、住宅ローンはなど解決すべき問題が横たわっています。簡単に結論を出せるものではありませんよね。では一旦、離婚を口にした相手をどう考え直させる、あるいは考え直してもらえるのか気になるところです。

 

■男性は離婚を考え直しやすい?

 

男性は自分の気持ちが固まっていないにも関わらず離婚を言い出すケースが多いのです。女性は男性に比べて収入が少ないので離婚をした後の生活をイメージしやすいと言えます。そのため女性が離婚を申し出る時は既に気持ちが固まっていて男性に比べて考え直すチャンスが少ないと言えます。あえてリスクを冒してまで離婚をするなんて考えないのが女性に多いタイプです。

 

また女性は相手の気持ちを確かめるための最後の手段として「離婚」と言う言葉をちらつかせることもあります。本当は離婚したくない場合もあります。男性は勢いで「離婚」と言ってから冷静になって、家事や身の回りのこと、病気になった時のことなど思い始めると不安になります。

 

■離婚のデメリットをイメージする

 

男女問わず離婚をすれば独身に戻り気が楽だと思うかもしれません。しかしデメリットの方がはるかに大きいのです。

 

離婚原因が夫にあれば慰謝料を払う必要があります。また子供がいれば成人までの養育費、財産分与、住宅ローンや年金、婚姻費用、さらには弁護士費用や調停費用などがかかります。

 

そうした事実を踏まえないで離婚話を落ち出してきた場合は、再考の余地があるかもしれません。逆にそれらを了解した上で言離婚したいというのであればかなり離婚の意思が硬く、再考の余地すらない可能性があります。

 

■子供を手放すデメリット

 

親権は一般的には子供が小さいうちは母親になることがほとんどです。父親が親権を獲得するには日頃から育児に積極的に関わっているなどの事実が必要です。親権のない父親は面会交流権を使い子供と定期的に会うことができます。

 

ただ子供が成長するにつれて事情が理解できれば、もう会いたくないと言い出すことだってあります。再婚すればいいのですが、一人のままだと孤独を感じて生きていく事になります。小さい頃は子供にも父親がいない寂しさを味わせてしまう事になります。

 

■社会的デメリット

 

今時バツイチは珍しいことではありませんが、女性と男性では世間での受け止め方に温度差があるようです。家庭を守れなかった男性に重要ポストを任せられるのか、そういったリスクもあるようです。また離婚について色々な噂話がまことしやかに広がる可能性も否定できません。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!