ライフスタイル

知っておきたい!離婚を迫る夫の心理とは?

シンママStyle編集部

 

日本では3組の内1組が離婚をすると言われて随分経ちます。離婚をしたいと願う夫の心理について気になっている方も少なくないと思います。今回は夫の離婚心理について解説します。

 

■離婚をしたがる夫の心理とは

 

熱烈なラブコールから時を経て結婚。幸せを手に入れこのまま続くと思っていた結婚生活が、突然前触れもなく夫の一言で崩れてしまう。この時の夫の心理はどういったものなのでしょうか?

 

本来、男性は仕事をこなしてたくさん稼いで家に持って帰る、その時の喜ぶ女性の姿に自信(プライド)と愛情を感じるものです。しかし、女性も社会進出して男以上に仕事をこなして稼ぐ時代。その心の中に生まれたギャップに憔悴して、次第にコミュニケーションがなくなり離婚へと夫の気持ちが傾いて行く場合があります。

 

家族を思い頑張って遅くまで働き、疲れて帰って来ても、いたわる言葉も少なくなる妻。妻だって仕事をしていれば疲れることもあるでしょう。でも、会社での辛い思いや家庭での冷めた雰囲気に夫は自分の存在感を見失うこともあります。

 

家にいても妻の顔色を伺う日々では、だんだん心を許せる場所がなくなっていく感じがするのです。そして外に安らぎを求めたり、自分の殻に閉じこもるようになると妻との離婚を考えるようになります。

 

■離婚をしたがる夫の特徴

 

離婚を密かに考えている夫の行動にはいくつかの特徴があります。例えば、家にあまりいたくないから、休日も仕事だと行って外出する。平日は夜遅くまで仕事や付き合いだと言いながら帰ってこない。食事も妻と一緒にすることが減っていきます。

 

それら全て自宅で気を遣ってまで妻といたくないという心理から起こるものです。外でも家でも気を張って生活しないといけないとなると誰だって逃げ出したくなるものです。あるいは夫が浮気をしていることも考えられますよね。

 

こうした状態が日常継続している場合は注意が必要です。自分を見失い始めると、今度は自分らしい人生を取り戻したいと思うようになります。夫が離婚を口にし出すのがこの時点が一番多いのです。

 

■妻はどうする?

 

もし夫から離婚したいと言われたら妻はどうすればいいのでしょうか? 別れたくない妻は夫に泣きつくかもしれません。しかし、それは夫をかえって離婚へと走らせる行為にほかなりません。

 

とにかく夫は一人になりたいのです。すがったり、責めたりしても解決にはならない可能性もあります。とにかく男のプライドを傷つけないことが大切です。

 

■別居してみる

 

夫婦関係がうまくいかないのなら別居をしてみる方法もあります。一定の期間を一人になって過ごすことで、家族のありがたさや、感謝の気持ちが生まれてくるかもしれません。別居してみて気持ちに変化が出て来ない場合は、お互いのこれからの人生を大切にするために、離婚をするのもいいかもしれません。

 

★まとめ

 

離婚をしたい夫の心理についてみて来ました。夫婦であっても元はと言えば他人同士。

育った環境も考え方も違います。確かに夫婦のコミュニケーションは大切ですが、それだけで問題が解決しない場合も少なくありません。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!