ライフスタイル

しっかり資産運用! 投資でシングルマザーの将来も安泰!

家計を支えるうえで資金繰りに困っているママにおすすめしたいのが「株式投資」です。ここでは、株式投資の初歩から慣れてからの上手な資産運用についてご紹介します!

■スキマ時間で副収入! まず何から始めればいいの??

投資といえば起業や賃貸物件購入による家賃収入も投資ですが、流行り廃りがあり失敗すると大損失するというリスクがあります。子どものため、将来の老後資金のためにも無駄なくお金を増やしていきたいですよね。

株式投資は投資のなかでもローリスク。緩やかではあるものの、着実に資金を増やすことができる効率のいい方法です。

では投資を始めるにあたって最初は何をしたらいいのでしょう? 投資を始めるにはまず、証券会社に行って口座を作りましょう。最近はネット証券が人気で、証券会社に行く時間がないシンママも主にネット証券で取引しています。

口座ができたら次は実際に株を買ってみましょう。1万円~でも投資できる会社もあります。1つの会社だけでなく、最初でも3社は投資することをおすすめします。株価が下がったときのリスクも考え、複数の会社に投資し動向を狙っていく事がプラスにつながるからです。1つはダメでも、もう1つの会社の株が上がることで損失をカバーでできるからです。

ちなみに株を買い、その動向をチェックするという練習をするのに1000円台の株もありますがあまり推奨はできません。もし購入をお考えなら、ニュースや新聞をチェックして、リサーチが済んでから購入しましょう。

■株の取引手数料にご注意

株の取引には株主と会社の間に証券会社が仲介として手続きを行っており、株主は株の売買に際し証券会社に対して手数料を支払わなくてはなりません。

この手数料、実は一律ではありません。例えばあなたが100万円相当の株の購入をした際、大手証券会社が取る手数料は約1万2000円。対してネット証券の手数料は525円と、1万円以上の差額が発生します。

このようにコスト面のみ見るとシンママなら俄然ネット証券!と思いますよね。ですが大手だと顧客1人1人にアドバイザーがつくので初心者でも安心という面も。ネット証券だと相談相手がいないので、株に詳しい人と相談しながら買いたい人は大手証券会社をお選びください。

■ちょっと待った! その株、大丈夫?

「この株安い♪ 買ってみようかな」と思うような、100円を割り込んだ安価な銘柄には手を出さないことをおすすめします。100円を割り込んでいる銘柄については、株式市場において倒産のリスクを持った銘柄の可能性もあります。

株価が乱降下する恐れがあり、明日にもその会社は倒産するかもしれません。ちょっと表現が極端すぎたかもしれませんが、お金を1円でも無駄にしたくなければ、手を出さないほうがいいかもしれません。

次に、社名が2回3回と続けて変わっているような会社の株は注意しましょう。その会社を調べてみて、合併による名称変更であれば問題ありませんが、そのような形跡がなければ、その会社は売り上げ低迷を隠すために社名変更をしているだけの会社である可能性が非常に高く、信頼度に欠けます。

株価が100円を割り込んでいて、しかも何回か社名変更していたら買わないほうが無難です。

■投資に慣れないシングルマザーなら、子育て世帯にうれしい株主優待!

上記で説明したような投資には、自信も知識もない不安なママも多いでしょう。株式投資に不安があるなら、初心者でも始めやすい株主優待はいかがでしょうか。子育てママにもうれしい特典や商品がもらえる会社もありますので、一部を紹介します!

■株主優待って何?

株主優待って聞くと、企業から何かもらえるイメージがありますよね。まさにその通りで、株主優待とは、企業が自社の株を購入してくれた株主に向けて商品やサービスなどの優待品を贈る制度です。

◎実際に株主優待を始めるには?

証券会社に口座開設する→入金する→買い注文

という流れになります。企業のトップページから株を買うという流れはありません。優待の権利を獲得したら、約2カ月で株主優待が届きます。ただ、証券会社に登録することにハードルを感じるママは、フリマアプリを利用してお得に手に入れる方法もありますよ。

スタンダードな方法では証券会社選びからスタートしなければなりませんが、上述したとおり、手数料が安いところと高いところといろいろあります。しかし、ある程度知名度があり、信頼できる会社を選びたいものです。キャンペーンを行っているときもありますので、その機会を利用するといいでしょう。

■株主優待を受けるときの注意点

実際に株主優待をもらうためには、条件があります。企業が決めた「権利確定日」までに株主でなければなりません。実際には権利確定日の3営業日前までになります。月末に権利確定日を設定している企業が多いようですが、よく日にちを確認しておかないと、もらい損ねてしまう可能性があります。

また、株主優待がもらえる日が近づくと、優待品をねらった人が集中して株価が上がってしまうことがあります。損をしないためにも、その日よりも前に余裕を持って買い付けしておくか、権利付き最終日が過ぎるタイミングで買うほうがお得かもしれません。月によってもらえる品やサービスが違うので、あらかじめチェックをしておくといいでしょう。

また、企業によっては、業績が悪化したり経営状況が悪くなったりすると、株主優待を打ち切ってしまうところもないとはいえません。企業単体に限らずとも、業界時代が不景気になることも考えられます。そのため、一カ所のみに集中せず、分散投資でリスクを分散させることが無難といえます。まず株を購入したら、その企業の動向もチェックしておきましょう。

■みんなはどんな視点で株主優待を選んでいる?

子育てママは、教育費や住宅費を最優先に考えている人が多いようです。そのため、それ以外の部分をカバーできるように、生活に密着した企業を選ぶ傾向にあります。イオンなどの量販店やドラッグストア、家電メーカー、外食産業などの人気が高いです。

また、小さな子どもを育てるママに特化すると、子育て用品や子どもへのプレゼントになるような企業(西松屋、サンリオ、タカラトミーなど)が人気です。

■「投資の考えは人それぞれ」

上記でご紹介したようなことばかりが投資ではありませんよね。学資保険や習い事も子どもの未来のためには大事な投資です。子どもと楽しむために出かけたり旅行したりする費用も言い方を変えれば、大事な投資です。

節約して貯金する方もいれば、習い事を複数かけもちさせる一方、月に1回は遊びに行くなど、何に投資するか(お金を使うか)という考えは人それぞれでいいと思います。

過ぎてしまった時間はいくらお金を投資しても返ってきません。貯金をすることも大事ですが、自由に使えるお金があり今を楽しむために投資することも悪いことではないと思います。

何に投資をするのかということに、正解や不正解はないと思います。損をしたり後悔しないために、一度にたくさんのお金を投資に使うことはあまりおすすめしません。ですが、旅行など思い出作りのために少し高いお金を投資するのはいいのかなと思います。子どもが子どもである時間、一緒に過ごせる時間や思い出はプライスレスです。

(文/ゆー、namiki、まりか 編集/シンママStyle編集部 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!