• HOME
  • ライフスタイル
  • 【体験談】シンママの私が離婚に悩み踏み切れず、それでも離婚を決心したワケ【2選】

ライフスタイル

【体験談】シンママの私が離婚に悩み踏み切れず、それでも離婚を決心したワケ【2選】

シンママStyle編集部

 

様々な理由で、女手ひとりで子供を育てているシングルマザーは年々増えています。私自身、子どもが1歳5か月の頃に離婚し晴れて(?)シングルマザーとなりました。年が9個上の元夫とは、私が10代の頃に出会い、交際4年目で妊娠が分かり結婚に至りました。

 

ギャンブル狂いでお金にも生活にもだらしなかった元夫。付き合っている時もお金の話になってはよく喧嘩をし、くっついたり離れたりを繰り返していましたが、それ以外は優しく面白い元夫と一緒にいるのが楽しく、結婚を決心できずにはいましたが「いつかこの人と結婚するんだろうなー」と漠然と思っていた頃に妊娠が発覚しました。

 

子どもを授かったことで自分自身にも責任感が芽生えましたし、元夫に対しても「変わってくれるだろう」と期待もあり、これから過ごす『家族3人の幸せな家庭』になんの疑いもなく信じ、初めて地元を離れ結婚生活が始まった矢先に、元夫がサラ金から3ケタの借金があることを知ってしまったのです。

 

恋愛と結婚は違い、お金にだらしないことは分かっていたものの、このことがきっかけで元夫に対し嫌悪感しか抱けなくなり、結婚当初から夫婦仲は最悪でした。

 

結婚を機に転職した夫の勤め先もかなりのブラックで、朝6時出勤し帰りは午前様になることが多く、休みも3か月なかったこともありました。子どもが生まれてからもほぼひとりで育児をするストレスや、これから先の生活の不安などを、言葉も選ばず元夫にぶつけては喧嘩を繰り返し、思い描いてた『幸せな家庭』とは程遠くなっていて、毎日離婚のことばかり考えていました。しかし、離婚を決心するまでに私が離婚を踏み切れなかった理由は2つありました。

 

・ズバリお金

 

学歴も資格もなく、離婚しても女手一つで、どう子どもを育て生活していけばいいのか不安しかありませんでした。

 

しかしこのまま結婚生活を継続していても、ほぼワンオペでの育児だったのと、お金の不安は拭いきれるものではなかったので、まず保育園探しから始め運よく認可の保育園が決まり、その近くにあったパチンコ店に面接にいきました。

 

これから母子家庭になる予定があることと、

・日曜祝日は休みがほしいこと

・早番の時間帯でしか働けないこと

・子どもの都合で急な欠勤、早退、遅刻があるかもしれないこと

シングルマザーが仕事をするうえで最低限の要望を伝え採用となりました。

 

アルバイトでしたが福利厚生もしっかりしており、仕事を始めてからは子どもの繰り返す体調不良などで思い通りに働けないことが多く、やはり金銭面的には大変でしたが、急な欠勤も有給扱いにしてくれたり、迷惑はかけましたがたくさん助けられました。

 

パチンコ店は他の仕事に比べ時給も良く、休まず働けた月は16万円ほど手取りでもらえていたので、それとプラス手当で贅沢をしなければそれなりに暮らせていました。騒音やタバコの匂いは気になりますが、シングルマザーにはとてもオススメの職場です。

 

・父親を知らずに育つ

 

離婚をすることで『子どもが父親を知らずに育ってしまう』ということがお金の不安より1番ネックでした。

 

幼稚園や学校の行事で両親揃って参加できないことを子どもが寂しがったり、将来子どもが親になるときになにか弊害があるんじゃないか…などなど、とても考え悩んでいました。そんな中、両親が不仲な環境に身を置くことの方が子どもにとって悪影響ということ、実家のおじいちゃんでも父親代わりになれることを専門の方からアドバイスしてもらえました。

 

今でも週末にはよく実家に帰りおじいちゃんに相手をしてもらったり、保育園の行事に参加してもらったり、こういった実家の両親の助けがあるおかげで、今のところ父親がいない負い目を感じず子育てができています。

 

子育ては父親がいなくてもできますが、誰かの助けなしにはしんどいものがあります。頼らず頑張ることも立派ですが、両親の好意を素直に受け取ることも子どもの為になるでしょう。

 

シングルマザーになり子供を育てていくことは相当な覚悟がいりますし、思った以上に大変ですが、「今が幸せ!」と言えるシングルマザーはとても多いです。私自身、「この決断が正しかった!」と胸を張ってこどもと笑顔の多い家庭を築いていけるよう、これからも頑張っていくつもりです。

 

 

(文/ねこみや 画像/123RF)

 

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!