ライフスタイル

離婚を受け入れた妻…後悔はありますか?

シンママStyle編集部

 

夫から離婚を切り出されたら妻は簡単に受け入れられるのでしょうか? 結果受け入れたとしてもそこにはかなり壮絶な葛藤があるはず。どうやって離婚を受け入れることができたのでしょうか? 今回は離婚を受け入れるまでの妻の心情をまとめてみようと思います。

 

■離婚を受け入れられない理由

 

夫からいきなり離婚を告げられると妻は将来に対する不安を抱えることになります。離婚後、今と同じように生活できるのか? 多分それは厳しいと言えます。でもそれがどの程度のものなのか想像ができないでしょう。ましてや子供を引き取るとなるとどうやって生活していくのか途方に暮れます。

 

また、突然の離婚話をされても妻には夫への未練があるかもしれません。夫が好きなのに別れなければならない現実をどうしても受け入れられないでしょう。何よりも一方的な離婚は自分の人格さえも否定されているような気持ちになります。理不尽な夫の態度に頑なに離婚を拒否しようとするかもしれません。

 

■離婚を受け入れるためにはどうするのか

 

難しいとわかっていても、離婚を受け入れるしかない場合もあります。夫を責めればますます気持ちが離れて行き、自分のどこに問題があったのだろうと思い悩み、自らを責め続けて精神的に病気になることもあります。

 

辛いけれど、このまま形だけの夫婦関係でいて果たして幸せなのだろうか。離婚を受け入れない妻に嫌気がさして次第に冷たくなる夫。それがDV やモラハラへ発展することもあります。離婚しないと頑なまでに拒否して夫の気持ちがもうここにないのなら、愛情が既になくなってしまったのなら夫婦を続けること自体無意味です。

 

それよりも離婚をして人生をやり直す方が、多少苦労があっても相手の顔色を伺い、詮索しながら生活するより幸せだと思う時が来ます。その時、離婚を受け入ればいいのではないでしょうか?

 

■離婚に同意してからの夫婦関係

 

離婚に同意してから夫婦関係がうまくいようになったという話はよくあります。中には思い直して離婚をやめる夫婦もいます。

 

反対に離婚に向けて話し合いを始める中で、限られた夫婦としての時間を楽しもうと食事に行ったり、映画を見たり、旅行に行ったりする人もいます。お互いに何か気持ちが吹っ切れたのかも知れません。

 

もう関係は元には戻りませんが、憎しみ合って離婚するよりはましでしょう。もう相手を独占しようとか、よこしまな感情から解放されれば、実は親友のような関係になれることもあるのです。

 

不安を言い出せばきりがありません。夫婦でいても不安は付きまとうのです。でも離婚に同意することで、ようやく自然体で相手を見つめ、次の新しい人生を前向きに生きようと思えるようになるのかも知れませんね。

 

★まとめ

 

夫からの離婚の申し出に驚き、悩み苦しんだ妻。初めて聞いた時は到底受け入れられないという気持ちが強く、何が問題なのか、相手を責め立てたり、自分を責めたりと責任の所在探しに躍起となります。

 

でもその状態は自分をさらに苦しめ、夫の気持ちを余計遠ざけることになるだけです。努力しても元に戻らないことはあります。そうした時に自分や周りを責めるのではなく、受け入れることで夫も今度は妻の将来について考え、力を貸してくれるでしょう。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!