ライフスタイル

私は離婚したくない!離婚を思いとどまらせる方法はある?

 

一度離婚のスイッチが入ると、それを思いとどまらせるのは簡単ではないかも知れません。でも離婚協議を続けるうちに、やはり夫婦としてやっていこうと思いとどまるカップルも少なからずいます。今回はそんな離婚寸前のカップルが離婚を思いとどまった原因は何かを見ていきましょう。

 

■思いとどまらせたのは経済的問題

 

もうこの人とは一緒に居たくない、夫婦でいることが苦痛以外のなにものでもないと思ったところで、冷静に考えてみて下さい。これまできちんと生活費の管理を任せてくれていた夫。その中でやり繰りすれば何とか食べていけたのが、離婚をすればあなた自身が生活費を稼がなければなりません。

 

小さな子供がいれば思い切り働きたくてもどうしても制限があります。シングルマザーが住宅を借りることさえ、OKを出さないオーナーもいるくらいです。さらに一般的に慰謝料や養育費は低く、それだけで生活してはいけません。専業主婦やパートをしていて離婚をすれば、生活が困窮するのは目に見えています。

 

結婚当時は愛情があっても、長く一緒に生活をしているとそれが「情」に変化してきます。いつまでも愛情あふれる夫婦関係を夢見ていたとしたら、それは簡単なことではないかも知れません。好きという気持ちがたとえなくなっても、それで愛情がなくなったことにはならないのです。

 

■離婚を切り出したら相手の態度が変わった

 

もしあなたが夫に離婚話を切り出したらどうでしょう? すぐに承諾してくれる人はほとんどいないでしょう。それよりも妻に離婚を思いとどまるよう説得するのではないでしょうか?

 

あるいはこれまでいたらなかった自分の態度を改めて、家族サービスや育児にも積極的に参加するようになるかもしれません。これまでしてこなかったことを始める夫。それが離婚を思いとどまらせる行為だとしても、微笑ましいじゃないですか?

 

■子供がきっかけで離婚を思いとどまった

 

喧嘩ばかりする両親を見ている子供の表情は暗いのです。どう対応すればいいのか子供には理解できません。大人の都合で離婚をすれば子供は片方の親とは会えなくなることだってあります。

 

親なら子供が塞ぎ込む姿を平気で見ていられるでしょうか? 我慢できるところは我慢して、相手のいいところも見つけてもう少し頑張ってみようと思うケースもありますよね。

 

■夫婦の会話が一番大事

 

離婚を思いとどまらせる方法としては、自分は離婚を望んでいないこと、関係修復を望んでいることを相手にちゃんと伝えることです。決して意地を張ったりしないこと。夫婦危機もお互いが歩み寄り、努力をすれば乗り越えられることだってあります。会話はそれほど大切なのです。言わなければ相手に気持ちは伝わらないのです。

 

★まとめ

 

離婚を思いとどまらせる方法について見てきました。このように女性の場合、離婚をして生活が成り立つ保証はありません。シングルマザーの7割近くが非正規労働者だと言われています。やはり経済的理由が離婚をとどまらせてくれているのかも知れません。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

 

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!