• HOME
  • ライフスタイル
  • 離婚前の別居のメリット・デメリット! ウィークリーマンション別居がおすすめ?

ライフスタイル

離婚前の別居のメリット・デメリット! ウィークリーマンション別居がおすすめ?

離婚を考えている人はまず何から行動しますか? 別居して離婚調停を行う方や、一緒に暮らしながら徐々に離婚準備を進める方などさまざまだと思います。

別居しながら離婚準備を進めるメリット・デメリット、一緒に暮らしながら離婚準備を進めるメリット・デメリットをご存知ですか? どちらにも良い部分と悪い部分がありますので、一概には決められませんよね。

婚姻関係にあるうちは生活費を配偶者から受けとることができると法律で決められていますので、別居時も請求すれば受け取ることが可能です。病院費用や生活費、子どもがいる場合は養育費もその費用に含まれているようです。

一般的には家庭裁判所が出している算定表を参考にすることが多いそうですが、そこは各家庭で話し合うことが大切だと思います。

そこで今回は離婚時に別居をすることのメリット・デメリットをお話ししたいと思います。

■離婚時に別居をすることのメリットとは!? いち早く子どもとの生活を安定させることができます

離婚時に別居をするとその分子どもとの新しい生活を始めることができ、生活をより安定させることができますよね。

パートナーとの離婚原因にもよりますが、パートナーと一緒に生活することがどうしても難しい、DVやモラハラで一緒に生活することが精神的に厳しいなど理由はさまざまですがお母さん自身を守ることができるのは確かですよね。

また、別居をしていても完全に離婚したわけではありませんので婚姻費用の請求が可能です。婚姻が継続されている間は、パートナーから生活費を受け取ることができるという法律が存在し、生活費や子どもの養育費を受け取ることができます。

家庭裁判所(東京 大阪の裁判官の共同研究の結果の資料)が出している婚姻費用算定表を確認すると、子どもが一人で0歳~14歳の場合、支払い側の年収が300万でおよそ2万~3万、相手の年収が1000万で8万~10万とされています。

婚姻費用を受け取りながら仕事や保育園を探すことができ、生活の基盤を作っていくことができるのは大きなメリットといえますよね。

■離婚時に別居をすることのデメリットとは? ずっと別居するとどうなるの?

反対に離婚時に別居をすることで起きるデメリットをお話ししたいと思います。これは実際に筆者である私の友人のケースなのですが、その友人は旦那の不貞行為が原因で離婚を決意、パートナーが家を出ていくかたちで別居がスタートしました。

しかしながら、その後離婚に応じてもらえないうえに婚姻費用を払ってもらえず、生活は本当に苦しいものでした。離婚が成立していなければ母子手当(現児童扶養手当)も受け取ることができませんので本当に早く離婚したい!と弁護士を雇って離婚を成立させていました。

また、保育園は保護者の収入によって保育料が決まりますよね。離婚をせずに別居を続けていると、パートナーの給与分まで保育料を決める際に含まれてしまいますので家庭への大きな負担になってしまいます。

また、ミュージシャンの内田裕也さんと女優の樹木希林さんが別居婚のまま約40年の時程を過ごしたことは皆さんご存知ですよね。内田裕也さんが勝手に離婚届けを提出した際には離婚無効の控訴を起こして勝訴しています。

このように別居をしていても夫婦としての家族のかたちを続けるという選択もありますが、難しいのが現実です。

現在は離婚前別居でも死亡・生死不明などのほかに父または母が1年以上放棄している児童、DV防止法による保護命令を受けた児童等は母子手当(現 児童扶養手当)の対象に含まれます。

このように、離婚前別居期間であっても特例により母子手当(現 児童扶養手当)を受けとることが可能ですので、もし離婚を考えているけれど経済的な理由で諦めてしまっている方は行政などの支援や助成を受けることのできる施設で相談してみるのもいいかもしれません。

■別居を考えるなら「婚姻費用算定表」を活用しよう!

別居中であろうと、婚姻期間中は収入の多い夫は、妻の生活費を負担する義務があることは上記で説明した通りです。法律上では、収入の多い配偶者は収入の少ない配偶者に対し、「同程度の生活を営むため」に生活費を分担する義務を負っています。

つまり、たとえ離婚に向けた別居であっても、離婚が成立するまでは収入の多い夫に対して生活費の補助を請求することができるのです。離婚も別居もしたくない夫からしてみれば酷な話ではありますが、夫婦間の事情から、お金の心配はありつつもすぐに別居を開始したい場合には、この制度を思い出してみましょう。

◎もらうべき額の相場は「婚姻算定表」でチェック

気になるのは、実際にどれくらいもらえるかという点。夫婦間の話し合いで合意がなされれば自由に設定することができます。また、合意した内容は後々支払いを拒否されるトラブルを防ぐため、書面もしくはより法的効力のある「公正証書」に残しておきましょう。

一方、夫が支払いに協力的でない場合や、支払額の根拠を求めてくるような場合は、東京裁判所がウェブサイトにて公開している「婚姻費用算定表」を活用するのがおすすめです。

詳細はこちら▶http://www.courts.go.jp/tokyo-f/vcms_lf/santeihyo.pdf

これは、東京と大阪の裁判官が共同して作成したものであり、家庭裁判所や調停でも参考にされています。この表を使えば「婚姻費用」、すなわち別居中にもらうべき生活費はいくらが妥当かを調べることができます。

一見、細かい数字が羅列された表で分かりにくく思えますが、調べ方はそんなに難しくはありません。数ページにわたって似たような表が並んでいますが、これは子どもの人数(0〜3人)と年齢(0〜14歳と15〜19歳の2区分)ごとに細かく分かれています。まずは、自身の家族構成に該当する表を目次の中から探してみましょう。

下の抜粋とともに、見方をご説明していきます。

上記の表は、「表10」の子どもがいない夫婦に該当する婚姻費用の算定表です。縦軸が「義務者の年収」、つまり収入が多く相手に生活費を分与する義務を負う方の年収です。横軸が収入が少なく、分与される側の「権利者」の年収となります。

例えば夫の年収が500万円で、妻がパート勤めで100万円の年収を得ていたとします。この場合、縦軸に義務者である夫の年収をとり、横軸に権利者である妻の年収をとります。それぞれが交わるところを見ていくと、「6〜8万円」と書かれた白色の帯の部分にぶつかります。つまりこの場合は「月々6〜8万円の生活費を保証するべき」ということになります。

◎夫が婚姻費用の支払いを拒否する場合

どうしても夫が別居中の婚姻費用の支払いに応じない場合は、家庭裁判所に「婚姻費用分担請求の調停」を申し立てることが可能です。調停証書を取得できれば、相手が支払いを滞らせても財産の差し押さえなどによる強制執行が可能になります。あくまでも、婚姻費用の支払いは法律上の義務なので、きちんとした手続きを踏めば獲得できる財産です。

■離婚を考えるのに最適なウィークリーマンション別居

離婚を考えていて、とりあえずお互い距離を置いて冷静に考えてみたいと思うなら別居をする選択肢があることは上述したとおりです。しかし、わざわざ普通の住宅を借りるのは高くつきますよね。当面でいいのですから、ウィークリーマンションを借りるという手もあります。

◎ウィークリーマンションで別居生活

ご存知のようにウィークリーマンションは短期間住むことを前提とした賃貸マンションです。必要な生活道具も揃っているので、着の身着のままでも住める便利なマンションです。とくに別居をして冷静にこれからのことを考えるなら、コストをかけずに特定の期間だけ住むことができるウィークリーマンションがおすすめです。

通常、普通の住宅を借りる場合は敷金・礼金などで数十万円の初期費用(←資金)が必要になります。わずかな期間住むのには勿体無いですよね。

◎ウィークリーマンションのメリット

・週単位でも借りられる

・敷金・礼金不要

・光熱費は賃料に含まれているので月々払う必要ない

・家具・生活用品は揃っているので買い揃える必要がない

・長期で契約すれば割引もきく

・お部屋のタイプもさまざまなので一人なら低いランクの部屋を借りれば低コスト

・自炊ができるので生活費も抑えられる

・女性一人でも安心のセキュリティ

◎一時的に離れてみる

実家が遠くにある場合は身を寄せるのも大変です。また実家に迷惑をかけるかもしれません。完全別居ではないなら住んでいる家から遠くない範囲でウィークリーマンションを借りて別居をするのもいいでしょう。気になる子どものことですが、家から離れていなければ通園・通学にも支障はないので安心ですね。

◎離婚か修復かどちらにしても

離婚してもしばらくはウィークリーマンションで過ごすことも念頭に入れておいた方がいいかもしれません。正式に離婚をしたからといって新しい住宅が見つかるとは限りません。また離婚直後は気持ちも落ち込んで新しい住居を探す気力がないかもしれません。たとえ見つかっても電気製品や家具を買ったり、引っ越しは何かと大変です。

離婚したばかりでそれらをこなすのは精神力と体力もいる大仕事です。そこでしばらくはウィークリーマンションで過ごしながら気持ちを落ち着かせる。そういった使い方もありですよ。

■注意したいこと

注意したいことは自宅から離れすぎた場所を選ばないようにすることです。あくまで別居はお試しで! 自宅から離れて遠くに住むと気持ちも離れてしまい、夫婦で会う機会がなくなることもあります。本格的な別居とは異なる点を理解してウィークリーマンションを借りましょう。

☆まとめ

今回は、別居についてご紹介いたしました。とくに専業主婦の方やパート勤務の方にとっては、家賃の大きさから非常にハードルが高く思える別居ですが、今回の記事では生活費は請求できることをご紹介いたしました。ウィークリーマンションの活用もいいですよね。

心底嫌いになってしまった相手と無理やり一緒に暮らし続けるのは、精神衛生上いいとはいえません。無理をして心身に影響をきたすくらいなら、思い切って別居してみるのも一つの方法です。

(文/音葉、こまち、ルーミス 編集/シンママStyle編集部 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!