離婚を忘れて新しい人生を歩むためにできること

実際に離婚をした人はなかなか前向きになれないケースが多いです。精神的にも肉体的にもダメージが大きいので立ち直るのに時間がかかる人もいます。しかし、気持ちを切り替えることでその後の人生がこれまで以上に幸せになることもありますよね。

タグ: ,

 

夫や妻の不倫、暴力や性格の不一致、借金や経済的な問題など夫婦が離婚を決めるのは色々な理由があります。努力しても修復の見込みがなければ最終的に離婚を選択します。世間では離婚はまだまだマイナスのイメージがありますね。

 

そのため実際に離婚をした人はなかなか前向きになれないケースが多いです。精神的にも肉体的にもダメージが大きいので立ち直るのに時間がかかる人もいます。しかし、気持ちを切り替えることでその後の人生がこれまで以上に幸せになることもありますよね。

 

■離婚後の気持ちをプラスにする

 

離婚をしたことはあまり人に知られたくないと考える人は少なくありません。でも前向きな気持ちになるためには、あえて離婚をしたことを公言することもありかも知れません。離婚をしたという事実を自分なりに受け止めて、前向きになるためには大切なステップです。

 

「わたし離婚をしました」と堂々とした姿勢をとることで、周りの人も気を使わなくて済むので人間関係もうまく可能性が高いです。

 

■人は財産

 

離婚を契機に元配偶者を通して知り合った友達や職場の人との交流を一方的に断ち切る人がいます。でも本当にいいのでしょうか? 例え離婚をしても縁があって知り合った人たちなのです。今後の人生に何かプラスの影響を与えてくれる人かもしれません。

 

何より交流を自ら断ち切るということは、離婚に翻弄されている状態かも知れません。吹っ切れた気持ちで新しいスタートを切るのなら、人とのつながりを大切にして生きて行くいくらいの余裕が欲しいところです。

 

■子供がきっかけ

 

あなたがシングルマザーで離婚後どう生きて行けばいのか迷う時、子供との対話を深めましょう。子供も子供なりに親の離婚に心を痛めているのです。そうした子供とコミュニケーションをとることで、子供と一体感が生まれます。

 

また子供は片親になっても自分は愛されていると確信が持てます。お互いに気持ちがプラスに働くことで、離婚を忘れて前を向いて歩いて行けるのです。

 

■ポジティブ離婚

 

最近離婚式をする夫婦がいます。様々な理由で離婚をしますが、最終的にはお互い明るく前向きにポジティブに離婚をしようというのが趣旨なのです。堂々と離婚を宣言することで、過去に別れを告げて勇気が湧いてくるという人もいます。

 

こうして別れた夫婦はその後も友達のように付き合うこともあります。「離婚」という選択が新しい価値を持ち始めているのです。

 

■離婚は早い方が人生設計も立てやすい

 

離婚は実は早い方が人生設計にプラス効果をもたらします。結婚生活が短いということは社会復帰もしやすく、また新しいパートナーを見つけるチャンスだってあります。また離婚後の塞いだ気持ちを、仕事をすることで忘れることができ、そして仕事ぶりが評価されれば自信につながります。

 

気持ちに余裕が出てくれば、積極的に好きなことを始められるかも知れませんね。

 

★まとめ

 

離婚をどう捉えるかがその後の人生に大きな影響を与えます。また離婚を公言することで気持ちが前向きになれる人もいます。離婚をいうとマイナスのイメージがありますが、離婚をして幸せになる人もいます。

 

大切なのは離婚後、「自分は幸せになるんだ」という強い気持ちです。その前提として離婚後の生活を安定させること。そのためには離婚前に離婚の条件について話し合って、悔いが残らないようにしておくことが重要です。

 

後悔のない決断をして、気持ちをプラス思考に切り替えて、今まで以上の幸せを見つけましょう!

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

 

タグ: ,
シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら