離婚したい方必見! 別れ際に注意したい点とは?

ここでは離婚の際にやるべきことをまとめておきました。離婚を後悔をしないためにも是非参考にしてみて下さいね。

タグ: ,

 

離婚をする夫婦には様々な事情があります。中には離婚をして後悔する人も少なくありません。その原因はあまりよく考えずに、勢いで離婚をしてしまったケースです。際

 

■離婚をする際にやっておくべきこと

 

◎財産分与

財産分与とは婚姻後に夫婦で築いた財産を平等に分けることを言います。離婚の際には財産に該当する預貯金・不動産・株式・年金などをどのように分けるか決めておきます。財産分与の支払いが滞るケースもよくありますから財産分与の内容は公正証書にしておきます。

 

財産分与の請求は離婚後2年以内ならいつでもできますが、離婚してからだと話し合いに応じなかったり、離婚したのにわざわざ会うのが億劫だということもあるので離婚前がおすすめです。

 

◎親権問題

離婚届を提出する時に、子供の親権はどちらが持つか記入する欄があります。子供の親権を誰が持つのか決めなければ離婚はできません。親権をめぐって裁判になれば解決まで時間もかかります。

 

特に大きな支障がなければ、母親が親権を確保するのが一般的です。もし、父親が親権を取りたいなら日頃から育児に関わり、十分、子供を育てていける環境であることを証明する必要があります。

 

◎養育費

養育費は未成年の子供を養育するために必要な生活費や教育費のことで、成人するまで支払われます。大学生の場合は卒業までとなります。離婚して親権を持たない親が親権を持つ方に支払うことになります。

 

◎面会交流

面会交流は親権をもたない親が、離婚後に子供と会う権利を言います。これも離婚後に決めるのは避けましょう。離婚後は元夫婦で会う機会がほとんどなくなるからです。

 

離婚前に条件を決めていなかったり、決めていても会わせなかったりしたことが原因で、養育費が支払われなくなったケースもあります。

 

◎離婚後の生活をシュミレーションする

離婚後に働きに出る女性は婚姻中早めに準備をしておくことが大切です。親権を持って働く場合、子供の預け先も探さなければなりません。シングルマザーだと子供を抱えて仕事をすると、残業などができないなどの制約があるため就職活動しても思うような会社が見つからないこともあります。そのため婚姻中ならそういった心配も少なくなります。

 

また、新しく住む所と子供の保育園、職場の場所が今後重要になって来ます。それを踏まえて事前準備が必要なのです。

 

■離婚は後悔しないようにじっくり考えてから

 

離婚というものは自分の人生に訪れた大きな試練ですね。大切なことは後悔のない離婚をすること。上にあげた離婚前までにやっておくことがちゃんと出来ていたら、離婚しても後悔は少ないかも知れません。

 

一方で新しい生活のイメージがわかない、生活が不安、子育て・仕事・家事ができるかどうかわからないのなら今すぐに離婚はしない方がいいかも知れません。離婚の原因にコミュケーション不足があります。言わなくてもわかるだろうではなく、理解し合えるようにコミュニケーションを日頃から取ることが大切ですね。

 

★まとめ

 

離婚をする前にやっておくべきことをまとめてみました。もし離婚をして後悔をするようなら今はまだ離婚はしない方がいいかも知れません。じっくり考えて、離婚後の新しい生活がシュミレーションしてからの方が後悔は少ないと思います。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

タグ: ,