• HOME
  • ライフスタイル
  • 【体験談】経験者が語る!離婚して楽になったこと、逆に辛かったこと

【体験談】経験者が語る!離婚して楽になったこと、逆に辛かったこと

正直、離婚して楽になった面もあればそうでない辛い事も経験してきている訳ですが、今回は離婚して楽になった事をお話したいと思います。

タグ: ,

 

離婚を経験した事のある方なら共感してしまう事だとおもうのですが、離婚をして本当に良かったと思える人生を送りたいですよね。結婚生活中ずっと我慢してきた事や、元夫と言えど他人と生活をしてきたわけですから少なからず開放感や一人の自由を感じたのではないかな?と思います。

 

正直、離婚して楽になった面もあればそうでない辛い事も経験してきている訳ですが、今回は離婚して楽になった事をお話したいと思います。

 

■精神的な安心感や安定感、心のゆとりは離婚したからこそ得られたものかもしれません

 

現代の日本では約3組に1組の夫婦が離婚しているわけですが、離婚を否定的にマイナスに捉えるのかそれともプラスに前向きに捉えるのかで今後の人生も変わってきますよね。離婚理由は夫婦により様々ですが離婚をした事により結婚している時よりも楽になった事がありますよね。

 

小さいもので言えば夕飯を毎日頑張らなくて良くなった、子供と外食へ気軽に行けるようになった、洗濯物の量が減ったなど家事全般があげられます。

 

精神的な面で言えばやはり元夫と言えど赤の他人と暮らしていたわけですから大なり小なり気を使っていたわけです。しかしながら、離婚をした事により誰にも気を使わなくて良くなった点、それだけでも少なからずストレスが軽減され気持ちが明るくなりますよね。

 

■離婚後の将来への不安…シングルマザーが抱える悩みとは?

 

シングルマザーの貧困は社会問題にもなる程深刻で共働き世帯と比べるとおおよそ倍近く収入に差がでています。手に職を持っている場合や就職に強い国家資格を持っていない限り、働くことすら難しい状況があるのも事実です。そういった事からズバリ、離婚後のシングルマザーが抱える悩みとしては金銭面が大きいでしょう。

 

今は行政的支援も充実しており、令和元年11月からは児童扶養手当の振り込みが年3回(4月8月12月)から年6回(11月1月3月5月7月9月)に変更になり、より生活費として使いやすくなりました。

 

また、シングルマザー向けの就職支援マザーズハローワークの設置や資格取得支援の高等職業訓練促進給付金として毎月¥100,000が受け取れる制度が充実しています。離婚して生活が苦しくなるのは目に見えているが、何も行動を起こさず我慢し、現状維持が一番のストレスになってしまいます。

 

DV被害者に多い心理的要因なのですが、学習性無力感状態に陥り自分なんかがなにしても無駄…と思うのではなく小さなことからでも変わろうという心がとても大切です。離婚をしたからといってマイナスになるのではなく前向きに考える事で、また新しい道が見つかるかもしれません。

 

■離婚したからこそ出会えた物や人々周りの大切さを痛感します

 

離婚を経験するまでは当たり前に感じていた事が、離婚を経験する事によりこんなに大切なものだったのかと気づかされる場面が多々あるかと思います。例えば実の両親の有難みや友達・職場の皆さん・保育園・お子さんの学校の先生など身近で関わっている皆さんに支えられながら生きていたんだと実感させられます。

 

離婚後、実家に頼らず頑張っているお母さんもたくさんいる中で学校の先生たちと連携を取りながらお子さんを育てていますよね。離婚当初は自分一人で立派に育てる!と意気込んでしまいますが、お母さんも一人の人間ですし女性です。

 

毎日働いて子育てをして家事をしてとなると必ず身体は疲れてしまいますし、ゆっくりご飯を食べる時間やお風呂でリラックスする時間も必要です。そういう時にこそ自分一人で背負い込まずに周りの手を借りる事が楽しい子育ての第一歩だと感じます。

 

お子さんと楽しく毎日を過ごす事が一番大切な事ですよね。

 

 

(文/音葉 画像/123RF)

タグ: ,
シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら