• HOME
  • ライフスタイル
  • 日本の離婚ランキング!都道府県別でみる結婚観やその県の特色とは?

ライフスタイル

日本の離婚ランキング!都道府県別でみる結婚観やその県の特色とは?

 

全国婚活ナビによる、日本47都道府県でみる離婚ランキングをお話したいと思います。皆さんは、最も離婚が多い県は何県だと思いますか? 同じ日本で制度も都道府県により多少異なるにしても、対して差はないように感じますがその離婚率には大きな差がでています。沖縄と北海道、南国と雪国気候の差は大きくとも離婚が多い事に変わりはありません。

 

そこで今回は、離婚の多い都道府県とその理由から県民性などをお話していと思います。

 

■離婚が最も多い県は南国沖縄です!その理由と沖縄県の特色とは?

 

まず、離婚が最も多い県ワースト1は沖縄県です。これはもう皆さんも知っていますよね。沖縄の県民性としては、南国特有のゆったりとしたイメージ『なんくるないさぁ~』という言葉がある様に、物事は全てなんとかなるという考えが根付いているのかもしれません。

 

また、県民性なのかどうか若年層でのできちゃった婚が最も多い県としても挙げられており、沖縄県の10代の出産は全国の2割以上の割合となっています。10代での妊娠・出産・結婚を経験してもお互い精神的に未熟な事から早期離婚、シングルマザー・シングルファーザーが増えています。

 

もちろん、沖縄県でも若年層の予期せぬ妊娠・出産に何も対策を講じていない訳ではなく、【おきなわ子ども未来ネットワーク】では今月12日に妊娠に悩む10代女性を支援する【若年にんしんSOS沖縄】事業を始めるとしました。

 

その内容はと言うと、相談者の希望場所へ出向いて妊娠検査薬を無償で提供し、必要があれば医療機関へ付き添い初診費用も同団体が負担するというものです。今までの制度では妊娠が確定してから対処するものがほとんどで、その頃には時すでに遅し…中絶する事も産む決心をする事もできずに月日だけが過ぎてしまうケースがほとんどでした。今回の妊娠前から支援する取り組みは沖縄県内初で全国的にも珍しいと言えます。

 

この様に、離婚が多いのはなぜなのか?と考えた際に若年層での妊娠・出産・結婚そして経済的理由やお互いの未熟さゆえの離婚が原因と考えられます。

 

沖縄県でのお話をしましたが、上位には気候が真逆の北海道がランクインしています。これを受けると気候は関係なく、その土地の風習や県民性、道民性が関わってくるのでは?と感じました。

 

■離婚と幸福度指数は関係している!?離婚は必ずしも不幸とは限らない!

 

皆さんは日本での幸福度ランキングをしっていますか? そもそも幸福度指数とはどういったものなのでしょうか?

 

幸福度指数とは、毎年多少なりとも指標や項目が変更になるものの基本的には【健康】【文化】【仕事】【生活】【教育】の5つの分野で構成されています。

 

その中で驚きなのが、離婚ランキングワーストランキングに入っている宮崎県・鹿児島県・沖縄県・東京都・福岡県・熊本県が同じく幸福度指数ランキング上位に入っているという事です。

 

この結果から見ると、離婚=不幸・幸せではない というのは昔の話で今は離婚したからこそ見える幸せというものがあるのかもしれないと感じました。また、近年では医療の現場でもQOL(Quality OF Life)生活の質を意識した考えが主流とされていますが、この考え方は医療の現場のみならず日頃の生活の中でも生かすべき考えだと感じます。

 

最近のニュースでは北野武さんが離婚を発表されており、日本中に衝撃が走りました。パートナーであった北野幹子さんがファックスで協議離婚が成立した事を報告しています。この様に長年連れ添った夫婦でさえも熟年離婚という試練が待っていますので、結婚は相当に奥が深いと言えるでしょう。

 

以上を踏まえて結婚・離婚・妊娠・出産について考えて頂ければと思います。

 

 

(文/音葉 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!