• HOME
  • ライフスタイル
  • 婚姻時と離婚後の年末調整の違いとは?寡婦控除申請をしましょう

ライフスタイル

婚姻時と離婚後の年末調整の違いとは?寡婦控除申請をしましょう

シンママStyle編集部

 

離婚を経てシングルマザーになった方は申請や手続き、受けられる行政的補助や給付金など知らなければ損をしてしまう様な情報までたくさん存在しますよね。その中の一つとして【寡婦控除制度】が含まれます。

 

寡婦控除制度は知らずにいると年末調整時に損をしてしまうかもしれないので、母子家庭のお母さんには是非押さえておいてもらいたいポイントです。

 

そこで今回はシングルマザーの皆さんが知りたい年末調整時の寡婦控除制度についてお話したいと思います。

 

■そもそも寡婦控除制度ってなに?誰でも受けられるものなの?適用条件とは?

 

国税庁ホームページによると、納税者自身が【一般の寡婦】である場合は一定の金額の所得控除を受ける事が出来るとされています。この制度を寡婦控除と言います。この一般の寡婦の適用条件と言うのは納税者本人がその年の12月31日の現況で次の条件のいずれかに当てはまる方を言います。

 

1夫と死別、若しくは夫と離婚した後婚姻をしていない人、又は夫の生死が明らかでない一定の人で扶養親族がいる又は生計を一にする子がいる人とされています。この場合の子は総所得金額が38万円以下で、他の人の同一生計配偶者や扶養親族となっていない人に限られます。

 

2夫と死別した後婚姻をしていない人又は夫の生死が明らかでない一定の人で、合計所得金額が500万円以下の人です。この場合は扶養親族などの要件はありませんので関係ありません。

 

と言うように一般の寡婦に自分自身が当てはまるのかどうか?という確認が事前に必要になってきます。

 

そして一般の寡婦とは別に【特別の寡婦】という対象があります。シングルマザーの私の場合は特別の寡婦として年末調整を申告していました。特別の寡婦として対象となる人は以下の要件を全て満たす必要があるとされています。

 

1夫と死別又は離婚した後婚姻をしていない人や夫の生死が明らかでない一定の人

2扶養親族である子がいる人

3合計所得金額が500万以下である事

 

以上の3つ全てに当てはまると特別の寡婦対象となります。私は離婚後シングルマザーとして手取り13万ほどの事務職についていました。その当時の年末調整では当たり前の様に特別の寡婦として年末調整を申請していましたので、皆さんも当てはまるのかどうか確認してみるといいかもしれません。

 

■寡婦控除申請をしたらいくらくらい控除されるの?どこに申請しいたらいい?

 

上記では寡婦控除制度、一般の寡婦と特別の寡婦についてお話させて頂きましたが結局なにが違うの?一般の寡婦と特別の寡婦ではどう変わるの?と思いますよね。簡単に説明しますと、一般の寡婦と特別の寡婦の一番の違いは控除金額です。一般の寡婦の場合、控除金額は27万円ですが特別の寡婦だと35万円控除となります。この様に金額に大きな差がでてきてしまいますので損をしてしまわない為にも今一度確認してみましょう。

 

もし今会社勤めをされていて、会社を通して年末調整を行うなら会社の経理の方に確認するのが一番簡単なのかな?と思います。

 

給与支払報告書 源泉徴収を確認すると、下の部分に寡婦という欄があり更に一般の寡婦なのか特別の寡婦なのか記載する欄が存在します。また、寡婦の他にも未成年者 外国人 など色々な欄が存在しますので、見てみるとすぐに分かるかと思います。

 

また、専業主婦だった方や離婚してすぐで働けていない…という方は役所での確定申告が必要となります。年末調整を行っていると確定申告の必要はありませんが、会社勤めではない場合自分自身で確定申告を行う必要があります。

 

お住いの地域の役所・税務署で一度確認をしてみるといいかもしれません。シングルマザーになって分からない事ばかりですが、キチンと調べると案外何とかなりますので頑張りましょう。

 

 

(文/音葉 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!