ライフスタイル

離婚したら保育料はどうなる?減免されるの?

シンママStyle編集部

 

シングルマザーになったからといって保育料は無料にはなりません。他の世帯と同じように前年度の世帯年収に応じて保育料は決定させます。ただし、所得が少ない家庭であれば保育料がかからないこともあります。

 

まずは保育園に入る前にチェックしておきましょう。今回はシングルマザー家庭に大きな影響を及ぼす保育料について見て行きましょう。

 

■保育料の仕組み

 

保育料は大きく4つの要素で決まります。

 

◎世帯所得

子供が生活している世帯が払う住民税によって保育料が決まります。シングルマザーであれば一人分ということになります。ただし今年離婚した場合は去年つまり離婚前の住民税であることを注意しなければなりません。

 

◎自治体の違い

算定基準は4~8月、9~3月の2回に分かれていて、自治体によっても違いがあります。国の定めで保育料は自治体に設定金額を任せています。そのため各自治体が住民税の金額を何段階に分けているかによって異なってくるのです。

 

◎子供の人数や年齢

国の基準では0歳児の場合3人に対し保育士1人以上、1・2歳児は子供6人に保育士1人以上、3歳児は子供20人に対して保育士1人以上と保育士の配置基準を決めています。つまり子供が小さいほど保育料が高くなる仕組みになります。

 

そして同じ世帯で子供が2人以上同時に幼稚園・保育園・認定こども園に入る場合は2人目から割安になります。3人目からは無料になります。

 

◎保育時間

子ども・子育て支援新制度では保育時間によって保育料が設定されるようになりました。つまり通常の保育を行っている時間帯であれば最大11時間までは追加料金なしで子どもを預けられます。延長して夜間まで預ければ自治体が定める延長料金が別途かかります。

 

■保育料の免除制度とは?

 

保育料の支払いが厳しい場合は保育料を減免する制度があります。各自治体によって細かい条件は異なりますので確認しましょう。収入が減ったり、災害にあったり、病気をしたり、失業したりなどで保育料が払えなくなった場合は最寄りの自治体に相談しましょう。

 

〇主な減免条件

・生活保護及び中国残留孤児等支援給付世帯になった

・その年の世帯の収入額が生活保護の基準を満たさない時

・住民税の徴収が猶予または納期が延期された時

・高額医療がかかる時

・稼働者が失業した時

・被災した時

 

など様々な理由があります。仮に減免が認められない場合は認可外保育園に入園することもできます。しかし、認可外保育園は公的補助がないので認可保育園よりも高くなります。

 

■保育料が減免になる母子家庭とは?

 

ひとり世帯や生活保護を受けている世帯のうち住民税が“非課税”扱いの世帯は、保育料が減免されます。自治体が定める金額以下の収入であることがポイントです。注意点は世帯全体の所得で住民税が決まるため、実家に同居していればこの適用外になる恐れがあります。

 

ひとり世帯の場合は、年収360万円未満であれば減免対象になります。つまり、アルバイトやパートタイマーがそれに該当することになります。

 

■認定こども園の増加

 

仕事を持つ母親にとり、子供が保育園に入れなかったら大きな問題になります。特にシングルマザーにとって保育時間が長い保育園が助かります。しかし、そういった保育園ができても申し込みが殺到することで、待機児童が増えることに。

 

子ども・子育て支援新制度ではこうした状況を変えるべく、「認定こども園」を設立しました。幼稚園に保育園の機能をプラスしたことで保育園にこだわる必要もなくなりました。でも最近はこの「認定こども園」にもデメリットがあると指摘され始めています。

 

それはひとり親世帯(認定区分:1号認定では保育時間週20時間)と共働き世帯(認定区分:2号認定では週40時間)の収入が同じなら、利用時間が2倍で長くても保育料が同じになるということも出てきているのです。

 

★まとめ

 

シングルマザーには子育て支援制度が用意されていますが、保育料は母子家庭だから免除されるものではありません。所得によって決まりますので注意しましょう。

 

一人で子供を育てるのは容易なことではありません。国や両親の支援が受けられるなら必要な時は無理しないで家族のために活用しましょう。あなたが住んでいる市町村役所にまずは問い合わせをして、どうのような制度があるのか確認してみて下さいね。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!