• HOME
  • ライフスタイル
  • 【体験談】離婚後付き合った彼の元嫁の存在が気なる時どうしたらいい?

ライフスタイル

【体験談】離婚後付き合った彼の元嫁の存在が気なる時どうしたらいい?

シンママStyle編集部

 

街コンや婚活パーティー。結構にぎわっている「バツイチ同士」の出会いの場ですが、あなたはそんなところに足を運んだ事がありますか? バツイチと初婚のカップルも少なくありませんが、パーティーで「バツイチ限定」で知り合って付き合い始める男女も多く、中にはめでたく再婚するカップルも。

 

バツイチ男性と付き合っている時気になるのが相手の男性とその元嫁との関係。元嫁とまだ切れていないのに、付き合って大丈夫? 元嫁に嫉妬に近い感情を抱いてしまったとき、彼にどう切り出せば?

 

またバツイチ男性は、元嫁に対し、又は今の彼女に対し、どんな感情を抱いているものなのでしょう? 自身の経験を含めてご紹介します。

 

■元嫁の存在は「中学の時好きだった先輩」に書き換えよ

 

付き合っている彼に子供もいて、元嫁とも面会であっている様子。嫉妬に似たような感情を抱いてしまったらどうすればいいのでしょう? そんな時、貴方と彼を想像の中で入れ替えてみましょう。貴方が彼になったとき、元嫁はあなたが中学の時好きだった先輩のポジションです。

 

先輩に会うことが出来たら嬉しいことは嬉しい。でも当時の自分と今の自分はもう違う人間。だからあの頃のように飛び上がるようなはしゃぎは正直ないですよね? 「元嫁との面会」って、そんな感じです。

 

相手を好きだった自分は否定できないけど、気持ちが変わってしまった事実が思考の過半数を占めている。でも相手を目の前にしてそんなこと一言だって言えない(態度には出てしまうかもしれないけど)。なぜなら当時の自分をも否定することになるから。

 

ですから家族との面会で嫉妬心は燃やさなくても大丈夫。彼の気持ちはあなたが掴んでいます。

 

■彼の部屋に元嫁の匂いが残っていたら?

 

ここでいう「匂い」とは、元嫁のチョイスであろう家具や寝具。カーテンその他生活雑貨全てです。彼の部屋にあがって少しでもあれっと思ったら、そこに朝までいる必要はありません。

 

私の彼(今の夫)の部屋には、最初元嫁の写真が飾ってありました。「これは無い。」そう思った私ははっきりと「ごめん、私が来るときはコレをしまって欲しい。私が帰ったらまた出して」そうその場で言いました。

 

自分には家事も仕事も子育てもあるし、このストレスは家まで持って帰ることはできないなと感じたからです。(家でもムカついていましたが笑)

 

■「元嫁がさ~」で始まる話への対応

 

他にも彼の言動に元嫁の存在が確認できることもあります。例えば「洗濯物、きちんとたたんで偉いね」とほめると「いや~元嫁がうるさかったからね」など。一緒にいるんだから自分を1番に見て欲しいのに、元嫁の事口に出すのね…とイラっときますよね。

 

そこは気を遣って「そんなことないよ」とかでおさめて欲しいと思いますよね。これは当然です。あなたが彼を好きな証拠。

 

こういう時は聞かなかったことにするか、それがだめならしばらくたってから「私といるときは、元の奥さんのことを話さないで欲しい。」「もう少し気を遣って」と正直に言ってみては?

 

それがちょっと無理そうな相手なら、あなたその後もずっと我慢を重ねることになります。元嫁の話なんて、2年もしないうちにしなくなりますけどね。聞きたくない話に元嫁の悪口もありますよね。これは絶対に便乗せず、黙るか苦笑いで回避してください。

 

便乗したら彼は「この子は自分と同じ価値観だ」と安心するかもしれませんが、そのうち彼はあなたの悪口を友人に言い始める事でしょう。人の悪口を言う軽い女性だから、ちょっとグチを広めていたっていいよねと彼が思うんです。

 

性格とは簡単に変わらないもの。だったら態度で示して悪い情報は取り入れない様にするしかありません。

 

☆まとめ

 

バツイチ同士は最初気さくに話せて付き合いも始まりやすいですが、合わないと感じて別れる率も実は低くありません。

 

自分がバツイチなのに付き合ってくれているとか、子持ちでスケジュールが合いにくいのに彼氏でいてくれているとかいった「負い目」を、少なくともバツイチ女性が感じることはありません。

 

元嫁なんか気にせず自分の魅力を信じて、よいパートナーを見つけましょう。

 

 

(文/namiki 画像/123RF)

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!