ライフスタイル

離婚すると連帯債務はどうなる?

シンママStyle編集部

 

離婚で夫婦の連帯債務はどうなるのでしょうか。夫婦で共有名義になるものといえば住宅ローンがあげられます。幸せの象徴でもあるマイホームが離婚になると大きな足枷になることもあるのです。

 

では離婚をする際に連帯保証人を解消することはできるのでしょうか? もしできなければ離婚後も支払いを続けなければなないのでしょうか? 今回は夫婦間の連帯債務の取り扱いの中で、離婚の際に問題になる住宅ローンについて解説していきます。

 

■連帯保証人とは?

 

お金を借りる人が支払いを怠らないように助言や監督をするのが保証人です。本来ならお金を借りている人の支払い能力が十分にあって、返済できていれば保証人は何の責任も負う必要はありませんし、債務保証なんて気もとめないでしょう。

 

しかし、支払いが滞り返済の見込みがなくなれば連帯債務として保証人の責任になり代わりに残債を払わなければなりません。夫が払えなくなった住宅ローンの連帯保証人となった妻は、離婚したからといっても拒否することができないことになります。

 

■離婚で連帯保証人契約を解除できるか?

 

離婚したからといって連帯保証人契約は簡単には解除できません。連帯債務の契約は住宅ローンを組んだ金融機関との契約です。この契約を見直さなければ連帯保証人としての責任に変化はありません。金融機関は連帯保証人を解除したり、住宅ローンの名義変更については非常に消極的で許可が出ることはまずないに等しいのが現状です。

 

離婚で連帯保証人契約を解除できるかというと、住宅ローンの契約をする際に、夫の単独収入でローンを借り換えができる場合は、妻の連帯保証は必要ありません。つまり離婚前にローンの借り換えをすれば連帯保証の責任は無くなります。

 

ただし一般に妻を連帯保証人とした場合、金融機関は離婚を理由とした連帯債務の解消には応じてくれないのがほとんどです。また、これは非常に難しいのですが連帯保証人を変わってもらう方法もあります。誰か夫の保証人になってくれそうな人を連れてきて、金融機関で保証人の契約を更新してもらうのです。

 

金融機関は貸し倒れを大変恐れますから、一度連帯保証人の契約をすると解除は難しいと考えて下さい。そのため、他の方法として住宅ローンの残債相当額以上の担保を差し出せば金融機関も連帯保証人契約を見直してくれるかもしれません。

 

■連帯保証人契約をそのままにするリスク

 

住宅に夫が住み続ける場合は、支払いが滞れば連帯保証人である妻に支払い義務が発生しますが、妻も払えない時は、住宅を金融機関に任せて任意売却する方法もあります。市場価格よりも安くなる可能性がありますが、いつまでも元夫の肩代わりはしたくありませんよね。任意売却で得たお金から残債の全て払って残金を夫婦で分けることになります。

 

任意売却の場合、売却条件が悪いため住宅ローン残高が多ければ多いほど、残金は少なくなる可能性が少なくありません。最悪、負債が残ることもありますよね。

 

☆まとめ

 

夫婦で共同名義や連帯保証人になっている住宅ローンは、離婚をする際にすっきりと売却をする方が一番の解決方法だと言えます。共有名義で連帯保証の物件はこの先面倒なことが多く、トラブルになりやすいのが特徴です。

 

注意しなければならないのは、売却価格が残債より少ないとその債務を連帯保証人である妻が払い続ける可能性も出てきます。可能性としては低いのですが、妻が連帯保証から外れたいのであれば共有持分を夫に譲渡する方法もあります。ただし、場合によっては不動産の譲渡になりますので贈与税がかかる恐れも出てきます。

 

結局、離婚時に住宅を売却してお金としてもらう方が将来の蓄えになると言えるでしょう。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!