ライフスタイル

スムーズに離婚を成立させるルールとは?

シンママStyle編集部

 

離婚をすると決まったら誰もが円満にと考えます。しかし、離婚に至る理由は様々であり子供の親権や財産などを巡ってもめるケースは多いのです。そこで離婚をスムーズに成立させるためのルールについて解説します。

 

■ルール1 離婚に合意する

 

一番もめるのは離婚の合意についてです。一般に離婚に合意する夫婦は限られていて、大抵の場合はどちらかが未練があるので離婚に合意しないのです。そのため協議離婚で話し合いによる解決を模索しますが、協議離婚でも解決しなければ離婚調停になります。

 

この段階で同意に至る方が離婚の話し合いもスムーズに行きます。裁判離婚になると一方的な主張だけでは離婚を認められないこともあるからです。

 

■ルール2 子供の親権を決める

 

離婚届には親権者を記載する欄があり親権者が決まらなければ受理されません。また養育費や子供との面会も決めておく方が望ましいのです。必要な養育費を決めないまま離婚してしまうと、相手が支払いを渋ることもあります。

 

離婚が成立してからだと誠実な態度を示さなくなるのでちゃんと和解に持ち込めるように弁護士に仲介してもらうことをおすすめします。

 

■ルール3 離婚後の経済環境を整える

 

離婚後の生活を安定させるためには確実に自立できるように仕事を見つけることが大切です。そうでないと、離婚をする際に大きな課題になりかねません。離婚後の生活が困らないように、結婚している間に資格を取ったり、就職を決めて働くことが大切です。

 

経済環境が整ってから離婚の話を切り出すのがベストなのです。

 

■ルール4 夫婦の財産を把握する

 

離婚しても経済的に困窮しないためにも夫婦になってから蓄えた財産を正確に把握しましょう。夫がどれくらい貯金をしているか知らない人は意外と多いのです。結婚後に蓄えた財産は、自動車・保険・ゴルフ会員権・貴金属・株式なども全て折半すべき財産として考えられます。

 

■ルール5 養育費を決めておく

 

子供がいれば養育費が必要になります。養育費や学費のことを決めないまま離婚をすると子供が学校に入学したり、進路を決める段階に後悔します。夫婦で話し合って協議離婚で離婚を決める場合には、決めたことを公正証書として残すことが大切です。

 

口約束だけだとあとで養育費が滞って取りっぱぐれることも。養育費があるかないかで子供の将来の夢にも影響及ぼしかねませんから支払い方法を含め細かく決めておくことを忘れないで下さい。

 

■ルール6 離婚をする前に別居もあり

 

離婚は想像以上に精神的ダメージを与えます。正式に離婚をして一人になると、離婚したことへの後悔や相手への未練で何もやる気が起きないこともあるのです。そこで一旦別居してみると冷静に考えらえることもあります。

 

目的は夫婦関係を見直して、これからの人生をどう行きていくのか考える時間を作るためです。距離を置くことで自分にも問題があるかもしれない、離婚はもう少し考えてからでも遅くはないと関係修復に舵を取る可能性も出てきます。

 

感情論で相手と言い合いをして勢いで離婚をしてから後悔しないためにも準備を整えてからでも遅くないはずです。

 

☆まとめ

 

離婚を決めた人には、幸せになる人と後悔をする人がいます。離婚が人生にとってマイナスになるかどうかは、離婚話が出た頃から綿密に準備をしてきたかどうかによります。

 

離婚は事務的な手続きで完了しますが、細かな取り決めを怠ると後になって思わぬ事態を招くこともあります。離婚が成立するまでにはいくつかのルールをクリアしなければ後で思わぬ落とし穴に落ちるかもしれません。

 

離婚を専門に扱う弁護士に相談をしながら一つ一つ問題を解決して、気持ちよく第二の人生がスタートできるように準備をしましょう。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!