ライフスタイル

離婚理由が理不尽な場合はどうする?

 

一方の配偶者から理不尽な理由で離婚を切り出されてどうしたいいか悩んでいる人が多いのではないでしょうか? 生涯を共に添い遂げようと決めて結婚したのに、一方的に開き直り離婚をしてくれと言われたら。冷静に対応して後悔をしないようにしたいものです。

 

今回はそうした理不尽な離婚に悩む方へ参考にしてもらいたいです。

 

■無断で離婚届を出させない

 

まずは配偶者が何らかの理由で離婚を急いでいる場合に、無断で離婚届をだす可能性もあります。こうした強行的な離婚成立を防ぐために「離婚届不受理申出書」をあらかじめ役所に出しておきます。「離婚届不受理申出書」を役所に申請しておけば離婚届は受理されません。それから夫婦間の話し合いを始めましょう。

 

■一方的に離婚はできる?

 

離婚は原則として双方の合意が必要です。「協議離婚」「調停離婚」は双方の話し合いで離婚を成立させるものですから、例えば性格の不一致などが理由で離婚をすることもできます。ただしあくまでも合意の上での話です。

 

つまり理不尽な理由で合意に至ることは少ないと思われます。一方「裁判離婚」では身勝手な理由では離婚は求められません。裁判所が離婚判決を出すのは次のケースです。

 

・不貞行為

・悪意の遺棄

・3年以上の生死不明

・回復の見込みのない強度の精神病

・婚姻継続し難い重大な理由

 

一般に明確な理由とそれを証明するものがなければ一方的な主張で、離婚請求されている側の意思を無視して離婚判決は出しません。

 

■理不尽な離婚請求でも話は聞く

 

相手から離婚したいという申し出に対しては、冷静に落ち着いて対応しましょう。寝耳に水でもある離婚の申し出とどういった点が不満だったのかなど相手の話を聞くのは辛いことですが、こらえて話を聞きます。

 

注意点は感情的に対応すると離婚回避をしてやり直す道すら閉ざされる可能性があることです。そのため相手の話を聞いてから、自分はどうしたいのか考えてみることです。

 

■離婚したい本当の理由

 

一方的な理不尽な離婚の申し出は、性格や価値観が合わない、もしくは不倫相手と一緒になりたい、のどちらかが一般的です。特に不倫の場合は本当のことを言わないまま離婚に持って行こうとするケースがほとんどです。

 

不倫が明るみになると慰謝料の支払いが発生するからです。しかも不倫相手にまでその請求が及ぶこともあります。漠然とした理由で離婚したいと申し出する場合は不倫を疑ってみましょう。

 

離婚後の生活に慰謝料が大きく関わってきますので、ここは相手の話をじっくり聞いて矛盾がないか確認します。

 

■自分を見つめ直す

 

なぜ相手は離婚を申し出たのか? そこには何かきっかけがあったはず。その原因がどこにあるのか、最初から不倫をしたくて結婚する人はいませんから。例え不倫相手と別れさせて夫婦関係を修復しても、根本原因が解決しなければまた同じことの繰り返しです。

 

相手を責めるだけでなく、そこには自分にも問題があるのではないか。それをあぶり出してからが本当の夫婦の関係修復の始まりです。

 

☆まとめ

 

理不尽な離婚の申し出には何がしかの意図があります。それが不倫なのか他に理由があるのか。どうしても判断がつかない時は弁護士に相談する方法もあります。離婚を拒んで協議を続けていても夫婦として一度亀裂が入ってしまうと元には戻れないものです。

 

その場合は力関係では離婚を言われた方が優位なのですから、離婚条件を限りなく有利に持っていき、相手の離婚請求に合意するのもありだと思います。もちろん親権や財産相続など細かな条件も通常よりも好条件で離婚に合意するようにしましょう。

 

こうした離婚条件のやり取りには専門知識を持った弁護士に相談をおすすめします。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!