ライフスタイル

離婚したいけど理由なし?どう対応するべき?

 

離婚を考える時に一体自分はなぜ離婚をするのか理由がはっきりしていますか? 理由がはっきりしていなければ離婚はできないのでしょうか? 離婚がしたいと思い始めたら一刻も早く婚姻を解消して新しい人生を歩み始めたいと願うものですよね。

 

今回は離婚理由がない場合にどうやって離婚をしたらいいのかを一緒に考えてみましょう。

 

■性格の不一致は離婚理由にならない

 

よく性格の不一致で離婚します、価値観が違うから離婚しますというのを聞きますが、実際にこの理由で離婚が可能なのでしょうか? 実は現代社会における最大の離婚理由は「性格の不一致」なのです。

 

離婚は協議離婚や調停離婚では当事者同士の合意があればどんな理由であれ可能です。しかし、裁判離婚では明確な離婚理由と客観的な証拠がなければ離婚は基本的には認められません。

 

■明確な離婚理由

 

裁判で離婚が求められるケースは

 

・配偶者に不貞行為があった

・配偶者から悪意を持って放置された

・配偶者の生死が3年以上明らかでない

・配偶者が精神病にかかり、回復の見通しが立たない

・その他婚姻を継続し難い重大な事由がある時

 

このような事由が事実であると裁判所で認定されれば離婚は可能ですが、こうした明確な理由がなければ裁判で離婚が認められないということになります。

 

■裁判離婚

 

裁判所の調停でも離婚が成立しない場合は、裁判において離婚成立を争うことになります。協議離婚と調停離婚は両者の話し合いを通じて合意を目指しますが、裁判離婚では裁判官が最終的に法律を元にして夫婦が離婚できるかどうか判断します。そのためには理由なき離婚は認められないことになります。

 

特に相手が離婚を認めない場合はさらにややこしくなります。また裁判になると時間もお金もかかり、日常生活にも影響が出てくることも考えられます。

 

■それでも離婚したい方

 

夫婦生活が破綻していることを印象付けるために別居をする人もいます。しかし何年以上別居をすれば離婚できるというような法律上の規定はありません。あくまでも目安だとお考え下さい。

 

もし相手に不貞行為や暴言・暴力の疑いがあれば証拠をしっかり掴むことです。自分で動くのが大変なら探偵を雇うなども有効です。あくまで裁判官に夫婦関係が修復不可能な状態であることを認めてもらう必要があるのです。

 

■裁判で離婚が認められない場合

 

どうしても裁判で離婚が認められないのなら、やはり相手に離婚に合意してもらう以外に方法はありません。もちろん相手に非がないと思っている中での離婚にそう簡単に応じてくれるとは思えません。

 

さらに親兄弟、親戚、友達を巻き込んで全員を敵に回すこともあるでしょう。しかし、それでも周りから批判されてもあなたが離婚をしたいのなら、粘り強く相手を説得するしかありませんね。

 

一時的な感情で突っ走るのではなく、冷静な準備と綿密な戦略を立てて相手と交渉をすることが大切です。

 

☆まとめ

 

今回は決定的な理由はないけれど、それでも離婚がしたい方に参考になるような対応方法について考察してきました。離婚はしたいけど決定的な理由がなければ、裁判に持ち込んでも勝てません。

 

最終的には夫婦間で時間がかかっても相手に納得してもらうしか方法がありません。理由なき離婚をしたいのなら、どのような戦略を立てて説得をすればいいのか弁護士に相談しましょう。

 

新しい人生を踏み出しないのなら、譲れるところは譲るなどして、説得の過程で離婚の条件面で妥協することも必要です。そして何よりもあなたの離婚をしたい!という強い意志を相手に訴え続けることが大切です。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!