離婚後の末路はいかに!?

離婚をした男女の末路はどういったものになるのでしょうか? 離婚をしたら男性が惨めな生活を送ることがよく指摘されますが、男性ばかりではなく女性も問題を抱えているのです。今回は女性の離婚の末路と克服方法についてご紹介しましょう。

タグ: ,

 

離婚をした男女の末路はどういったものになるのでしょうか? 離婚をしたら男性が惨めな生活を送ることがよく指摘されますが、男性ばかりではなく女性も問題を抱えているのです。今回は女性の離婚の末路と克服方法についてご紹介しましょう。

 

■離婚を契機にわかること

 

子供が辛い思いをすることがあげられます。親権を持たない親となかなか会えずに子供は寂しい思いをする可能性があります。シングルマザーは子供には寂しい思いをさせたくないと頑張るのですが、生活の余裕がない中で子供の心の変化に気づかないままでいることも少なくありません。

 

生活水準が下がることもあります。夫の収入が良かった分だけ離婚後に反動がきます。それまでお金の心配もしなくて生活していたのに、趣味に使うお金、交際費、食費など明らかに離婚前のようには行きません。そして生活レベルをいきなり下げることにストレスを感じる人もいます。

 

離婚前は慰謝料や養育費をあてにしていたのに、できなくなることもあります。相手の収入が減ったり、思いもよらない事態が発生して、予定していたものがもらえなくなる。最終的には自分が働いてお金を稼がなければ道は開けないと気づくのです。

 

■経済的な自立

 

女性は結婚して専業主婦で仕事をしていなかった人は離婚後かなり厳しい現実にぶつかる可能性があります。子供が小さいと残業もできず、早退を余儀無くされることも。これでは正社員として働くには条件的に不利になります。

 

また会社員を辞めて家庭に入っていた時間が長ければ、どうしてもパートやアルバイト中心の仕事になりがちです。

 

離婚後は自分の時間が持てて、これまでは夫に相談していたことも自分で決めることができるとポジティブに構えていた人も、経済的な自立ができなければ貧困の生活になってしまうのです。

 

母子家庭の生活支援を上手に利用しながらできれば就職に有利な資格を取得するなど自己啓発を早め、できれば結婚している時から始めましょう。今の時代、先はわかりませんからいざという時に備えて準備をしておきましょう!

 

■孤独感

 

思ったような仕事も見つからず、経済的な困窮も出てくると、離婚しなかった方が良かったかなと思うことも出てきます。気持ちもネガティブになり孤独を感じてしまうケースもあるかもしれません。

 

離婚したのは自分が悪かったからと自分を責めたり、相手に未練を感じたりすることも。そういった時は気分転換です。お金をかけないで自宅で友達と食事を楽しんだり、好きな映画や音楽に親しむ時間を作るなども効果があります。

 

■世間の風当たり

 

シングルマザーは珍しくなくなってきましたが、社会ではいまだに偏見があります。仕事や生活をする上で否応なく感じる偏見の目。「我慢が足りない」「子供がかわいそう」「わがまま」― そういったイメージがシングルマザーにはあるのです。孤独感と偏見の中で戦っていくのは精神的にも負担が大きく、子供も学校でイジメられることもあるかもしれません。

 

例えば保育施設などシングルマザーを応援してくれるものを活用して肩の荷を下ろしてみてはいかがですか? 子供と話す時間は思い切り子供の話に耳を傾け、聞き流さないようにして返事をしてあげるだけでも子供は愛されていると安心して、前向きになれます。

 

■再婚の厳しさ

 

精神的にも経済的にも新しいパートナーがいれば心強いもの。しかし子育てや仕事をしながら婚活に割ける時間はありません。離婚の経験からパートナーに求めるハードルが高くなることも婚活を難しくします。

 

何よりも子供とうまくやっていけるのか、再婚することで子供がさらに孤独感を味わうことも少なくありません。再婚は子供の気持ちを第一に考えてからにしましょう。安易な再婚にはリスクがあります。

 

☆まとめ

 

離婚をする時は前向きに生きようと決めていたのに、時間が経つと思っていた以上に生活が厳しく、孤独感に苛まれ、過去を振り返る毎日の状態が続きます。でも時間が経てば気持ちも落ち着いてきます。

 

またシングルマザーを支援する公的な制度を利用して、いつかは安定した収入が得られるように頑張ってみましょう。たまにはお金をかけなくても同じシングルマザーと家で食事をしたり、友達とお茶しに出かけたり、気分転換をしてみれば心が慰められますね。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

 

 

タグ: ,