離婚後の再構築は以外に多い!?離婚を機に変わる事とは

 

【離婚後の再構築】と聞いて皆さんはどう思いますか? 第一印象で構いません。

 

正直に言うと、お付き合いしているカップルが別れてよりを戻したという印象とはだいぶ違いますよね。そしてまた、離婚したのにどうしてよりを戻したの?と単純に疑問が出てくるかと思います。

 

ですが、意外にも離婚後によりを戻した!再構築している!という人たちは多いものです。

 

男女の関係は外野がなんだかんだ言うものではないですが、結婚という人生において一度キリであってほしい出来事を終わらせた二人だからこそ分かる価値観というのも存在したのかもしれません。

 

そこで今回は、離婚後にヨリを戻す気持ちやその際に気を付けたい事をお話したいと思います。

 

■離婚後にヨリを戻すのはアリ!?ナシ!?同じ過ちを繰り返す可能性も

 

結婚している方も離婚した方も、事実婚の方も結婚されていない方も皆さんだったら離婚した後により戻す事についてどう思いますか?

 

離婚を経験した私個人の一意見としては、完全にナシです(笑)ですが、色々な価値観と離婚理由をもった方がいますのでこの意見が正しい!という事では決してありません。ですが一般的に浮気 不倫 DV 金遣い 酒癖は治らないと言われていますよね。離婚後の再構築については、離婚理由によるのでは?と感じました。

 

他にも、お子さんの事を考えてやっぱり父親が必要…、一人で子供たちを養っていく自信がない…、などなど再構築を考える理由はたくさんあります。また、上記以外の理由としては離婚する程大きな問題があったけれど相手への気持ちが絶ちきれない、相手の事が好きだと言う気持ちですよね。

 

こればっかりは本人の気持ちですし、周りがどうこう言ってもどうにもならない問題かと思います。

 

実際、私の知人は元夫の浮気・不倫が原因で離婚後よりを戻しています。これはお子さんがいたという事もありますが、女性側に未練があり復縁をしたパターンです。周りの反応はというと、当人同士がいいなら良いのではないかというものですが、大人になればなるほど当たり前ですが全ての選択は自己責任になりますので周りは見守るしかない…、という状況でした。

 

お子さんがいるから…、等という理由での再構築は、お子さんがいるからこそ尚の事気を付けて慎重にいくべきではないかと感じました。

 

■離婚後の再構築する際に気を付けたい事とは?

 

一度は離婚を決意し別々の道を歩んだ二人ですが、別れたからこそお互いの大切さや自分の未熟さに気づく事ができ再構築をはかる…、その際に気を付けたい事はなんだと思いますか?

 

そもそも結婚とは二人だけの問題ではなく、お互いの家族や親せきやお互いの友人、もっと言えば会社や職場など自分が関わっている全ての人たちに関わる問題と言えます。そんな大切な事を一時の感情で簡単に別れたりヨリを戻したり等できる事ではありませんが、もしそうなった場合には何に注意すれば良いのでしょうか?

 

まずは相手のご両親・自分のご両親への説明・説得を行いましょう。ご自身のお子さんが一度離婚した相手とよりを戻すと聞いて一番に心配し、一緒に考えてくれるのはご両親ですよね。一番に安心させてあげるべきです。

 

次にタイミングを見てお互いの友人や支えてくれた方などに報告も兼ねて話せるといいでしょう。ですが、やっぱり友人たちは再構築を反対するかもしれません。でもそれはあなたを心配しての事ですので、有難く聞きましょう。

 

何かしらの理由があり、離婚をすることを決めた二人ですが別れたからこそ気づける事もあったのかもしれないですよね。以上を踏まえて離婚後の再構築やお子さんの事などを考える参考にしていただけると幸いです

 

 

(文/音葉 画像/123RF)